姫矢准が鏡京太郎や立花ナオキらと違うのは

 ウルトラシリーズをはじめとした変身ヒーロー作品で必ず問題に
なるのが正体バレのタイミング。

 基本的にはヒーローに変身するキャラは特にウルトラなどでは
防衛チームの隊員だけに最終回で正体バレさせるというのが当然
ながら盛り上がるわけだが、ネクサスの場合は防衛組織TLTとは
全く関係ない民間人なだけに変身する姫矢にも大した抵抗感もな
く孤門らの前で変身していた。

 つまりネクサスでは最初に孤門と凪の前で能力を示したりして
ガルベロス編では隊長にも正体が知れるわけだ。

 当初はTLTからの命令でウルトラマンを攻撃していたナイトレー
ダーだがラフレイア編あたりから隊員達に味方だという認識が生
まれ、遂にはガルベロス編の最後で隊長は姫矢に共に戦おうと誘う
もののTLT自体を信用してないため断られる。

 変身するヒーローが防衛組織に所属してない作品としてはミラー
マンやジャンボーグAが有名だがミラーマンの鏡京太郎は育ての親
である御手洗博士が防衛チームSGMの創始者だし、ジャンボーグ
Aの立花ナオキは防衛チームPATの初代隊長・立花信也の実弟だし
務めている大利根航空社長・伴野大作はPATのOBでもあった。

 つまり防衛組織には属してないものの何らかのつながりがあった
のに対し姫矢は全く接点がなかっただけでなく、ビースト情報など
を隠蔽している事を察知しておりTLTを信用してない旨を伝えるの
である。

 もっとも組織に所属してないからこそ先述したようにTLTは姫矢
を捕えてウルトラマンの光の秘密を探るべく、いろんな検査を施す
わけでネクサスワールドならではのシーンになっている。

 またウルトラマンに変身するデュナミストが交代していくわけだ
から、防衛組織に所属していては決して都合がいいものではないと
いうのもあるだろう。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 三浦隆司いよ... キックベース... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。