星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

小林麻央さんの死 

2017-06-26 01:31:48 | 霊障と病気
先日、突然に小林麻央さんの訃報が報道され、驚いた方も多いと思います。

かくいう私も、Yahoo!ニュースなどで発表のある前から死去に関する話が出ていたので、実際に報道されたときは驚きと、何とも言えない心を締め付けられるような悲しみがありました。

ワイドショーなどでも取り上げられていましたが、気になったのは、コメンテーターたちが声を震わせ涙を流し、麻央さんの死を悲しんでいたことでした。

何もわからない人たちにとっては、「亡くなった麻央さんのことや、遺された子どもたちのことを考えると悲しくてしょうがない」と思うでしょうが、私が言いたいのは、その「悲しみ」や「涙」の正体は一体何なのか?ということです。

「人が死んだのだから、悲しむのは当然ではないか」というのは、表面的なことでしかありません。

そうではなく、星椎水精先生がおっしゃる、「その涙は、誰の涙なのか?」ということが一番重要なのです。

つまり、その悲しみは泣いているコメンテーターたちのものではなく、「亡くなった人の無念さ」であり、成仏できない霊に憑依されている状態でもあるそうです。

姫路さんがおっしゃっておられましたが、「子どもを遺して逝っては、さぞ無念だろう」と夫の海老蔵さんが言ったそうですが、そのような非常に無念な状態で、どうして成仏できる(天国に行った)と思うのでしょうか?

子どもの晴れ舞台を見たかった!

あと何年か生きたかった!

と強く想い、未練を残したままで亡くなっていれば、成仏など到底出来るはずがありません。

さらに、仮に、世間の人たちが考えるように、死んだら自動的に天国行きになり、末裔を見守っていてくれているとしたら、なぜそこで悲しむ必要があるのでしょうか?

本当に成仏している(天国に行っている)というのであれば、悲しい気持ちになるはずがないではありませんか!

逆に、「天国に行けてよかったね。おめでとう!」となっても良いと思いますが、実際はそのようなことを言う人はいないですよね。

それはつまり、「その考え(死んだら自動的に成仏する)という考えが間違っており、実際は成仏していないから」に他なりません。

だから、そういうことを言う人も、言える雰囲気にもならないのだと思います。「不謹慎だ」と。

これらの状況は、私たちの身の回りに溢れている光景ですが、この重苦しく暗い雰囲気というのは、成仏していない典型的な例と言えます。

霊が本当に成仏すると、このような悲しい気持ちには一切なりません!

星椎水精先生の浄霊を受けた人たちであればお判りでしょうが、浄霊により成仏すると、本当に卒業式を迎えるような、とても清清しい気持ち になりますよね。

ですから、浄霊を受け成仏された先祖さんたちや申し込まれた末裔の方たちには、こう言うのです。

「本日はご先祖様の成仏、誠におめでとうございます」と。

しかし残念ながら今回の小林麻央さんは、星椎水精先生がコラムで書かれておられたように、成仏することはなく、海老蔵さんに憑依していくことになるようです。

しかも「ガン」で亡くなっておられますから、相当重い魂となるようです。

もし仮に、ガンが発覚したときに星椎水精先生に辿り着き、先祖供養(先祖の浄霊)を全て出来ていれば、結果は全く違ったと私は確信しています。

難病が完治した、ガンが治ったという多くの体験談が、それを証明しています。(super浄霊体験談 参照)

つい最近も、18mmのガンが、浄霊後には消えていたという体験談があったばかりですからね。

しかしながら、富や名声というものと、星椎水精先生に辿り着き浄霊を許可されるという2つは、同時に選べないのかもしれないなとも思いました。

「たら」「れば」というのはなく、全て計算された世界なのだそうですので、やはり今回のことも決まっていたことなのかもしれませんね。

残念ながら、星椎水精先生を一介の霊能者程度にしか見ていない人があまりにも多いということでしょう。

本物を見抜く力、さらには浄霊を理解できる霊感や霊格、そして「徳」が大事なのだと、つくづく感じました。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

宗教の本質

2017-06-22 19:52:40 | 宗教ビジネス
先日の星椎水精先生のコラムのコメント、とても良かったですね!

中でも、

「伝承は言葉ではなく心である。魂も心である。死後の世界も心で動くことを忘れてはならない。」

という最後の一文が、とても心に残りました。

最近の宗教は、宗教の意味をなしていないものばかりではないかと強く思います。

一日何回もお祈りばかりをしている宗教もあれば、教祖を神の様に扱う新興宗教もある。

生きている時はいいかもしれませんが、彼らが死んだとき、自分が今まで信じてきた宗教がニセモノであったことに気づくわけです。

そうしてその先に待っているのは、成仏できない苦しみや生前の病気などの痛みです。

なんと憐れなのかと思いますが、なぜそうなるのかといえば、そこに「心がないから」なのではないでしょうか。

例えば既存の宗教でも、釈迦さまやキリストが説いたことが、全て正しく伝わっているのかといえば、甚だ疑問です。

生きている人間の都合で、無理やり解釈を変えたものも多数あると思いますし、現在信仰している人たちでも、その宗教がどういう教えなのかしっかり理解していない人も多くいると聞きます。

さらに新興宗教はといえば、ほとんどがお金目的の宗教ビジネスです。

そこにあるのは欲だけで、「心」がないように思います。

そのような心がない宗教というのは、存在意義がないと思うのです。

『 迷える人を救えない。』

つまりは、迷える霊(成仏出来ない霊)を救うことができないわけですから、私は宗教が、本来の役目を全く果たしていないと思います。

宗教では、霊を救う事は出来ません。

それをしっかり見極めないと、死後に後悔することとなるでしょう。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊発売!

2017-06-20 19:47:42 | お知らせ
本日の星椎水精先生のコラムにも紹介されていましたが、新刊「SUPER浄霊9」が発売されました。



「SUPER浄霊シリーズ」は、星椎水精先生のコラムや体験談などが凝縮されており、我々浄霊(先祖供養)を頑張る人たちの基本となる本です。

ぜひお読みなって、勉強していただきたいと思います。

そして、よく姫路さんがおっしゃるように、毎日一行ずつでもいいので、必ず星椎先生の本を読むようにしてください。

ただ文字を読むのでは意味がありません。

内容を理解するように読むと、仮に最初はわからなくとも、1ヶ月後、半年後、1年後に読んだときにそれが理解出来たり、またはある日突然わかるときが訪れるはずです。

それは、あなたの魂が学んで成長し、レベルアップしたことを意味するのです。

このような『本からの学び』、『浄霊を通しての学び』、そして『日々の生活からの学び』により、私達の本体である魂がどんどん成長していくのだと思います。

それこそが魂の喜びではないでしょうか。

それが味わえるのは、唯一無二、星椎水精先生の浄霊だけです。


本の注文、お待ちしております!


ご注文はこちらから:ショッピングページ

星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗教の勧誘

2017-06-15 20:22:20 | 宗教ビジネス
本日の星椎水精先生のコラムに、宗教の勧誘のことが書かれてありましたね。

そこに書かれてあった不幸ごとの数々も、全て霊障が大きく関係しているのは明白です。

先祖霊が助けを求めてすがって来ているのに、それがわからず、「考え方を変えましょう」といったトンチンカンなことをしているのが、現在の時代と合っていない宗教の姿ではないでしょうか。

「考え方が変わったので、楽になった」という人も中にはいるのかもしれませんが、果たしてそれがいつまでもつのやら?

キレイゴトでは決して解決しないのが、いずれ身をもって知ることとなるでしょう。

それが現代の宗教(新興宗教含む)の限界です。


多くの人が悩み、苦しむ問題が至るところにあると思います。

病気であったり事故であったり、またはお金や人間関係の問題など、本当に人それぞれ違いますし、多種多様です。

しかしそこには、先祖さんからの強烈なSOSのサインが含まれているのです。

ですから、そこで必要なのは、助けを求めている先祖の皆さんからの「サイン」に気づき、助けてあげる(成仏)ことなのです。

つまり、星椎水精先生の浄霊(先祖供養)ですね!

考え方を変えたからといって、先祖が成仏するわけでも、霊障が取れるわけでもありません。

如何に宗教というものが、宗教の意味をなしていないか、そして力がないかがよくわかるお話だ、と得心できた本日の星椎水精先生のコラムでした。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の浄霊(2017年6月)

2017-06-13 19:44:28 | 浄霊
本日の11時より、アトランティス教会にて星椎水精先生の浄霊(先祖供養)が執り行われました。

武士の方や各ご家庭のご先祖様、そしてペットたちの浄霊が滞りなく執り行われ、皆さま無事に成仏されたそうです。

依頼者の皆さま、ご先祖様方の成仏、誠におめでとうございました!


こちら九州は梅雨入りしておりますが、今日はとてもすっきりとした晴れの天気でした。

まさに、今日成仏を迎えられたご先祖様達のお気持ちを表しているに違いないと感じました。

それほど、今まで置かれていた状況が苦しかったのだという事でもあります。

本当に、皆さんよい人助けをしておられるのだなと思いました。


さて、次回の浄霊ですが、

 7月12日(水)

に行われます。

貴重な浄霊の日となりますので、お申し込みのチャンスを逃さぬよう、お早目にお申し込みください。
(申し込みの締め切りは、浄霊の3日前となります。)

本日はご先祖様方の成仏、誠におめでとうございました!



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

コメント
この記事をはてなブックマークに追加