ひかり

健康の事、環境の事、趣味の事…

Romni Wools へ行って来た 3

2016年10月16日 | 編物


ダウンタウンに用事があり、ついでに毛糸屋さんに寄ってきた。

夫のベストが完成間近で、次の作品の合間に靴下を編もうと思っています。
前回、靴下の投稿をした時に書いたと思いますが、
今まで、沢山靴下を編んできたけれども、
”靴下用の毛糸”を使用していなかったために、
すぐに穴が開いてしまう靴下を生産してしまっていたのでした。

靴下用の毛糸は、糸の”より”がきつめに仕上げてあり、
さらに細めの針で詰めて編むことで丈夫な靴下に編みあがります。
そのようなことを知らずに、
わざわざ、やわらか〜い手触りの糸を選び、ずっとせせっと編んできたわけで、
なんだかがっかりですが、
もし私と同じように知らずに編もうとしている方のお役に立てれば本望です。
(ちなみに、夏用の綿の靴下は、
靴下用の糸ではありませんが、今の所、問題ないようですが、
特にウールは、靴下用でない糸で編んだものは、
早い場合、数回履くだけで、編み地が薄くなり始めます。)

ということで、靴下用の糸を買ってきました。
折角なので、100%ウールの靴下用の毛糸は?と店員さんに聞いたところ、
2つのブランドがありました。
どちらも手染めで、安くはありませんが、
暖かさは、断然違うんだもの。
写真の物は、メリノウール100%で洗濯機で洗えるもの、
もう一つの別のブランドのものも洗濯機で洗える糸でした。
有難いことです。
ただ、玉になっていないので、その点だけ面倒ですが、
許容範囲です!
贅沢は言いません。

この色、染めた方の気持ちが伝わってくるような感じがするのは気のせいかな?
綺麗な色というだけじゃなくて、見ているだけで、心地がいい。
ハッピーな気分にさせてくれる糸です。

ちなみに、混紡の糸は、た〜〜〜くさんありました。
ブランドも色も豊富だと思います。

そして、輪針も購入。
日本の1号針よりも細いので、この細さだと、竹製では無理があります。
なので、アディのターボ。
さらにもう一段細めの針もと思ったけれど、とりあえず、この太さで編んでみます。

余談ですが、
今まで気づかなかっただけなのか、
ボタンも売られていて、
完成間近のベストも持ってきておけばよかったと後悔。

そして、ショックだったのが、
アメリコが閉店したこと。
これからは、ネットショップのみの営業だそうで、
あの優しいオーナーさんにお目にかかれなくなって、寂しい。

ボタン屋さんも1店閉店してしまったし、
手芸人口が少なくなってきているのかな。


では、また明日。
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります様に…。
と言うよりも、
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります。
(それが必ず実現される為に、”祈り”ではなく、”そうである”と断言しました。)


 お店情報 
Romni Wools
http://www.romniwools.com/
658 Queen St. West
PHONE: 416-703-0202

We are on our Winter hours as of September 1st.
 MON - 10am to 6pm
 TUES - 10am to 6pm
 WED - 10am to 6pm
 THURS - 10am to 8pm (Open late!)
 FRI - 10am to 6pm
 SAT - 10am to 6pm
 SUN - Closed


人気ブログランキングへ
『手芸』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の正午 生放送 | トップ | Loblaws(エグリントン)に行... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。