星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

墓じまい

2016-10-14 21:32:21 | 霊障と病気
先日、テレビで墓じまいをしている業者やお寺の番組を見ました。

そこは、業者が墓じまいをした墓石を集積した、いわゆる「墓の墓場」となった場所で、ある住職がお金をもらってそこを管理しているのだそうです。

墓石が大量に並んだその姿は「異様」としか表現できませんでした。


以前、星椎水精先生が講話で「お墓は、霊にとってはマンションのようなものである」と言っておられたのを思い出しました。

墓じまいをしてお墓を撤去するという事は「そこにいる先祖霊たちの居場所を奪うという事になる」とおっしゃってもおられました。

肉体のある我々に置き換えると、今現在住んでいる家を急に「出ていけ!」と言われているのと同じことで、そんなことをされればそこにいる先祖さん達がとても怒るそうです。(当たり前ですよね)

仮に星椎水精先生の浄霊によりご先祖さんが成仏している事、星椎水精先生によるご先祖さんへの「お断り」等が行われているのなら話は別ですが、ほとんどの先祖さんは成仏していないし、本当の「お断り」がされていないため、墓じまいによって先祖霊が暴れ狂うそうです。

墓石の置き場も強烈な霊ゾーンとなるでしょうし、良いことは一つもありません。

生きている人間の都合で勝手に行うこの「墓じまい」という行為は、先祖霊を無視したとても恐ろしいものだという事を、もっと理解する時期に来ていると思います。



ところで、墓じまいをするお坊さんの姿を見てふと思ったのですが、そもそもの仏教にはお墓や位牌というものは存在していませんでした。

インドから中国を通って伝わったときにお墓が、そして儒教の関係で位牌が入ってきたそうなのですが、問題は僧侶が行う「お墓の魂抜き」などの儀式です。

彼らは仏壇やお墓の魂入れなどのことをするようですが、そこで用いられるのはお経ですよね!?

お釈迦様はお墓のことは言っておられないし、お経も中身はお釈迦様の言っておられことをまとめたもので、決してすごい力を秘めた呪文などではありません。

そもそもお墓の概念がない仏教において、お墓を前にお釈迦様のおっしゃったことをまとめたお経を読む???

これはいかがなものでしょうか?

さっぱり意味が分かりません。

このように考えると、見かけや思い込みや”常識”というものにとらわれすぎていて、世間の人はかなり間違ったことをしているのだと気づかされますよね!

そのようなものに惑わされないためにも、心眼を磨き、真実を見抜く必要があります。

現代人の「ご先祖さま」に対する感謝の念が失われていることが、この様な様々な悪い事態を招いている要因の一つでもあるように思います。

今後は、霊に対する正しい知識を持つことが、解決の第一歩でしょう。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界



『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年のカレンダー | トップ | 水子供養 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。