ゴールデンステイト・ウォリアーズ王座奪回

ウォリアーズがキャブスを撃破! 2年ぶりのNBA制覇を達成

 日本時間の今日オークランドのオラクルアリーナで行われたNBA
ファイナルのG5でホームのゴールデンステート・ウォリアーズが、
前年度優勝チームのクリーブランド・キャバリアーズに129-120
で勝ち2年ぶり5度目の優勝を飾った。

 ウォリアーズの3連勝からキャバリアーズが1つ返して迎えたG5は
前年同様逆転優勝を狙うキャバリアーズが先制を許しながら第1Qを
37-33でリードして終えるが、第2Qに入るとウォリアーズはケビン
・デュラントが立て続けに3Pを決めて逆転するとステフフィン・カ
リーも3Pを決めるなど一時は最大で15点差を付けて71-60で前半
終了。

 後半に入るとカイリー・アービングやトリスタン・トンプソンら
の得点でキャバリアーズが5点差まで追い上げると、一旦カリーらの
得点で10点差まで差を広げるが第3Q終了間際に5点を挙げ98-93で
勝負の最終Qを迎える。

 レブロン・ジェームズのゴールで先に得点したキャバリアーズに
対しデュラントの得点で挽回すると、イグダーラやデュラントの3P
で突き放して10点差に差を広げ最終的に129-120というスコアで
ウォリアーズが勝ち4勝1敗で優勝を決めた。

 NBA初の3年連続で同じ顔合わせとなった今年のファイナルはウォ
リアーズがファイナルまで全勝という勢いそのままにホームで連勝
するとクリーブランドでのG3も勝って3連勝で一気に王手をかける。

 一昨年はウォリアーズが優勝したのに対し昨年は同じくホームで
連勝したウォリアーズに対しG3でキャバリアーズが1勝を返しての
1勝3敗から3連勝しての逆転優勝だった。

 それを考えると過去3連敗からの逆転優勝はないとはいえ昨年と
同じくウォリアーズがホームでのG5を敗れると昨年の悪夢が蘇る
わけだから、ある意味ファイナルの趨勢を賭けた一戦となったの
だがウォリアーズは昨年の轍を踏まなかったのはさすがだ。

 今年のファイナルは最初のオークランドでのG2まではウォリアー
ズが圧倒していたがクリーブランドに移ってのG3からは俄然競り合
う展開が見られ始めたわけで、優勝が決まったG5紙一重の展開で流
れがウォリアーズに行った形なので正しくNBAの頂点を決めるに相
応しいファイナルだった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 次男、1日2度... 2週連続で作者... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。