ジェイミー・ジャパン、アイルランドに完敗

日本代表 アイルランドに敗れる 最終盤2トライで追い上げるも壁高く

 今日 静岡のエコパスタジアムで行われたラグビーテストマッチの
アイルランド戦で、ジェイミー・ジョセフHC率いる日本代表は22-
50の完敗を喫した。

 アイルランドは世界ランキング4位で最近はニュージーランドと
6ネーションズでイングランドに勝っている強豪ではあるものの、
ブリティッシュ・ライオンズに10人が供出されているため19W杯で
同じプールに入っている事もあるし気温も高いので日本代表もそれ
なりに食い下がれるのでは?と思っていた。

 ところが開始早々にPGで先制されると12分にもT&Cを追加され
14分に田村優がPGで3点返し3-10としたまではよかったが、その
後24分にT&Cで追加点を奪われたところでPr伊藤平一郎がシンビ
ンを受けて一時退場。

 この間にアイルランドは2T&2Cを決めて3-31と前半だけで早
くも勝負あり。

 後半最初の得点もアイルランドで一時は35点差にリードを広げ
られ、59分にようやくFB野口竜司のT&Cでチーム初トライを挙げ
ると残り5分で福岡堅樹や流大のT&Cで14点返すが時既に遅し。

 日本独特の暑さとブリティッシュ・ライオンズに選手を10人
以上供出しているというシチュエーションは89年5月28日に秩父
宮で宿沢広朗監督率いる日本代表がスコットランドに28-24で
勝つ大金星を思い出すので、上手くいけば勝てるのではと思って
いたら前半で完全に勝負を決められたという事。

 更に案の定というべきか日本の弱点であるスクラムやモールで
徹底的に攻め込まれるという恐れていた展開で、徹底的にやられ
たという感じだ。

 アイルランドのジョー・シュミットHCは日本代表選手10人の名
前をスラスラ出すぐらい徹底的に研究していたわけで、これなど
19W杯で同じプールに入っている事を考えるとメンバーを落とし
てもアイルランドの強さを実感できるのだ。

 とりあえず来週は味の素スタジアムで2戦目が行われるので、
今度は日本代表の学習能力が問われるという事になる。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 大野克夫氏の... 義父のカット... »
 
コメント
 
 
 
アイルランド (Bill McCreary)
2017-06-18 10:39:02
強かったですね。89年や13年のウェールズも、けっきょくライオンズ抜きの選手たちと戦ったから勝ったわけだし、また日本が勝つためには仰せの通り天候や暑さも味方にしないといけないわけで、シュミットHCはサンウルブズの試合やハイランダーズのジョセフHC指揮のも研究したそうですから、そうきっちり準備されると15年RWCのスコットランド戦のように厳しい戦いになってしまいます。

で、前にもコメントしたように、アイルランドもスコットランドも、本番では当然今回以上に仕上げてくるし、どちらも日本に負けなければプール突破確実ですから、たぶん日本戦がポイントになる。南アフリカのように甘くみてはくれないでしょう。うーん、厳しいですね。

なお私はアイルランドびいきですので、19年は、日本戦以外の試合を、緑のジャージを着てアイルランドを応援します。しかしスコットランドもひいきしているからな・・・。
 
 
 
‘やはり’という感じです (こーじ)
2017-06-19 23:45:56
>Bill McCreary様

 やはり日本を徹底的に研究しているという感じですから、15年のW杯で対戦し漠然と戦った南アフリカのようなチームはないという事を実感するものですね。

 ただでさえアイルランドの得意技はピンポイントのハイパントになだれ込むFW陣や魂のモールなどFWのゴリ押しという日本が最も苦手にするものですから、決して相性が良くないですよね。

 ちなみに95W杯の出場国のラグビーソング集を持ってますが、個人的にアイルランドコールとフラワー・オブ・スコットランドがお気に入りですけどW杯期間中は聴かない方がいいかもです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。