星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

ユアペディアと幸福の科学

2012-03-16 13:57:13 | ユアペディアの正体
パクリ疑惑を耳にした次の日、別のある方から、「ユアペディアで星椎水精先生の批判記事を書いていた犯人がわかったと、あるサイトに載っていた」という連絡がありました。

言われた通り、そのサイト≫星椎水精を批判するYourpediaの正体:ここをクリック を見てみると、犯人と思われる人物の写真も載っていました。(まだご覧になっていない方は、見てみて下さい。)

私はその頃の事をよく知らないのですが、昔(2007年ごろ?)はユアペディアというものがまだ存在しておらず、ウィキペディアが百科事典としてありました。そこに、今のユアペディア同様に、星椎水精先生の誹謗中傷記事を書いていた人物がいたようで、その時は星椎先生のページが削除されたようです。(当たり前ですよね。中身は公益性のある辞典ではなく、誹謗中傷なのですから)

当時、どんな人物がこの記事を書いていたのか調べたら、なんと「精神障害者○級の人物だ」という報告が来たそうです。

精神病患者ですよ!偉そうに批判していた人間が!驚きますよね。ということは、どれだけ信憑性がないか、わかるでしょう!

ですが、匿名性のインターネットの世界では、このように偉そうに批判している人間がどのような人物であるかわからないため、調べてみてはじめて、こようなの精神障害者が犯人であるとがわかることが多いのです。

これがインターネットのマイナスの面ですが、ネットで偉そうに人の批判をする奴ほど、このような異常者である確率が高いようです。

星椎水精先生のページを削除され、さらにいろんな問題行動でウィキペディアでマークされ、そして追放されたのが、この精神障害者の大野晋吾(通称Mikomaid)という男だそうです。

ウィキペディアを追放されたその後に、吉本がユアペディアを作り、そこで大野は星椎水精先生の誹謗中傷を続けたのです!

まぁ、ユアペディアの星椎先生の数々の誹謗中傷を見ればわかりますが、被害妄想が激しいし、ほとんどが妄想の文章で支離滅裂で、明らかに普通の人が書いていないのは容易に想像できましたが、ここまで酷い人物だとは正直思いませんでした・・。

ユアペディア、そして悪徳商法マニアックスで偉そうに星椎先生を批判した吉本敏洋同様に、この大野晋吾(Mikomaid)もネットで検索すると、膨大な数の大野晋吾の批判記事が出てきます。要はそれだけ、世の中の人間から嫌われている人間、社会に適合できない人間である証拠です。

(ふんどしとか巫女とかっていう単語がよく出てきますが、もうわけがわかりません。ハッキリ言って変態ですね、気持ち悪い・・。この辺が、異常者特有の雰囲気というか、近づきがたいオーラを放っていますよね。)

偉そうに星椎水精先生を批判してきたのが、こんな精神病患者ですよ。し・か・も、批判の内容からわかる通り、「幸福の科学信者」です。

ふざけてますよね!!


そのサイトにも書かれてありましたが、随所に大川隆法を擁護するもの、対比するもの、そして幸福の科学内でしか通用しない人物の列挙など、数え上げればキリがありません。

世間で「自分は至高神である。救世主である。釈迦の生まれ変わりである。」って言っている教祖の団体が、あのような汚らしい批判のページを作らせ、一人の善良な人間を誹謗中傷しているのです。

これのどこが、「人類救済」なのでしょうか?立派なのは言葉だけで、やっていることはこんなに低レベルな、汚い団体なのです。

これが、幸福の科学の正体でしょう!


星椎水精先生は、このようなくだらないものは歯牙にもかけられませんが、星椎先生に助けていただいている者としては、ニセモノ風情が偉そうに星椎先生を批判したり、邪魔したりするのが本当に許せないんですよね。誰の批判、邪魔をしているのか、まるでわかってない。

星椎水精先生は、その辺の霊能者なんかじゃないんだよぉ~。怒らせたら怖いのを、知らないようです。


以前も書きましたが、星椎先生の邪魔をするということは、星椎水精先生を応援されいらっしゃる天上の神々を侮辱する事と同じであり、さらに自分の先祖に助かる道を自ら閉ざすということです。

そうなればもちろん、先祖さんが怒り狂うでしょうね。霊症は激しくなる一方で、原因不明の病気になるかもしれないし、事故や突然の不幸にさいなまれるかもしれませんね。家族の中に、発狂するものも出てくるかもしれません。


しかしそれらは、星椎先生ならびに神々を侮辱したことであり、それは天に向かってツバを吐いた事と同じであるから、自業自得です。

この大野が書いたと思われる文章に、このようなものがありました。

「先祖供養は、こんなケチな人物ではなく、浅草寺・新勝寺・平間寺・高幡不動尊・等で祈祷してもらいましょう」

ですって。

本当の先祖供養が何なのかを、あれだけ星椎先生のコラムなどを入念に調べていても、世の中には星椎先生の文章の意味を理解できない人間が本当にいるんですね~。

上記の文章こそ、私から見れば自分の先祖さんたちに対する“宣戦布告”以外の何物でもありません。「先祖なんか知らないよ」「助けないよ!」って言っているわけですからね!今後、先祖さんがより一層暴れることになるでしょう。

さらに、星椎先生の邪魔をしたことで、神々からの神罰が下り、一層頭がおかしくなるかもしれません。(神罰は本当に怖いですよ!どうしようも出来ないですから!)

この大野という男も、精神病というほどですから、先祖も暴れているだろうし、もともとのカルマもとても大きいと思います。そんな人間が、星椎先生の妨害をしたわけだから、もうこいつは終わりでしょう!

今後、この男を含め、星椎先生の邪魔をしたもの達はいろんな不幸に襲われるでしょうが、それらはすべて先祖を無視した結果であり、神罰に他ならないのです。

この者たちが今後どのような不幸な末路を歩んでいくのか・・?

もちろんこれから先、死んでからも十分苦しみ続けていくのはわかりきっていますけどね!


≫星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら


クリックしてね !!
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アトランティスとユアペディアについて

2011-08-30 14:11:31 | ユアペディアの正体
(悪魔祓いの解説も佳境に入ってきたのですが、先に星椎水精先生のコラムについて書きます。悪魔祓いの続きは、また追って書きますので、ぜひご覧になってください)

昨日と本日の星椎水精先生のコラムには、某宗教団体がアトランティスについて書いた本についての事が、書かれてありました。

実は今回の話の発端は、私が先日用事で本屋に行ったところ、アトランティスについて書いてあるその宗教団体の本を発見した事に始まります。

本を開いて中を見たのですが、あまりの空白の多さや字が大きい事に、まず驚かされました。(少ない文章で、なんとか本にしようとしている感じを受けました。)

ですがタイトルが「アトランティス文明の真相」というモノでしたので、「星椎水精先生以外にも、アトランティスについて書く人間がいるんだー。どんなことが書いてあるか読んでみよう!」と思い、私が買ったのでした。

ですが、家に帰って読んでみたところ、書いてある内容がどうも様子がおかしいというか、意味不明な点が多かったので、今回星椎水精先生に私がお聞きしたのです。

内容ですが、チラッとしか見ていないので詳しいことはよくわからないのですが、その本によると、なんでも「大導師トス」なる人物がアトランティスにおり、その人物のお陰でアトランティスの文明が飛躍的に発展したそうなのです。以下、その本より抜粋しますが、『トスは宗教家、政治家、哲学者、科学者、芸術家等、様々な分野を統合された超天才であり、全知全能の主と呼ばれていた。』のだそうです。

さらに、そのトスとは、エ○・カンターレの一部であり、釈迦の生まれ変わりと自称する某宗教団体の総帥O川氏のことであるそうなのです。(若干、ニュアンスが違うかもしれませんが、要はこれらの歴史上の偉人は、全て自分の分身、もしくは自分自身であると言いたいようです。)
この部分が、昨日星椎先生がコラムで書かれていた、「そこの代表が最高だと言う誇張」という意味だと思います。
(なんでもかんでも、素晴らしいものはすべて自分、もしくは自分に関係のあるものだという、新興宗教によくありがちな“都合のよい考えや主張”ですね!)


そういえばYourpedia(ユアペディア)の星椎水精先生のページに、「トスやアガシャーについて何も書いていない」と書いてありました。私にとっては、「トスって誰??」という感じでしたが、ユアペディアが妙にこだわっていたため、それが不思議でしょうがなかったのです。

ですが今回の件で、この理由がハッキリしたのです!

実はこの本の冒頭に、「大導師トスは、“幸○の科学”では有名である」との記載もありました。確かにこのトスという言葉をネットで検索すると、「幸福の○学」関連のページばかり表示されます。逆に言うと、そこの宗教団体以外の人は、大導師トスやアガシャー大王について知らないのが当たり前ということになります。(私も初耳でしたから・・)

ということは、必然的に、そのユアペディアというサイトを使って星椎水精先生の落書き同然の誹謗中傷をしているのは、この“幸福○科学”だということになります。だって「トス」とは、幸福の科○しか知らない人物ですもんね。(星椎水精先生に対し、妨害や嫌がらせをしている犯人が誰なのか、自分で明かしているようなものです・・。)

さらに、そこの代表は釈迦様の生まれ変わりと自称しており、「自分自身も、'81に大悟した」と言っています。

これを聞いて、わかる人は「この人は大悟の意味を全く理解していないで、使っているのだ!」ということに気付くと思います。

釈迦さまは大悟されましたが、大悟するということは魂が大きく成長し、輪廻転生の環から外れる事を意味します。卒業するというか。だから、釈迦さまは2度と転生することはないのです!経本にも、それがしっかりと書かれてあるではないですか!

にもかかわらず、このような嘘を平気でつくと、頭がやられると星椎先生はおっしゃっておられます。これはまさしく、“神罰!”に他ならないのです。


クリックしてね !!

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加