みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

天草 栖本河童ロマン館

2009-09-30 12:26:09 | 天草
こんにちは

今回は栖本温泉の河童ロマン館をご紹介します。かわいい河童がお出迎えしてくれる、とても利用しやすい温泉です。
P9290061


熊本方面から栖本へ行く時はメインの324号線から59号線に入って教良木から34号線へ入るのが近道ですが、59号線は山越えのルートです。少々道が狭いので注意して下さい。
34号線に入って、しばらく行くと、カッパ街道につながっています。まず目を引くのが大きなカッパ。
P9290035

栖本にはカッパにまつわる伝説が残っています。道の途中に謂れを書いた石碑がありますので、ちょっと足を止めて読んでみるといいですよ。

橋の欄干にもかわいいカッパが楽しそうに座っています。

P9290039

さらに、カッパが宴会をしているところに出くわしました。とにかく楽しそう!みんなの輪の中でお調子者が一発芸をしている感じですね。周りでみんなが大笑いしています。

P9290042

さて、そんなカッパたちの楽しいお出迎えを受けながら、温泉に到着です。障がい者用駐車場も準備されていて安心です。
緩やかなスロープを登って入口までくると、バリアフリーの状態で、施設内に入る事ができました。
P9290058

カッパロマン館は、大衆演劇を楽しむことが出来るんです!今年は10月に公演が予定されています。
うれしいことに、演劇が行われるお座敷もバリアフリーですよ。

P9290044

公演のポスターも楽しそうですね。お年寄りにもうれしいニュースです。
P9290057

お食事どころも広々としていて、車いすでの移動もスムーズです。テーブルの高さも70cm近くありますので、車いすでそのままテーブルに就くことができます。


P9290053

人気のメニューは、ちゃんぽんとカツカレー!ちょうどお昼どきでカツカレーが運ばれていましたが、とにかくカツも大きくてカレーはルーも手づくり!
お腹が鳴ります・・・・・が、この後まだまだ取材先が残っているのでグッとがまん。
メニューも豊富ですので、いろいろ楽しめそうですよ。

P9290054


肝心の温泉ですが、脱衣所から浴室まで完全にバリアフリーです。浴室にはシャワーチェアもありますので、安心して利用されて下さい。

モデルプランとしては・・・・
演劇の公演時間は13:00からですので、熊本市内を朝出発して、お昼前に河童ロマン館に到着。まずはゆっくりお昼ごはん。
その後、演劇を楽しんでからのんびり温泉を楽しむ。せっかくですから宿泊を本渡のアレグリアに予定する、というコースがおススメですね。

大衆演劇を車いすで気軽に楽しめて、温泉も食事も、という贅沢な場所です。宿泊は2階になりますので、階段で登ることになります。その他の施設内はバリアフリーですから是非楽しんでください。

河童の伝説と安心の温泉施設、河童ロマン館を皆さんも是非足を運んでみてください。親切なスタッフの皆さんが笑顔で迎えてくださいますよ。

<お問い合わせ>

栖本温泉 河童ロマン館
〒861-6303 熊本県天草市栖本町馬場3725番地1
tel:0969-54-5526
fax:0969-66-3526
 

大きな地図で見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人吉 球磨川下り | トップ | 御船町恐竜博物館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天草」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事