練習日誌

草津スキースクール校長のブログ

森林療法協議会イベント・10月

2016年10月13日 | 日記

本日は所属する草津森林療法協議会の勉強会

 

万座温泉の向こう

長野県との県境ちかくの山

破風岳登山イベントに参加してまいりました。

 

草津からもそう遠くないお山。ですが

ワタクシめは今回初めて

破風岳に訪れました。

 

どんなお山なんだろう??

 

聞く話だと、万座経由、長野に抜けるこちらの

道路からだと、比較的楽チンに行ける山らしい・・・

昨日は良い天気だった草津。

しかし昨日の夕刻辺りから天気が崩れ始め

本日は曇り空のスタート。

 

 

雨が降ってないからまあ良し。

でも、山が雲の中だったらいやだなぁ。。。

 

そんな心配は的中(>_<)

 

万座まではまずまず良い天気。

日も差してきたり、視界も良好でしたが

万座から向こうはバッチリ雲の中(>_<)

 

 

霧の中の破風岳チャレンジとなりました。

日差しが無いので寒い!!(>_<)

 

道は整備がされてて歩きやすい

今日は霧で見えませんが

天気がよければ登山道入口から山頂が見えるくらい

見通しは良いみたい。

 

スタート地点から高い木は無し。

景色の良い登山です。霧さえなければネ(>_<)

しかしながら、上り続けていきますと

たまに雲の中から良い景色が顔を出してくれます。

 

霧と重なり幻想的な景色です。

この天気、これはこれで悪くありません(^_^)

山頂が近付くにつれてだんだんと視界が良くなるみたい。

霧と紅葉と眺望

とても良い雰囲気です(^_^)

 ジグザグな坂道を上っていきます。

登りあげますと道は平らに。山頂まではあと少しみたい。

 

ここまでたぶん、30分ちょっとくらいだと思われます。

今日は時間も距離も計測しませんでした(*´Д`)=з

 

あいかわらずたまに霧が晴れますが

なかなか晴天とはなりません(>_<)

 

 

見えてればどんな景色なんだろう。。。

 

気になります(>_<)

そして無事に破風岳山頂へ♪(^_^)

破風岳山頂の道標はカッコいいプレート。

味のある。。なんて素敵な道標なんでしょう。

 

長野県やるなぁ・・・(^_^)

 

山頂まで、特に危険箇所も無し

道は狭い箇所もあるので要注意ですが。

 

そのかわりこの道標の後ろは断崖絶壁でした。

メチャクチャ高い!今日は霧のせいもあってだと思いますが

下が見えない!足がすくみました(*_*;

 霧の中、と日差しが交互に訪れる本日の破風岳。

霧に景が写る「ブロッケン現象」が見れるかも♪とみんなで待っているところ↑

残念ながらブロッケンさんは現われず。でした(>_<)

 

でも良いお山でした♪

今度は良い天気の時に。

途中の土鍋山、向かいの御飯岳(おめしだけ)とかも

訪れてみたいものです。

 

草津周辺の山々、もうだいぶ行けたと思ってましたが

まだまだ知らぬ場所ばかりです。

日々勉強なのだ。

 

ご参加の皆様ありがとうございました(^_^)

 

 

グリーンシーズン活動にも役立てていきたいと思います。

10月はあと1回

ノルディックウォーキング体験会を開催予定です(^_^)

10月のノルディックウォーキング体験会は

24日(月)に開催させて頂きます。

http://www.kusatsuski.or.jp/kss/diarypro/diary.

 

 

話題のスポーツノルディックウォーキングを

お楽しみ下さいませ(^_-)-☆

 

皆様のご参加をお待ち申し上げますm(_ _)m

 

 

 

そして

私共草津スキースクールは

2016-17シーズンに向け新しい仲間を募集しております

http://www.kusatsuski.or.jp/kss/diarypro/diary.cgi?date=20160907

90年以上の歴史あるスキー学校

次の歴史を作るのはあなたかもしれません!!

興味ある方、気になる方

皆様のご一報お待ち申し上げます\(^o^)/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 榛名湖ノルディックウォーキ... | トップ | オレンジな季節(^_^) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。