2017夏の甲子園 第3日

日本航空石川が9回大逆転、夏の甲子園8年ぶり勝利

 大会3日目の注目カードは第3試合の聖光学院-おかやま山陽戦
で強打を誇る山陽が11年連続出場の聖光のキャリアに どこまで
対抗できるか。

 第1試合は県予選の準決勝で星稜に逆転勝ちした日本航空の勢い
が好投手・山下を擁する木更津にどこまで通じるかで、山下対航空
打線が注目。

 第3試合は共に打力に自信を持つ両校だが投手力という意味では
昨夏を経験した綱脇がいる徳栄有利かと思うので、開星が勝つには
打撃戦に持ち込むしかない。

 九州勢同士の対戦となる第4試合は2人の投手を前面に押し出して
戦う早稲田佐賀と打線が看板のウルスラとの対戦だから、佐賀の継
投が巧くいくかがカギ。

 第1試合:木更津総合 5-6 日本航空石川

 1回に航空はヒットで出塁した1番をバントで送り3番のタイム
リーで先制するが、木更津も2回に1アウトから7番以下の3連打
で満塁から1番の2ベースで逆転し4回にも2アウトからヒットで
出塁した2番が暴投で2塁に進むと3番のタイムリーと4番の2ラ
ンで5-1とリードを広げる。

 5回以降は両校ともランナーを出すものの両投手が踏ん張る形で
膠着状態に入り次の1点が流れをと思っていたら、8回に航空は1番
以下の3連打で1点を返したが4番が併殺に倒れ1点止まり。

 迎えた9回に航空は6番&7番の長短打でノーアウト1・3塁の
チャンスを掴むと、2者連続三振の後に1番以下の4連打で一気
に逆転し逃げ切った。

 木更津にとって悔やまれるのは2ランで5-1とリードを広げて
以降は7回に先頭打者がヒットを打ったものの2塁を欲張りアウト
になった後にヒットが出たり、3点差になった8回裏に四球と犠打
野選などで1アウト2・3塁のチャンスで得点できないなど追加点を
取れなかったのが最終的に響いた。

 第2試合:開星 0-9 花咲徳栄

 1回に徳栄は1番が2ベースで出塁しバントで3塁に進み3番の
タイムリーで先制すると、2回にも先頭の7番がヒットで出塁し2
アウト後1番&2番の短長打で3-0とリードを広げる。

 3回にもヒットと相手エラーにタイムリーが出て4点目を挙げた
のに対し、開星打線は1回に1アウトからヒットと死球でチャンス
を作るのだが4番が投ゴロ併殺に倒れた後はチャンスらしいチャン
スもなく7回に徳栄が決定的な5点を挙げ勝負を決めた。

 開星は綱脇・清水の両投手から7安打を放ったが、2番と7番の
3本づつと繋がりがなく完封された。

 第3試合:聖光学院 6-0 おかやま山陽
 
 2回に聖光が5番の3ベースを挟む3連打で2点を先行すると、
3回には内野安打で出塁した2番が盗塁とバントで3塁に進み4番
の犠牲フライで3点目を挙げるなど5回まで毎回得点を挙げる。

 山陽は1回に1番が2ベースを放ちバントで3塁に進めたのだが
後続が連続三振に倒れると、2回にも2つの四死球で1アウト1・2塁
と攻め立てるものの得点できず尻上がりに調子を上げた斉藤に抑え込
まれた。

 第4試合:早稲田佐賀 2-5 聖心ウルスラ

 2回にウルスラが4番の内野安打と5番のヒットでチャンスを掴み
6番のバントに7番のスクイズで先制すると、4回には1アウトから
4番が歩き2アウト後6番の2ベースで2・3塁から3連打で一気に4点
を挙げ優位に立つ。

 4回までノーヒットに抑えられていた佐賀は5回に2安打で掴んだ
チャンスは逃したが7回に6番以下の4連打で2点を返すが、なおも
ノーアウト2・3塁と攻め立てるものの後続を抑えられて逃げ切ら
れた。

 佐賀にとって4回の4失点が効いた形で先発の安在が思ったよりも
早く捕まったのが誤算だろうし、4回の4点でウルスラの戸郷の投球
が楽になった形で最終的にヒット数は10-8で遜色なかったわけだ
から終盤まで2・3点差だったら分からなかっただろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« キックベース... 2017夏の甲子... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。