相撲の稽古は朝に限る

 10月3日に始めた相撲大会に備えた朝練も今日で2週目を終えた。

 以前も記したように昨年までは教頭先生が昼休みに練習を見ていた
のだが、今年は その先生が移動になり代わりに来た教頭先生が女性
という事で私が手伝う事になっていたのだ。

 ただし私が見るからには営業開始前の朝でないと厳しい事から
学校にその旨を伝えるとOKが出たので朝練という事になると、
昼休みなら2~3回しか来られない相撲経験者の次男の友達の父
親までが毎朝出席してくれる事になった。

 7:00過ぎから四股・摺り足をした後に申し合いという形で対戦
させていき、最後にぶつかり稽古で締めるというスケジュール。

 ありがたい事に次男の友達の父親が今週からまわしを持参して
くれたので、それを装着しての稽古になるのだが最初はまわしの
取り方などが分からないようでラグビーばりに太腿にタックルを
したり首投げを打ったりと邪道的な相撲が多かったのが まわしが
来てからはオーソドックスな形になるだろう。

 更に当初は2人で指導していたのが最近は子供達の親なども参
加してくれているから今日などは私達を含めて大人が8人もいる
賑やかな稽古になったわけだが、やはりギャラリーが多いと子供
達も気合が入るようで張り切っている。

 やはり昼休みに行なっても時間は40分ほどなのに給食を食べて
すぐは厳しいし昼休み終了5分前には終わらないといけないので、
まともに練習をできるのは20分足らずだったのに対し朝なら正味
45分できるし親御さんの協力を得る事もできるわけだから朝練に
して正解だったと思う。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« セ・リーグのC... 変身適応者同... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。