野球解説者にもライセンスが必要?

【球界ここだけの話(965)】ダル、米球宴で日本球界へ警鐘鳴らす 「全部のレベルで指導者が変わること」

 7月10日に東京ドームで行われたジャイアンツ-スワローズ戦は
BS日テレがOAしたのだが、3-2という接戦だっただけでなく桑田
真澄の解説が素晴らしく最後まで聞き入ってしまった。

 桑田の解説を聞いていると現役時代の成功体験から来るものだけで
なく休養を取る事の重要性や、守備においての片手取りや逆シングル
キャッチを肯定する話が多く聞いていて納得できるわけで心地よいも
のがある。

 片手取りについては‘昔は両手取りが基本だったのはグローブが小
さかったので体の正面で両手で取るというのが最良の守備だったの
だが、今ではグローブの性能がよくなっているので片手取りや逆シ
ングルキャッチは決して悪いものではない'と語っていた。

 そういえば宮本慎也も逆シングルキャッチを肯定しており‘正面
に回り込んで取っていたら内野安打ですよ'といった解説を度々聞く
ケースが多い。

 ところが民放地上波ローカル中継になると未だに自分達の成功体
験を基にした解説をするOBが多く聞いているだけでうんざりする
し、オーバーワークとしか思えない猛練習を推奨したり1塁へのヘ
ッドスライディングを‘闘志溢れるプレー'と絶賛する始末。

 こういった解説は最新の野球に詳しい視聴者の失笑を買うだけで
なく、これから野球を覚えようとする者達に下手な悪影響を与える
だけで決していいものではない。

 先日ダルビッシュ有が‘いくら自分が有効なトレーニング法を教
えても所属チームの監督やコーチが否定したら意味がない’と言って
いたが、最新技術や理論を知らないまま自らが現役時代にやってき
た精神的&肉体的にきついだけの練習を強要するコーチが多いのが
現状だ。

 そしてこの手のコーチが現場を離れると解説者として自らやって
きた事を肯定するだけでなく最新の理論を否定して最新の理論に付
いて行けてない世代の喝采を浴びるだけでなく、そういった層に媚
びる番組まである始末だからダルビッシュの嘆きも分かる。

 日本の野球界をMLBに負けないレベルに上げるには評論家とい
う名のOB達に最新の理論や技術を勉強させるライセンスを持たな
い限り、コーチはおろか解説すらできないようにするべきではない
かと思うのだ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« やはりザ・サ... キックベース... »
 
コメント
 
 
 
私は (Bill McCreary)
2017-07-14 23:52:17
野球のことはよく知らないので偉そうなことは言えませんが、ラグビーなんかですと、これは民放とCSのからみで仕方ないのは確かですが、やはりCSの選手というよりラグビージャーナリストの解説のほうがよく勉強しているし内容も濃いですね。元選手の解説も、やはり質が高い。視聴者層が違うので比較は無理ですが、民放よりCS、NHKでも副音声のわかりやすいラグビー解説のほうが、実は好きだったりしてしまいます。

なんでもそうでしょうが、スポーツも時代が変わるとあまりに過去と違いすぎて、絶句することがしばしばです。ラグビーで日本が南アフリカに勝つこともあるのだし、MLBに日本の野手が通用しなくなっていたりもするわけで、それらを大きな視点で理解して解説してくれないと、私のような素人はまごつくばかりです。
 
 
 
そこなのですよ (こーじ)
2017-07-16 10:42:33
>Bill McCreary様
 どうしても民放地上波の関係者は現役時代の実績を判断基準にするため解説者に現役時代の名選手を起用しますが、彼らが全て進歩的な感覚でいるとは限りませんからね。

 むしろジャーナリストの解説の方が世界の試合を見てますから、そちらを基準に解説するのでためになるケースが多いのですよね。

 それを考えると昭和のボクシングでジャーナリストの郡司信夫氏と元世界王者の白井義男氏のコンビのようなスタイルは理想的でしたし、WOWOWエキサイトマッチでもジョー小泉と浜田剛史のコンビはその流れを踏襲してますから見応えがありますよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。