SW ローグ・ワンに ついて

SW「ローグ・ワン」ワールドプレミア開催!ジョージ・ルーカスの称賛に監督興奮
 
 早いものでスター・ウォーズシリーズのEP3と4をつなぐ作品
ローグ・ワンが今週の金曜日から公開される。

 昨年の今頃はEP7:フォースの覚醒が公開前で話題騒然だった
のだが、今回は外伝的な内容なだけにオリジナルの面々は登場し
ないようなので話題的には昨年ほどではないものの個人的には
興味津々である。

 というのもEP4:新たなる希望の最初に‘反乱軍は帝国の要塞
デス・スターの設計図を奪取する事に成功した’という記述が
あり、その設計図を帝国側が奪うためにルーク・スカイウォー
カーの育ての親であるオウエン・ラーズ達が虐殺されてルーク
がジェダイになる決心をし…という展開になるわけだから設計
図奪取がなければEP4以降は成立しない事になるわけだ。

 だから設計図を奪取したメンバーの物語を映像化すれば面白
いと思っていたので、EP4の公開から40年目にしてようやく映
像化されたという事になる。

 ちなみに昨年の今頃は10月からアニメ版のスター・ウォーズ
反乱者たちがTV東京系でOAされていたのだが、こちらもEP3と
4をつなぐ時代の物語だっただけにエズラらがデス・スターの
設計図を奪うのではと思っていたのだが見事に外れた。

 ちなみに情報によればEP4前だから帝国側のキャラとしては
ダースベイダー以外は馴染みのキャラは登場しないようだ。

 せめてモフ・ターキン総督あたりを見たかったのだが演じた
ピーター・カッシングが既に亡くなっているし、氏以外のター
キン総督はイメージが湧かないので仕方ない。

 反乱軍側はレイア姫の養父ベイル・オーガナやエンドアの戦
いで作戦を立案したモン・モスマ議員らは登場するので、とり
あえず馴染みのキャラはいるようだ。

 外伝は作られなければ作られないでいいもののシリーズ全体
を芳醇なものにする効果があるので、作られると嬉しいわけで
ある。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 高梨沙羅、4位... 負の連鎖に嵌... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。