590000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



LIONを観てきましたなり〜







今日はなみちゃんと映画を観て来ました。
インドで迷子になった少年がオーストラリアの夫婦に引き取られて、25年後にインドにいる母親を探し当てる、とまぁまこんな話です。
いやー、しかし、前半迷子になって彷徨い、施設に保護されてつう部分が何とも遣り切れないのよ。
親切に近づいてきた良からぬ大人に、(性の奴隷として)売られそうになったり…
収容された施設では、暴力や性的虐待が日常茶飯事に行われてたりとかね。
おかしくなっていく子供達見てて、胸が締め付けられそうになる。
ハッピーエンドだと知ってたし、映画だから最後まで観たけど、DVDを借りて家で観てたら、途中で挫折してたと思う。
監督は25年かけて奇跡の再会を果たした男性を描きたかったんじゃなくて、この現実を描きたかったんじゃないかとさえ思ったよ。
インドでは迷子になる子供は年間8万人だってよ。
↑最後にクレジットで出てた。
何人の子供が売られ、しょうもない大人の性の犠牲になってんだろ。
生まれる場所を選べない子供達、己の幸運にただただ感謝したよ。
そうそう。
ニコール・キッドマンがめちゃくちゃいいよ。
若い頃も年老いてからも、どちらも違和感なく演じてた。
慈悲深く、息子達を愛し心配する普通の母をすごく自然に演じてたと思う。
弱くて強い普通の母をね。
いやー、久しぶりにガツンと映画を観た感じ。
泣きたいけど、どよーんとした気持ちで映画館を出るのが嫌、と言う方にはオススメの映画よ。
って!どんな人やねん。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« マカロンを作... 名古屋食い倒... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。