トムとジェリー版ピタゴラ装置には夢があった

 先日 幼稚園児連れのお客さんをカットしている間に、子供が退屈
しないようにトムとジェリーのDVDを見せた。

 我が家のトムとジェリーのDVDは89年にOAされた八代駿&藤田
淑子版で、ビデオテープからダビングしているため画質は悪いものの
合間のドルーピー編なども入っている優れモノなのだが改めて‘よく
できているな’と実感するのが「失敗は成功のもと」

 トムが一攫千金を狙って大がかりなネズミ捕りを作ろうとして夜中
まで屋根裏部屋で設計図を作るものの、寝ている間に設計図のネズミ
がジェリーを起こしてピンチを知らせ設計図の猫との戦いが終わった
直後に数字を書き換えるわけだ。

 そして目を覚ましたトムが作り出したのがピタゴラ式の大がかりな
ネズミ捕り。

 最初にジェリーがチーズを引っ張ると目覚まし時計が鳴り、その振
動でノコギリが作動して切った丸太の重みでハサミが切った糸がハン
マーを支えていたもの。

 するとバナナが車のガラスに当たりワイパーが作動して上がってき
た指型の棒でバケツのセメントが流れ出て下のバケツに貯まると、秤
の片方が扇風機のスイッチを入れビリヤードのキューが付いたオモチ
ャボートがヒットしたボールが洗濯機のスイッチを押し、その振動で
ライフルの銃弾が発射されて命中した鳩時計の中から出て来た鳥の先
に刃物が付いており金庫を吊るした紐を切ると金庫がネズミの上に落
下するというシステム。

 ただしジェリーが数値を書き換えていたのでジェリーではなくトム
の上に金庫が落下して失敗に終わるというオチではある。
 Eテレのピタゴラスイッチを思い出すシステムで子供の頃は、この
EPを見た後に こういったのを作りたくなったのだがシステム自体が
ややこしいので断念していた。

 だからビデオが普及して このEPがOAされた時には早速録画し
何度も繰り返し見ていたのだが見れば見るほどホントによくできて
いるなと感心する反面、こんな大がかりで ややこしいネズミ捕りが
トム曰く‘大資本をバックに大工場で大量生産され、大金持ちになる’
などというのは無理だろうと思うが妙に子供心に夢があったのを思い
出す。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 頭の悪いプレ... WBAタイトルと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。