剛毛女の脱毛大作戦!「毛深い」と言われ続けて21年。

私の一番のコンプレックスは体の体毛。昔から剛毛で困っているのです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体毛が濃い女子に対する男の本音・・・

2017-06-20 10:38:23 | 日記
体毛が濃い女子に対して男性はどのようなことを思っているのでしょうか。今回は、体毛が濃い女子に対する男性の本音を紹介していきたいと思いますので参考にしてみてくださいね。

■本音

・小学生の時に女性のわき毛を見ておそろしいと衝撃を受けて動揺しました。小学5年生の時ですが、体育のプールの授業の時に、男女同時に行ったのですが、プールへの飛び込みの練習をしていた時に、私が好きだった女の子がプールに飛び込む為に両手を頭の上で組んでいたのですが、わき毛があり、ビックリしました。当時は自分にはわき毛は生えていませんでした。年上のお姉さんのわきに生えていて脱毛している様子は知っています。女性にはムダ毛がないと思っていた時代だったので、衝撃を受けてガッカリして、動揺もしてしまいました。その女性とは、高校まで一緒で、今でも時々メールをしますが、ふとした瞬間に彼女のわき毛のことを思い出してしまい、今では、恋愛感情が持てなくなってしまっています。

・会社の同期との海水浴で、心惹かれる女性のわきに黒い剃り残しがありました。大学を卒業して、会社に勤めて3年経った時に同期入社の集いで海水浴にでかけました。会社は同じでも職場が違って顔を合わせる事が少ないメンバーもいて、年に何度か飲み会などを開催して、皆顔馴染みでした。その中に私が少し心を惹かれている女性がいました。海水浴場について、海の家で水着に着替えて、特に泳ぐ事もなく、皆で会話を楽しんでいました。ビーチバレーなども行っていたのですが、そんな中でふとした瞬間に、自分が惹かれている女性のワキが見えました。ワキはきちんと剃っていたようですが、黒い剃り残しがごま塩のように見えていました。やっぱり海に行くならすべすべの肌にしてほしいと感じた瞬間でもあり、ガッカリしました。それ以降、彼女への思いは無くなってしまいました。

・女性はムダ毛を手入れしてキレイなのが当たり前というのが男の心理と言われています。私が女性の手入れが行き届いていないという人に出会ったのは、今まで1度だけです。女性は、毛が生えてきて何が悪いのという感じでわき毛も生やしていました。その瞬間に、やる気が半減いかになってしまいます。女性の感覚はわかりませんが綺麗にしているのhが当たり前と考えるのが男性の心理です。女性には、最低限のムダ毛処理はしてほしいと思いますし、手入れをして初めてキレイな女性と言えるのではないでしょうか。

・合コンで知り合った女性が、腕にムダ毛がたくさん生えていて幻滅しました。少し前に気になっていた女性がいて、友人と開催した合コンで知り合ったのですが、優しくて可愛らしい女性でした。何度かデートを繰り返してそろそろ告白しようと思った時に彼女のムダ毛の存在を知りました。知り合った頃は、冬だったので洋服でわかりませんでしたが、暖かい日に半袖を着ている時に、腕毛を目にしました。僕は彼女に夢中だったのですが、ムダ毛を知り、告白もしないで友達のままで関係も終わってしまいました。

・デートで顔を近づけた時に彼女の白い顔に口ひげが見えた。好きな女性と念願かなって付き合うことにより、初デートの時です。彼女は女性らしい人で、おしとやかで人並みにオシャレも気を遣っている理想的な女性でした。そんな、彼女と良い雰囲気になり、顔を近づけた瞬間に、彼女の白い肌に口ひげが、彼女と顔を近づけた時、目とつぶらない私も悪いのですが、キスをためらってしまいました。

実際に男性の本音を見てみるとたくさんの事があります。実際にあこがれている女性に対しても、冷めてしまったり、スキだったのに嫌いになったりしてしまうくらいに女性のムダ毛を嫌っているといい男性が多いという事が分かりました。

処理は心がけている人でも、剃り残しなどがあると惹かれてしまいますし、冬と夏では、ムダ毛処置をする際の仕上げ方も違ってきますし、難しいと思いますが、どんな時でも自信のある肌で過ごす事が何よりも大事という事に気が付きました。本当に突然ではなく、普段からムダ毛処理ときちんと行っておくことにより、男性を残念な気持ちにさせることなく、良い関係を築いていく事ができると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電気脱毛で脱毛すべき部位と... | トップ | 家庭用脱毛器を選ぶときの基... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。