上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】

神奈川県綾瀬市政の動きを縦軸にしつつ、
横軸は四方八方に広がります。
綾瀬市議会議員上田博之(日本共産党)です。

◆蓼川下流域の水害対策促進にむけ、日本共産党調査団が現地視察・市長懇談

2017年09月13日 | 綾瀬情報いろいろ

■比留川や厚木基地内を源流とする蓼川で
 繰り返し水害が発生
 先の8月1日の短時間の豪雨でも新幹線の北側の落合北4丁目では道路より50センチも上まで水があふれました。
 また比留川が蓼川と合流する地点や、蓼川が引地川と合流する地点など、いくつかの箇所で繰り返し被害が発生しています。
 
■厚木基地内に雨水調整池を求め続けて
 雨水対策では蓼川の下流域の藤沢市地域に調整池を作る工事が進められていますがなかなか進んでいないのが現状です。
 そうした中、上流部での雨水対策も重要と、厚木基地内での雨水対策を日本共産党綾瀬市議団はねばり強く求めてきました。そうしたなかで、調整池を2カ所つくることになりましたが、なかなか進まず、ようやく1カ所がほぼ完成(貯留量約16000㎥)。しかし、調整池へ集水するための設備の整備が遅れていていまだに運用ができない状態です。
 もう一つの調整池は、まだ測量の段階と遅れに遅れています。

■国や県に対し事業促進を強く
 求めていくことを綾瀬市長と懇談
 こうした現状を打開するため、綾瀬市議団として党国政事務所に協力を要請し、8月24日、はたの君枝衆院議員をはじめとした調査団が水害発生地点の視察と市長との懇談を行いました。
 国が行う厚木基地内の工事の促進と、神奈川県が進めている蓼川下流域の調整池の工事促進を国会議員団や県会議員団とともに進めていくこととなりました。


▲左から、あさか由香参議院神奈川選挙区予定候補、
 岡崎ゆたか衆議院神奈川13区・比例重複予定候補、
 加藤なを子神奈川県議(藤沢市選出)、
 松本春男綾瀬市議、そして私です

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■大阪維新の市長が、嘘をつい... | トップ | ◆9月議会の一般質問は市民の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

綾瀬情報いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL