625000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



快気祝いなり〜







今日は鍼灸の日でした。
効いてるんだか効いてないんだかわかんないんですけど、前払いした施術があと3回残っているので、年内一杯通うことになりそうです。
前回めっちゃ痛かった頭への鍼は、チクッともしませんでした。
やっぱり、前回は失敗してんではなかろうか。(笑
って!信用しろって!
ハハハ。
ムラカミーチェも一緒に行ったんだけど、「寒い、寒い」とうるさく言ってたのね。
「オイオイ、何枚着とんねん」と心の中で思ってたら、今日は今季一番の冷え込みだって?
あらー、ごめんなさいよ。
うん?もしかして?
どうやら、自分は更年期で寒さを感じないらしい。
↑車での移動だったので、コートすら持たずに外に出てた。(恥
いやーん。

さて、施術が終わったあとはランチ〜。
夏からムラカミーチェ「お肉を食べに行こう」と誘われてたんだけど、楽しくお肉を食べる気分にはなれなかったからさぁ。
「良くなったら行きましょう」とずっと保留にしてたの。
で、今日、ムラカミーチェ「もう行けるんじゃない?」と。
ええ、ようやく「大善」に辿り着けました。
もちろん、昼から焼肉、ブランド牛食べ比べ。
前沢牛、宮崎牛2種。
いろいろ説明してもらったんだけどー、忘れた。
一番右の宮崎牛のお腹の肉(だったと思う)が、今日の一番だったわ。
前に宮崎牛は質の割にブランド力がないから価値が低い、みたいなことを聞いたことがあるんだけど、本当かも。
↑全国1位とか獲ってるのに、気の毒なお肉だって。
うん、確かに甘くてトロけるような美味しさだった。
松阪牛、飛騨牛、いわき牛、宮崎牛。
松阪牛はサーロインで、飛騨牛はイチボ(?)、いわき牛はランプだったと思う。
最後の宮崎牛はタレに揉んで漬けてあるものだったんだけど、私には少し甘い味付けだったわ。
なんだろ、宮崎牛のええお肉が仕入れられたのかなぁ。
宮崎牛祭りじゃん。
どの部位も美味しゅうございましたよ。
今度お肉屋さんに行ったら、宮崎牛を選んでみるのもいいかも。
って!こっちでは豚肉しか買わないじゃーん。
ふふふ、そうでした。
そして、お楽しみのデザート。
メロンにイチゴ、ゴールデンキーウイ、シャインマスカットと巨峰系の葡萄。
こうやって写真でみると普通のフルーツだけど、どれも驚くほど美味しいのよ。
ここはフルーツも小売りしてて、その育ちの良さと品質管理には感心してるんだよね。
前に一つ2000円くらいのラ・フランスを買ってみたんだけど、それまで食べてたものが何だったの?ってくらい味が違ったの。
食べどきのものドンピシャリ出すようにしてるんだって。
それ以来、大善のフルーツ仕入れ担当のお兄さんには一目置いてるんだよねー。
今日もショーケースの中の1箱1万円の育ちのええイチゴを横目に見ながら、「贅沢は敵」と帰って来ました。(笑)
昼から散々肉を食っておいてよく言うよ。
ハハハ。
ふふ、ムラカミーチェにご馳走になりました。
快気祝いだって。
あー、ほんまに回復してよかったー。

家に戻って来たら、miwasukeさんからデザートが届いていました。
毎年送って下さるこの市田柿のミルフィーユ、なかなか癖になるものなのよ。
市田柿にバターが挟んであるだけのシンプルなものなんだけど、めっちゃ美味しいの。
素材が良ければそれだけでいい、という見本みたいなものね。
結局、人が欲する、美味しいと感じるのはそういうところなのね。
今年も楽しませて頂きます。
いつもありがとうございます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )