‘青い稲妻’松本 匡史の鮮烈デビューから40年

 今から40年前の今日77年4月19日に甲子園で行われたタイガ
ースvsジャイアンツ1回戦は、ジャイアンツが延長10回に2点を
奪って5-3で勝ったのだが後に‘青い稲妻’といわれる松本匡史の
デビュー戦でもあった。

 前年ジャイアンツとタイガースは最後まで優勝を争いシーズン最
終戦である130試合目にようやく優勝が決まったわけだが、翌77
年はジャイアンツが開幕から9勝2敗で8勝1敗1分で首位のタイ
ガースを追って迎えたシーズン最初の対戦だった。

 3回にジャイアンツは柴田勲が歩いて盗塁し高田繁のタイムリーで
1点を先行するものの堀内恒夫が4回に田淵幸一にHRを打たれて追
い付かれると、5回には中村勝広とマイク・ラインバックの連続HR
でタイガースが3-1と逆転する。

 タイガースの古沢憲司の前にジャイアンツは7回に1点を返すが
8回まで4安打に抑えられて迎えた9回に2アウトから内野安打で
出塁した土井正三の代走としてルーキーの松本が代走で起用される。

 ここで松本は2球目に盗塁を成功させ2アウト2塁からPH山本
功児が動揺した古沢からセンター前に同点タイムリーを放ち追い付
くと、延長10回に7回から登板した浅野啓司と高田のヒットで1ア
ウト1・2塁とし張本勲の2ベースで勝ち越すと王貞治の犠牲フライ
で この回2点を挙げ5-3で逆転勝ちしタイガースに代わって首位
に立つ。

 結局このシリーズ勢いに乗ったジャイアンツは残りの2試合を3
連勝して首位を固めると、以後は1度も首位を明け渡す事なく独走
でリーグ連覇を果たしたのだった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 凄い偶然があ... 寒気の流入の ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。