仮面ライダーは正月特番の元祖だった

 我が店は今日4日から営業を開始したのだがTV番組は年末年始
特有のスペシャル番組が多くBSに関しても同様で、BS-11で3日に
OAされた大都会partⅢのようなケースは珍しい。

 ところが昭和の時代は意外にも年末年始特番はあっても、どこの
局でもやっているケースは稀で例えば79年の大晦日にTBSは月曜
ロードショーの枠内でウエストサイド物語をOAしていたわけだ。

 ちなみに67年の元日にはウルトラマンが、72年の元日には仮面
ライダーが通常通りにOAされていた。

 特に仮面ライダーはケガから復帰した藤岡弘演じる本郷猛の復帰
EPで、このEPから死神博士が登場すると共にライダーキックが
通用しないスノーマンに対し1号ライダーと2号ライダーのダブル
ライダーキックを披露するという画期的な内容だった。

 ところが19:00からOAされていたスペクトルマンはストーリーも
特別な内容ではなく、通常通りの地味な内容のEPだったわけで72年
1月2日にOAされたシルバー仮面も佐々木功こそゲスト出演してい
るものの大した内容ではない。

 また67年元日OAのウルトラマンには2代目レッドキングだけで
なく、彗星怪獣ドラコと冷凍怪獣ギガスという3体の怪獣が登場し
怪獣同士の戦いを見せているものの前後編の大作は8日と15日にOA
されたゴモラが登場する大阪ロケ編に譲られているのだ。

 つまりヒーロー番組の正月編は通常の範囲内で制作されており1号
ライダーが復帰するダブルライダー編は、ヒーロー番組の歴史を変え
たと言ってもいいだろう。

 ただし さすがの仮面ライダーも年末特番の波には勝てず、今では
年末年始特番の時には放送休止になるわけである。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« やはり青山学... ライスボウル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。