みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

藤崎宮秋季例大祭

2010-09-21 13:38:43 | 熊本市内 観光
こんにちは

いよいよ熊本に秋を告げるお祭り、藤崎宮秋季例大祭が行われました。

このお祭りは、馬追いがイメージとしてありますが、お祭り本来の意味を知っておくとまた違った見方ができます。
今回は、車いすでの見物ポイントと一緒に、少しお祭りの意味もご紹介します。


このお祭りは、藤崎宮の神様をお神輿にお移りいただいて、市中に下ってくださるもので、昔行われていた仏教行事「放生会」をいまに伝えるものです。

お祭りは1000年以上の歴史があり、新町の獅子舞も400年の歴史がある伝統のお祭りなのです。

ハイライトは9月20日。
神様を乗せたお神輿が出発します。まだ朝の6時前。
薄暗い境内には厳粛な雰囲気が漂います。
にぎやかなお祭りのイメージと異なり、神事らしい静かな時間です。
Dsc_0001


朝随兵といわれる、朝の出発は、是非藤崎宮参道で観覧してください。独特の雰囲気があります。この時間ならば近くの有料駐車場にも空きがありますし、神社境内には車いす対応のトイレがありますから、時間を気にせず過ごせます。

太鼓の音と共にいよいよ出発。
Dsc_0015


間近に馬を見る機会も少ないですから、なかなかの迫力です。
Dsc_0017


Dsc_0018


Dsc_0045

お神輿には神様が乗っていますので、きちんと手を合わせましょう。これが正式。
そして、お神輿に向かってお賽銭を投げます。

地元のお年寄りも楽しんでお賽銭を投げています。

続いて武者行列です。
若者のりりしい姿もいいですね。
Dsc_0059


Dsc_0060


新町のみなさんによる獅子舞。運が良ければ獅子に噛んでもらえます。無病息災!
Dsc_0078


Dsc_0080


さて、いよいよ飾り馬の奉納です。
ここからは、危ないので、車いすユーザーは後ろに下がって下さい。馬は生き物ですから、どんなふうに動くか予測がつきません。とっさの時に逃げられないので、少し見にくいかもしれませんが最前列は危険です。参道の歩道に少し下がりましょうね。

Dsc_0169


Dsc_0137

Dsc_0157


朝随兵は参道からがいいですが、夕随兵は3号線北署前くらいが見やすいですね。近くの白川公園には車いす対応トイレもありますから、安心です。



Dsc_0212


今回は僕らもお賽銭を投げて手を合わせました。
なんだか心がすっと落ち着きますね。
Dsc_0227

勢子のみなさんも最後のがんばり!
藤崎宮までもう少し!
Dsc_0258


 

さて、まとめてお話すると、車いすユーザーやお年寄りが楽しむなら、朝随兵なら藤崎宮参道でお見送り。馬が出てきたら離れる、というのがコツですね。
車は近くの有料駐車場におけます。

夕随兵は3号線沿いの立体駐車場に車いす専用スペースを持っているところが複数ありますから、そのあたりに車を置いて白川公園、北署前あたりで歩道越しに見物するといいでしょう。これなら馬が危険な事もありませんから安心。トイレも近いですよ。

お神輿から獅子舞までは、おごそかな雰囲気で、馬追いが始まると一気ににぎやかな若者のお祭りに変わります。
どちらが好きかは、ひとそれぞれでしょうから、自分なりの見物テーマを持っているといいですね。
お神輿には、是非お賽銭を上げて、手を合わせて下さいね。本来これがお祭りのメインですから。


熊本に秋を告げる、藤崎宮秋季例大祭。

無理や危険のないように楽しんで下さい。
 


大きな地図で見る
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉名ハートウィークス | トップ | 行ってきました!相良三十三... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一昨年辛島公園前で見学していた時、馬が通る度に... (南部の住人)
2010-09-22 06:36:22
一昨年辛島公園前で見学していた時、馬が通る度に見学人の前に押し出された事がありました。
見学場所の選定は必要ですね。
南部の住人さん、ありがとうございます。 (管理人)
2010-09-22 16:45:21
南部の住人さん、ありがとうございます。

そうなんですよねえ・・・・
どうしても車いすだと、馬が見たければ最前列に行くので危ないし、下がると前の人も立見なので、よく見えないし・・・・

と、いうことで朝随兵は参道で、夕随兵は通り町3号線沿いで、という提案をしてみました。
悩ましいところです。

コメントを投稿

熊本市内 観光」カテゴリの最新記事