兼好法師二世のつれづれ草 ~斜に構えて世の中を見る~

徒然なるままに、言いたい放題・・・。
物言はぬは腹ふくるる思ひ。

好きな方言ありますか?

2016年10月17日 13時27分13秒 | 日記
お題「好きな方言はありますか?」に参加中!
私の住む地域にもかつては方言があった。


俗に言う『伊予弁』というもの。


しかし、それも田舎の方に行かなければ聞くことはできない。



私個人が好きな方言は、東北地方の言葉である。


東京の大学に行ったとき、東北地方出身の学生が多くいた。


その中から親しい友人たちも多くできた。


彼らとしゃべっていたとき、なんとも言えず温かい気持ちになった。


それまで生で東北弁を聞いたことがなかった私には、非常に新鮮に聞こえた。


今風に言うと、東北の友人と話していると、心がホッコリするのだ。


その理由はわからないが・・・・・。


そんなわけで、今でも東北の方言は大好きである。



逆に、これはちょっと・・・・・と思う言葉は、名古屋弁。



これも大学時代の話。


名古屋出身の女の子であるが、黙っていると可愛い女の子。


しゃべり始めると興ざめした記憶が残っている。



外見と言葉のギャップに非常に驚いたのだ。



今も名古屋弁は苦手である。


ただ、名古屋の人々を嫌っているわけではないのとを付け加えておきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 推薦入試 | トップ | オリンピック、返上するとい... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪かったですね! (通りすがりの愛知県民)
2016-10-17 17:22:34
あなた以外でもタ○リとかが、散々バカにしてる名古屋弁を操ってる地域の人間です。
何気なく見てたら、こちらの記事を見てしまい、思わずコメントしてしまいました。
あなたにとって、名古屋弁は「非モテ方言」ということは、よ~くわかりました。
名古屋人を嫌ってるわけはない、という一言がありましても「なんだかな~」と思えます。

私事ですが、先日岩手の親せき宅へ行きました。大人世代は東北弁を話しておりましたが、
年頃の若い世代は、ほとんど話してません。やはり恥ずかしさがあるようです。
これだけ、方言の温かみがどうとか言われてる現時点で。
言っちゃなんですが、東北弁もヒートアップすると、県外の人間には何を話してるのか
さっぱりわかりません。その点名古屋弁は「ダサい」かもしれませんが
県外の人でも、何を言ってるのか、ある程度はわかる方言だと思います。
自分のところの方言のことを悪く言われて、思わず感情が入りました。
それでは、お邪魔しました。
通りすがりの愛知県民さんへ (兼好法師2世)
2016-10-17 17:40:20
私の拙文で、不快な思いをさせてしまいました。
大変に申し訳ありませんでした。

私にも名古屋圏に友人知人もいて、名古屋弁を馬鹿にしたりする気持ちはありません。
ただ、田舎から東京に出て出会った(?)カルチャーショックを受けたことが、印象的に残っています。

一言弁明をさせていただきました。
わざわざ (通りすがりの愛知県民)
2016-10-18 08:56:15
謝っていただき、ありがとうございます。
まだあなたのコメントの方がマシで今見ると、もっとひどいこと書いてある
ブログも見ました。名古屋弁だけをイジっておけば、という感じで腹立だしいです。
(あなたじゃないですけど)自分のとこだって大したことないくせに、きっと。あまりの多さに、ビックリです。
東京大阪に次ぐ地方都市なのになんで、いつも名古屋ばかりバカにされるんだか・・・
方言に関しては、2度と関わらないようにします。
通りすがりの愛知県民さんへ (兼好法師2世)
2016-10-18 14:46:11
昨日は、大変申し訳ありませんでした。
改めてお詫び申し上げます。

文章の書き方の難しさを再認識されました。
よほど注意しないと、不本意にも誰かを傷つけることになることを思い知りました。
自分では気をつけているつもりですが、まだまだ・・・ですね。

大学に行くために、田舎から東京に出て、これまで普通に使ってきた言葉が通じず困惑したり、時にはわらわれたり・・・・。
今のように通信手段が発達していない当時(昭和40年代)、東京に出て初めて各地の方言を「生」で聞きました。
昨日も書いたように、カルチャーショックを受けました。

それはそれとして、あなたの文章の中には、名古屋(名古屋弁も含めて)に対する誇りと愛情を感じられました。
恥ずかしながら、私には足りないものだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。