上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】

神奈川県綾瀬市政の動きを縦軸にしつつ、
横軸は四方八方に広がります。
綾瀬市議会議員上田博之(日本共産党)です。

◆学校給食の全量についての放射能検査がはじまりました

2011年11月18日 | 原発・放射能はいらない

 視察後も体調不良が続いてしまい、ブログのアップが遅れています。申し訳ありません。

 綾瀬市の放射能対策がさらに一歩前に進みました。
 私は、口頭でですが、教育委員会に対し、給食の全量についてベクレル測定をしたいので、1食分の給食を買い取らせてもらえませんか、と何度も交渉をしていました。
 そのたびに、「それをやるとしたら教育委員会自らがやらなければならないことだと考えています。検討をさせてください」との回答を受けていました。

 あきらめずに申し入れ続けたことが実現につながったと、うれしく思います。綾瀬市の測定の仕方は下記の方式です。

 しかし、放射性物質がもっとも多く食品に含まれるのは、事故後1年くらい経過したときだとも言われています。体内被曝をより効果的に防ぐには、口に入れてしまう前の食材での検査をより徹底することが大事ではないかと思います。
 そういった観点から見ると、綾瀬市に対し、調理前の食材のチェックを1品だけでなく、より多くの食材の測定をすることを求めていかなければならないと思っています。みなさんのお考えはいかがですか?


提供した学校給食の放射性物質の測定について
 市では、学校給食に係る放射性物質の測定について、給食で使用する食材の中から毎週1品目を選定し、使用する日の前日に放射性核種分析を行い、給食の安全性を確認しています。
 今回、この事前の食材測定に加えて、より安心して給食を食べていただくことを目的として、実際に調理した毎日の給食について、保存していた1週間分をまとめて、週ごとに測定することとしました。
 詳細は、次のとおりです。

1 測定期間
  平成23年11月14日から平成24年3月16日まで

2 測定方法
  市では、毎日2種類の献立を提供しているので、測定期間のそれぞれの週の月曜日から金曜日に提供した2種類の給食各1食分について、種類ごとに1週間分をまとめて、民間測定機関による放射性核種分析を行います。

3 測定項目
  放射性ヨウ素(ヨウ素131)
  放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)

4 測定結果の公表
  原則として、翌週の火曜日に市のホームページで公表します。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                       応援クリックをお願いいたします。

blogram投票ボタン

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆綾瀬市の小中学校の腐葉土か... | トップ | ●11月18日(金)のツイッター »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エトワール)
2011-11-19 00:37:46
全食検査は嬉しいですがやはり事前の検査を徹底しなければならないと思います。子どもたちの内部被曝を防ぐには限りなく0に近いものでなければなりません。
体に取り入れてからでは遅いです。
調理後の全食検査の数値は給食センターが産地の選定や危険食材の排除に活用し、実際に汚染給食を提供しない為には測定器を購入し毎日の測定しかないと思います。
もちろん測定結果はプリントで全保護者に配布して下さい。
情報公開は平等に!
食品測定器は抽選まち? (ひろゆき)
2011-12-20 10:59:38
エトワール様

綾瀬市にも食品の放射線量を測定できる測定器を!
と、購入を求め続けていますが、綾瀬市は購入しようとしません。

なら、必要ないと思っているのかというと、国の制度で抽選(選考?)でもらえるのを待っているのです。
ということは、必要と思っているということになりませんか?

なら、なら、もらえるのを待つのではなく、市民の健康を守り、安心して食生活ができるように、市費で早急に購入するという決断がベストではないでしょうか・・・。

みなさんと共に、ひきつづきがんばっていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL