ウルトラマンのスカイドン編から50年

 今から50年前の昨日3月5日にOAされたのはウルトラマンの
34話・スカイドン編である。

 スカイドン編といえば第1期ウルトラの中で最もギャグ度数の
高いEPで、全体にわたってトンデモ的な展開で話が進んで行くし
ウルトラマンが初めて1つのEPで2度も登場している。

 ハヤタがカレーを食べている最中にスカイドン落下の報が入り
慌てて屋上に走って行きスプーンで変身しようとするシーンが
最も有名ではあるものの、他にもムラマツキャップが制服を後ろ
前に着ていたりウルトラマンとスカイドンの最初の対決の時にウ
ルトラマンがスカイドンを持ち上げようとして潰されるシーン
ではレコードが急に止まるかのようにBGMが止まってしまう。

 こういったシーン以外でも急な雨に降られたムラマツキャップ
が傘をビートルで届けさせるなど、私用でビートルを使うなど今
では絶対に使えない描写だろう。

 このEPでは終盤のカレーを食べるシーン以外にも冒頭では作戦
室でフジ隊員が肉まんを食べているシーンがあったりテーブルに
お茶と湯呑が並べられているなど生活感ありありだし、オートジ
ャイロ作戦終了時には作戦室でビールで乾杯し飲もうとするシー
ンまであるわけだから生活感が半端ない。

 メインのストーリーは落下した超重量のスカイドンを宇宙に
捨て去るべく‘ワイヤーロック作戦’から始まり‘オートジャ
イロ作戦’‘ロケット弾作戦’‘怪獣風船化作戦’など次々と
作戦が登場するのは後にタロウでZATが行う作戦に引き継がれ
ているのだろう。

 ラストの野点シーンでフジ隊員が‘もう春ねぇ’と言っている
のだが、3月5日に見るとそのセリフが実感できるので、OA日に
見てよかったと思った。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 世界陸上の男... WBCでは打ち勝... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (painfulnight)
2017-03-06 22:26:51
今では使えないと言えば、投身自殺するシーンもそうですよね…
ギャグ回でありながら、結構衝撃的です
 
 
 
確かに (こーじ)
2017-03-07 23:09:19
>painfulnight様
 イデの‘成仏しろよ’のセリフも印象的でした。
 確かに今では無理ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。