みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水俣にとうとうバリアフリールームができるかも!海と夕やけ

2011-12-10 11:29:10 | 水俣
こんにちは



先日、依頼があって湯の児の堤防広場一帯の整備にかかわる調査を行っていたら、三笠屋さんの跡に新しいホテルがオープンしたばかりでした。

駐車場には今までなかった障がい者用駐車スペースも出来ており、期待が一気に高まります。
Dsc_0103


外観も真っ白で、ずいぶんモダンな感じです。お天気が悪いのでいまいちの写真で申し訳ないですが・・・・
Dsc_0054



 
入口にもスロープがあり、今まで上がりかまちだった部分はすっきりとバリアフリーになりました。
Dsc_0142


Dsc_0141



 嬉しい事に今後まだ改装の予定があり、バリアフリールームを3室作る予定とのこと。これが実現すれば、芦北水俣地域で唯一のバリアフリールームのある宿になります。
よかったなあ。
今まで、僕らもずいぶん苦労しました。湯の児に泊まりたいという車いすユーザーが喜びます。この地区に宿が無いので、結局人吉に送客してましたからね。
 

今あるお部屋の中で、もっともバリアフリーに近いのが洋室のツイン。
段差は入口の1段のみです。高さは6cmですので、お手伝いがあれば安全に登れる程度です。
Dsc_0117


室内はとっても広く、車いすでも十分です。眺めも最高!
Dsc_0113


Dsc_0115


 
浴室は基本的にはありません。せっかくですから大浴場の温泉を利用して下さい。
気になるトイレですが、これがもうちょっとなんですよね。おしいっ!って感じかな。
出入り口の幅は内寸で、67cm。たいていの車いすなら通りますが、もう少し幅がほしいですね。
Dsc_0109


 
中に入ると広々としていて車いすも楽に回れます。これで便器回りに手すりさえあれば、ばっちりですね。
上半身が安定してる車いすユーザーなら大丈夫かな。Dsc_0110



 
湯の児といえば、当然温泉なわけですが、これも十分バリアフリーに配慮されています。もともとあった浴場を改装した女湯の方には入口に10cm弱の段差が1段ありますが、そのほかはほとんど段差もなく車いすでも安心です。
Dsc_0121


Dsc_0125


 
ちなみに男湯は新設されたものですので、完全にバリアフリーです。

Dsc_0138

 
車いすユーザーの入浴に必須なシャワーチェアですが、現在はありませんが、設置をお願いしていますので、実際に利用する際はお問い合わせください。
 
館内には多目的トイレも新設されていて、これはとっても安心。オムツ交換台もありますから、赤ちゃんのいるママも安心です。

Dsc_0132

 
清潔感があって、モダン。眺めもいいし、スタッフの皆さんもとっても親切です。突然お邪魔したにもかかわらず、笑顔で丁寧な対応をしてくださいました。

 
あとは、バリアフリールームの完成を楽しみにしたいですね。

夏はファミリーで海水浴。冬はお年寄りも安心の温泉宿。

今まで湯の児になかった、素敵なホテルになりそうです。

お部屋が出来たら、またご紹介しますね。お楽しみに!


湯の児 海と夕やけ
九州自動車道「八代JCT」南九州・水俣方面へ
南九州西回り自動車道 八代-日奈久に入る
日奈久芦北道路へ進み「芦北IC」で降りる
芦北ICから約25分
住所 〒867-0009 熊本県水俣市大迫1213
TEL 0966-62-6262
FAX 0966-62-6263
メール info@umitoyuyake.com




大きな地図で見る



******************************
「UDくまもとは~とふる紀行」
ただいまホームページ制作中です。開設までしばらくお待ちください。
http://www.ud-kumamoto.jp/
******************************







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯ノ児海水浴場 公衆トイレ... | トップ | 運動公園内施設改修にともな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水俣」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事