意外にラジオ体操は効果的

 10月3日から始めた相撲の朝稽古も今日を終えて残りは4日を
残すのみとなったのだが、キックベースの時との最大の違いは
私自ら体を張る事である。

 キックベースの朝練は基本的にライン引きなどの準備をする
と後は子供達にミニゲームをやらせるぐらいで、たまにボール
拾いや守備についたりグランドの端っこで初心者用のバッティ
ング投手?をするぐらい。

 私が責任者になった頃は人数も少なかったのでミニゲームに
入ったりノックをしたりして走り回っていたら膝に水が溜まり
一時は走れなくなった苦い経験があるのだが、今では人数も多
いし要領が分かってきたので体に負担をかけないようにできる
わけだ。

 ところが相撲の場合は四股踏みや摺り足などを実演しないと
いけないので体を使うし、ぶつかり稽古では受け手を務める必
要があるなど体を張るケースが多いので初日早々に肋骨が痛く
なったり筋肉痛になった。

 しかも10月も下旬になると冷え込むためケガの危険性が高い
ので稽古前に体をほぐさないといけない。

 そこで通常6:55前に家を出るのだが、その前にラジオ体操を
中心とした準備体操をしていくと意外にも前日から残った筋肉
痛が楽になる事に気が付いた。

 考えてみればラジオ体操は上半身や下半身を効率よくほぐす
ようになっているので、かなり効果的だというのを実感するも
のである。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日本シリーズ... 来年の選抜高... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。