みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山鹿 山鹿温泉旅館細川 食事編

2009-07-09 11:23:25 | 山鹿
それでは続いて、食事についての紹介です。

食事は車いすユーザーでも楽しめるように、個室が準備されています。
P7070161

テーブルは車いすのまま食事ができるよう、高いテーブルを特別に作られたそうです。おかげで丁度いい高さです。
P7070162

室内は落ち着いた雰囲気で、リラックスして食事を楽しめそうです。椅子のセッティングも自由に対応していただけますので、車いすユーザーが複数の場合でも安心です。
ちなみに、お部屋の名前の「おかつ」は旅館の前身であるおでん屋さん時代の屋号だそうです。
食事も、体の状態に応じて刻み食や、おかゆにも対応していただけます。お刺身などは刻んだ後にもとの盛り付けに直して見た目にも楽しいように配慮されています。こんなところにも細かな心遣いが感じられます。

人数が増えた場合は、広間を利用できるようにお部屋の準備をしてくださるとのことですから、ちょっとした会合にも利用できそうです。

食事のときに気になるのがトイレですが、個室のすぐ近くに多目的トイレが設置してあります。
P7070164

もとは男子用トイレだったところを全面改装されて、多目的トイレにされたとのこと。おかげでゆっくりと食事が楽しめます。
女子トイレもお隣に設置されています。

旅館細川さまは、もともとバリアフリーの設計ではなかった建物ですが、利用者の声に耳を傾けて、経営されるみなさんの努力で少しずつ手作りでスロープや手すりをつけられ、とても居心地のいい旅館にされています。なによりスタッフの方々が気持よく、熱心に接客しておられますので、取材させていただく間にも心がほっこりやさしくなれました。

山鹿には、有名な灯篭おどりや、八千代座などの観光スポットがありますが、事前に相談しておくと旅館スタッフの方が付き添って下さりながら案内をしていただけるそうです。山鹿を愛する旅館細川さまの気持ちが伝わるサービスです。

仲間や家族とのゆったりした時間を過ごしに、皆さんも山鹿に足を運んではいかがでしょう。おススメです。
 

大きな地図で見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山鹿 山鹿温泉旅館細川 宿泊編 | トップ | 黒川温泉 優彩 温泉編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山鹿」カテゴリの最新記事