今年の大相撲名古屋場所、白鵬は強かったけど・・・

白鵬39度目優勝!御嶽海が殊勲賞、碧山は敢闘賞

 今年の大相撲名古屋場所は千秋楽に横綱・白鵬が熱戦の末に日馬
富士に勝って14勝1敗で39回目の優勝を飾った。

 場所前は‘新大関の高安がどこまで勝てるか’や‘先場所途中休
場した横綱・稀勢の里の復活なるか'という話題が主で、白鵬に関
しては魁皇の持つ通算勝ち星・1047勝越えというのが注目された
ぐらいだった。

 ところが今場所は初日から新大関の高安をはじめ3大関全てと
横綱・稀勢の里に日馬富士の上位5人が敗れる波乱の立ち上がりと
なり、中日までに稀勢の里と鶴竜の2横綱に大関・照ノ富士の3
人が途中休場するという事態になった。

 更に日馬富士は連敗スタートだったし豪栄道も8日目まで3敗
するなど気がつけば白鵬のみが10日目まで全勝を守り、11日目
に御嶽海相手に不覚を取ったものの高安が9日目に2敗目を喫し
ていたので大した影響もなかったのだ。

 最終的に通算勝ち星更新へのモチベーションが白鵬を走らせた
という感じもあり12日目に玉鷲に勝って魁皇の記録に並ぶと、
13日目には高安にしっかり完勝して1048勝目を挙げてあっさり
新記録達成という事になった。

 とりあえず日馬富士は2日目までの連敗で休場も心配されたの
だが9日目に宇良に不覚を取った以外は高安にも勝つなど横綱と
しての面目を保ったのだが、大関は照ノ富士が6日目から途中休
場し豪栄道も千秋楽で高安に敗れて負け越すなど高安以外は総崩
れという感じだ。

高安が大関に昇進してなければ下手したら九州場所は大関不在
という悪夢が現実の物になりかねなかった。

 とりあえず稀勢の里が横綱に昇進し4横綱3大関時代と言われ
ているのだが、白鵬以外に優勝争いに絡んだ力士はいないどころ
か2横綱1大関が途中休場するなど上位陣の不甲斐なさが目立つ
場所だったとしかいえないので碧山の健闘に救われたという形だ
ろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 仮面の忍者赤... 夏休み最初の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。