ひかり

健康の事、環境の事、趣味の事…

ラピニの蒸し煮お浸し風

2017年04月19日 | 料理レシピ(ビーガン)


今日は、春らしくラピニの小さなおかずです。

春らしくと言っても、トロントでは、年中手に入る野菜で、
日本の菜の花に似た野菜です。(あるサイトでは、ラピニ=菜の花となっています。)
年中手に入るのですが、輸入ものなので、新鮮そうな状態のものを見つけるのが難しく、
良さそうなものがあると、必ず買ってくる野菜です。

さて、今日は、蒸し煮をして、ゴマと醤油をかけるだけの簡単料理です。
茹でるのと違って、蒸し煮ですので、絞る必要もなく、旨味も詰まって美味しいです。
レシピを書くほどではないのですが、簡単に書いておきます。

(作り方)
 茎の太い部分と、葉の部分を分け、先に茎の部分を調理します。
 鍋に茎の部分を入れ、蓋をし加熱します。
 火加減例は、強火1分→強中火2分→中火3分→弱中火4分
 (電気コンロ使用の場合です。)
 焦げないように時々まぜなから火を通し、
 茎の部分がある程度火が通ったら、葉の部分を入れます。
 火が通ったら、火からおろし、蓋を開けて蒸気を飛ばす。
 時々、かき混ぜて、効率よく水分を飛ばして出来上がり。

茹でる場合は、茹であがった後に冷水に入れたりしますが、
この場合は、その工程は省いても十分きれいな緑色です。
但し、熱いうちに鍋の蓋をしてしまうと、色が変わってしまうので、
必ず、蓋を開けた状態で冷ましてください。

沢山出来ますので、翌日、パスタに入れたり、さっと炒め物にしたりしてもいいかも。


では、また明日。
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります様に…。
と言うよりも、
皆さんの今、そして未来も、皆さんにとって幸せな時であります。
(それが必ず実現される為に、”祈り”ではなく、”そうである”と断言しました。)



人気ブログランキング
ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男性用カーディガン2着目 ... | トップ | チーズマカロニじゃないよ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。