今年の日本シリーズを俯瞰して見ると

日本ハム10年ぶり3度目日本一 レアード満塁弾

 ファイターズとカープとの間で行われていた今年の日本シリーズは
今日G6が広島で行われ、王手をかけたファイターズが8回に中田翔の
押し出しで勝ち越すと投手のアンソニー・バースのタイムリーとブラ
ンドン・レアードの満塁HRで一挙に6点を上げて10-4で勝ち4勝2敗
で10年ぶり3度目の日本一に輝いた。

 広島での最初の2試合を連敗スタートしたファイターズだったが、
札幌でのG3で大谷翔平のサヨナラタイムリーで勝って息を吹き返し
2勝2敗で迎えたG5では西川遥輝のサヨナラ満塁HRで王手をかけて
広島に乗り込んでのG6で一気に決めた形だ。

 個人的に今年のシリーズを俯瞰して見ると結果的に大谷翔平のサヨ
ナラタイムリーで勝ったG3から、ファイターズに流れが行った形だと
思う。

 G1で大谷翔平相手にWスチールを決めて先制するなど4回まで2本の
HRを浴びせてG1を5-1でカープが取ると、打者・大谷が使えないG2も
6回に相手ミスも含めて一挙に4点を上げて広島で連勝スタートした事
から下手すれば札幌でカープの日本一が決まるのではという声もあった。

 札幌でのG3も先制された直後にエルドレッドの2ランで逆転し黒田
博樹の好投もあり一気にカープの3連勝かと思われていたが、黒田が
足を攣らせて6回途中で降板したところから流れがファイターズに行き
始め8回に中田が2アウト1・2塁からレフト前に落とす2ベースで逆転
する。

 それでも直後の9回に後アウト1つから安部に同点タイムリーを打た
れ追い付かれた時は‘やはり流れはカープにあるのか’と思われた。

 ところが10回に大谷が2アウト2塁からサヨナラタイムリーを放って
1つ返すと、G4も0-1から中田のHRで追い付くと8回にはレアードの
2ランで3-1で勝ち追い付いた。

 G3の有原-黒田、G4の高梨-岡田、G5は加藤-ジョンソンという
マッチアップを見ると、ホームで連勝スタートだったので1勝すれば
大丈夫と思われたし特にエースのジョンソンとルーキーの加藤のマッ
チアップになるG5が王手をかけて広島に帰る最大の拠り所だった。

 にも拘わらずカープ打線は加藤から1回に幸先よく先制するものの
2回のノーアウト2・3塁から1アウト満塁となったチャンスで2番手の
メンドーサから追加点が奪えず1-0の逃げ切りにも失敗すると最後は
クローザーの中崎が2アウトから満塁とされ西川にサヨナラ満塁HRを
浴びて王手をかけられる。

 結果的にカープのブルペン陣はG1からG6まで6試合連続で登板した
のだが、特にセットアップマンのジャクソンがG3とG4の大事な場面
で打たれて失点していたのが響いた形である。

 大谷は結果的に打者として勝敗に絡む活躍をしたのはG3のみだが、
G3で8回に歩いて中田の逆転タイムリーを誘発した結果10回に勝負
してもらえサヨナラタイムリーを放ったもののG4以降はマークされ
抑え込まれる。

 しかしG4は中田とレアードが活躍する形でG5は田中賢介の好走塁で
追い付いて、最後は当たってなかった西川のサヨナラ満塁HRが出るな
ど完全に流れを掴んで広島に乗り込んだ形だ。

 思えばファイターズは東映時代も甲子園での最初の2連戦を連敗で
スタートしたもののG3を引き分けた後に4連勝して優勝しているので、
今年は52年前の優勝パターンをトレースした形での優勝だった。

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« タイガーマス... 和式トイレが... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。