みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

棚田を囲む彼岸花  菊鹿 番所地区

2010-09-26 15:04:56 | 山鹿
こんにちは

この時期、素晴らしい見ごろを迎えているのが彼岸花です。

彼岸花で名所といえば、まずここの名前があがります。
菊鹿にある番所地区です。

棚田の美しさと彼岸花のコントラストが見事ですよ。今ちょうど見ごろを迎えています。是非早めに出かけて下さい。

さて、道中の泗水、七城町は、そばの花が満開!
白い可憐な花を咲かせています。おいしいそばになりますように。
Dsc_0005


菊鹿町に入ると、あちこちに彼岸花の群生が見られます。
茎だけがすっと伸びて、美しい茜色の花を咲かせます。不思議な花ですよね。
Dsc_0011

Dsc_0015
午前中のすっきりとした太陽の光が、花の色を引き立てます。気持ちいいほどの美しさです。

Dsc_0019

番所地区には臨時の看板が立っていますので、指示に従って車を進めて下さい。
一番見やすいところには、テントと仮設トイレまで設置されています。だいたいこのあたりの道に沿って車を停めるといいでしょう。ちなみに仮設トイレは一般用のみ。車椅子ユーザーは途中に、道の駅がありますからそこで準備をするといいでしょう。熊本市内方面からなら、道の駅泗水や道の駅鹿本。大津方面からなら、道の駅七城などになりますね。
Imgp1948


Imgp1949

ここからは、車の中からでも十分景色を楽しむことが出来ます。
ですが、せっかく過ごしやすい季節ですから、車を降りて散策を楽しんでもよし。
そこで、注意です。
棚田の彼岸花は観光目的のものではありません。実際に農家のみなさんが作業される田んぼです。ルールを守るのは当たり前ですね。看板の注意書きをよく読んで行動しましょう。
Imgp1952

棚田というと田んぼのあぜ道しかないようなイメージですが、農作業用に比較的広い道が通っています。この道は車両通行止めですので、安心して利用できます。
自走車いすではさすがにきついので、どなたかお手伝いがあるといいですね。

Dsc_0061


Dsc_0066
緩急がありますので、あまり無理せず、行ける所までで楽しんで下さい。
彼岸花は、遠くから群生しているのを見ても、近くで一輪だけを観賞しても美しい花ですからね。
Dsc_0051

山間の棚田に、実る稲穂。それを淡く茜色に縁取る彼岸花。
まさに今だけの風景です。

県外から訪れている方も多く、みんなそれぞれのスタイルで満喫していました。
Dsc_0033


Dsc_0071

この日は、近くの施設でしょうか、たくさんのお年寄りが、車いすや杖、歩行器を使って楽しんでいました。
広い道路だし、車が来ないので、安心ですからね。

今月いっぱいが見ごろのようです。
お天気を見計らって是非お出かけ下さい。

道のりの目安としては、325号線を鹿本から一本松公園方面へ。あとは矢谷渓谷の看板に沿って登っていくと、番所地区彼岸花の臨時看板が出ています。

懐かしく、美しい棚田の風景と秋を告げる彼岸花を楽しんで下さいね。
Dsc_0013

Dsc_0014




<お問い合わせ>
山鹿市役所観光課
TEL 0968-43-1579
山鹿市菊鹿総合支所 市民生活課
TEL 0968-48-3111

 
大きな地図で見る





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしい!やさしい!西原村... | トップ | 天草五橋祭! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山鹿」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事