星椎水精とは -本物の浄霊(先祖供養)で最高の幸せを手にした人たち

本物の浄霊で、多くの人を救ってこられた星椎水精先生を紹介するブログです。正しい先祖供養が「本当の幸福」への第一歩です。

阪神淡路大震災

2017-01-17 19:48:22 | 天変地異
今日は1月17日、阪神淡路大震災から22年が経ちました。

朝からテレビで現地の様子が映し出され、黙とうしているシーンなどが放映されていました。

ただ気になったのが、未だに祈りを捧げながら”泣いている”人がいることでした。

22年もたっているのに、震災で亡くなった人のことを想うと涙が出る…。

やはり、どこか違和感がありますよね。

この光景を目にして、星椎水精先生がおっしゃっておられる

「亡くなった人のことを考えた時に悲しくなるのは、その人ではなく、亡くなった人が悲しんでいる」

というお言葉の意味がハッキリとわかりました。

つまり、亡くなった人が成仏出来ず、自分の身内などに憑依して訴えかけているので、生きている人が悲しくて涙を流すわけです。

「もっと生きたかった」「苦しい」などの”無念”の波動ですね。

ですから、「天国で見守っていてくれている」はずなのに、「悲しい」というこの矛盾は一体何なのか、ということに対し、もっともっと世間の人は真剣に目を向けていく必要があります!


さて、姫路さんがよく仰ってられるのですが、

「復興は、目に見えない部分もしなくてはいけない」

のです。

阪神淡路大震災を例に挙げてみても、目に見える部分の再建は出来ても、目に見えない部分が放置されたままの状態です。

つまり、犠牲者の方たちが一向に成仏できていないため、地場は重苦しく悪くなり、亡くなった霊に憑依されますます霊障が酷く なるなど、マイナスがマイナスを呼ぶ悪循環が起こっているので、健全な状態ではないわけです。

仮に目に見えたとしたら、映画「バイオハザード」に出てくるような、ゾンビが荒廃した街を闊歩するようなカンジでしょうか。

それは、正に復興とは真逆です。

ですから、目に見えない部分の復興(星椎水精先生の浄霊による成仏)があって初めて、「本当に復興した」と言えるのです。

片手落ちの現在の復興では、意味のない事です。

ですから、未だに神戸の震災で家族を失った人達には、本当の「復興」=幸せにはほど遠いものが魂にあるのです。

それは、残された者の魂というより、震災で亡くなった魂のもがきに他ならないでしょう。


星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご利益

2017-01-13 20:50:10 | 宗教ビジネス
先日の星椎水精先生のコラムに「神社には神様がいない」と言ったことが書かれてありましたね。

これは以前より星椎水精先生がおっしゃっておられたことで、昨年の熊本地震による阿蘇神社の倒壊を見てもわかりますが、本当に神社に力があれば(神様がいらっしゃれば)、あのような事にはならないそうです。

これは、もちろん他の神社にも当てはまります。(星椎水精先生以外、誰も言いませんがね。)

神様が不在である見かけが立派なだけの神社に、一体何をお願いしに行くのだろうか?と私は常々思います。


さて、こちら福岡県には、太宰府天満宮という菅原道真公をお祀りした有名な神社があります。

「天神様」とも呼ばれているそうですが、こちらは「学問の神様」として有名ですね。

ですから、受験生の人などがよく初詣や合格祈願に来るみたいです。(今年の参拝は、やはりとても多かったようです)

しかし、です。

もう数年前になりますが、星椎水精先生がコラムで「こちらに頼られても困る」と星椎先生により浄霊された菅原道真公が言っていると書かれておられました。

つまり、学問の神様として祀られているけれども、そのような力はなく、自分の力で努力しなければならないよ!ということをおっしゃっておられたそうです。

そこで、菅原道真公がなぜ「学問の神様」として祀られるようになったのかを調べてみました。


『 菅原道真公は、もともと中流貴族の学者の家系で、大変頭の良い人で、天皇を中心とした理想の政治体系を作ろうとし、時の天皇の宇多天皇に重用され、次々と功績を重ね、実質閣僚ナンバー2の右大臣まで上り詰めました。

しかし、出る杭はうたれるもので、「家柄も身分も良くないくせに出世しやがって」と妬む人間や、自分たちが実権を握りたい藤原氏や中下級貴族が、道真公を蹴落とす算段を立てました。

宇多天皇の次に天皇になった醍醐天皇に、「道真はあなたを天皇の座から引きずり下ろそうとしている」と噓をつき、醍醐天皇は怒って、道真公の弁明も聞かず左遷や謹慎にしてしまい、道真公の子供のうち4人を島流しにしてしまいました。

道真公は、左遷先の大宰府で故郷を思いながら、醍醐天皇の恩赦を待ち続けましたが、2年後に願いかなわず亡くなりました。

しかしその後、京都では異変が相次ぎました。

まず、藤原時平の病死。醍醐天皇の息子で時平の甥の次期天皇(東宮。今で言えば皇太子)の死亡。急遽東宮に内定したその息子の死亡。

さらに、御所の建物に落雷が落ちて、道真公の左遷に関わったとされる朝廷の重要ポストにいた人たちに多数の死傷者が出ました。

「これはきっと、陥れられた道真の怨念に違いない」

と思い当たる節も多かった人たちは、怨霊に殺されたくない一心で、道真公の名誉回復のために高い地位を授与しました。

そこで、神様として祀ることで怒りを静めようと考えたのです。

優れた学者で頭が良かったことから、「学問の神様」ともされました。 』


という内容でした。

これを見てもわかるように、要は「生きている人間の都合によって作り上げられた神様」であるという事です。

ですから、「学問の神様」として祀られてはいるが、そのような力はないのです。

道真公が「合格できるかどうかは本人次第。こちらに頼られても困る」とおっしゃっておられることが、見事につながったわけです。

私も星椎水精先生が「道真公がこう言っている」とおっしゃられた後に道真公の経緯を調べたので、すべてが一本の筋に繋がったことに、とても驚いたのを覚えています。


このようなことから、いかに世の中の人が見かけに騙され考えることをせず、真実を見極める力がないのかがわかりますよね。

お金を払って合格祈願をして、もし合格できなかったらどう思うのでしょうか?

「祈願しに行ったのに、何の意味もなかった。」

とまでは考えても、「力がない。あそこの神社はニセモノだ!」と騒ぐ人があまりいないのも逆に不思議です。

私の親戚も、受験生の時に有名な神社にセンター試験前に祈願に行っていましたが、何度も落ちていました。

本当に、無駄なお金と時間を使っていたわけですね…。


これらの事から、見かけや知名度に惑わされない事。

そして、神社へお願いするよりも、まずは自分の先祖さんの浄霊(先祖供養)を一人でも多くしてあげることの方が、どれ程良い事でしょう。

私達は見る目を養い、本物を見極める『心眼』をもっともっと磨いて行かなければなりませんね!




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本物の浄霊

2017-01-11 20:29:56 | 星椎水精先生の浄霊体験談
本日の星椎水精先生のコラムで紹介された体験談は、とても良い内容でしたね!

浄霊をする以前は、風邪をひきやすいなどの虚弱体質だったり、家が殺伐としていたり病人がでたりと、何かと不幸ごとなどで家が荒れてる人がほとんどです。

それが、星椎水精先生の浄霊を続けていくうちに、気がつけば体が強くなっていたり、家の中(人間関係など)が穏やかになっていたりと、状況等が「良い方向」へと変化していくものなのです。

「悪い波動」が浄化され「良い波動」へと向かう。

これが星椎水精先生のみが出来る『本物の浄霊』の力なのです。

もちろんそこには、運気を上げるとか病気を治すなどの「欲」があってはなりません。

基本は「苦しんでいる先祖さんを助けてあげる」ことです。

ですから、難しい反面、皆さんの体験談にあるような奇跡的なことが起こるんですよね!

この「無欲の勝利」を勝ち取る人が、今後もっともっと増えてもらいたいものです。




星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2017-01-10 19:12:25 | 先祖供養
年明けは皆さん、近くの神社に初詣に行かれたことと思います。

私も近所の神社に初詣に行きましたが、今年は特に人が多かったです。

近所の小さな神社ですら、30人ほどが並んでいて、いつもは人がまばらなこの神社でこのような風景を目にするとは全く思いませんでした。

全国的にも、今年は初詣に出かける人が多かったそうです。

やはり不景気により、「神頼み」をする人が増えているのでしょうか?


さて、今年の初詣で並んでいるときの話ですが、私の後ろに40代ぐらいの男性の2人組が並んでいて、境内に書いてあった厄年の話をしていました。

「今年の厄年(前厄や本厄など)は○○年生まれの人です」と書かれてある、あの看板です。

なんでも、彼らの友人が若年性の脳梗塞を発症したらしく、それが厄年の時だったみたいで、「厄年って、お祓いとかした方がいいのだろうか?」といった内容の話をしていました。

それを聞いたときに「厄年がどうとかよりも、『霊障』ですよ!」と心の中で、その会話を聞きながらつくづく思っていました。

悪いことが起こったときに、なにか原因があるのではないかと思い、それがたまたま厄年の年だったからそう思ったのでしょうが、だったら厄年の人はみんな病気を発症することになりますが、現実はそうではありませんよね!

つまり、加齢で弱ってきたときに霊障がたたみこんできて病気を発症したとか、または最近亡くなった強烈な身内の霊に憑依されたとかではないかと推測されます。

そして、さらには生霊や浮遊霊等の憑依も十分に関係してきます。


姫路さんがよくおっしゃいます。

「星椎水精先生の先祖供養(浄霊)をしていれば、厄年なんて関係ない!!」と。

本当にそう思います。

不幸ごとの核にある「先祖が成仏できていない」ということを理解できない限りは、お祓いとか占いとか、そのようなものを信じたり、また頼るしかないのでしょう。

しかし、そのようなことでは何も解決しないことは明白ですし、本質(先祖の浄霊)を理解しない限りは不幸ごとから抜け出すことは不可能です。

後ろの2人組の話を聞きながら、「世の中は迷える子羊たちばかりだな…」と思いました。

正しい道筋に導いてくださる「星椎水精先生の浄霊」に、早く一人でも多くの人が辿りついてもらいたいです。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地震

2017-01-06 21:08:29 | 天変地異
最近、やけに大きな地震が多いですね。

年末、そして年明けにも茨城の方で大きな地震があったばかりですし、その前には、ニュージーランドでも大きな地震がありました。

なんか気味が悪いなと思っていた矢先、本日の星椎水精先生のコラムでまた地震のことが書かれてありました。

アステカのカレンダーには、

「この第五の時代(現代)は火山の大爆発と食糧危機と大地震によって終わるであろう」

と記されているそうです。

「大地震」というのが、なんともリアルです。

実際、日本でもいつ大きな地震が来てもおかしくないと、ずっと言われてきました。

東京の直下型大地震、富士山の噴火、南海トラフと、いずれも近いうちに必ず訪れると言われておりますが、「防災」に力を入れるだけで、肝心な事が全くできていないと思います。

肝心なこととは、もちろん我々が今世でやるべきことの「先祖の浄化」です。

地球が生き物である以上、変化するのは当然ですが、今のまま天変地異を迎えれば、助かるどころか死んでも成仏も転生もできない『魂の消滅』へと向かうのは必至です。

ニュースを見ても、戦争で荒れている中東の話や、世界的な不況の話や、テロや殺人事件など暗い話ばかりです。

身近でも、最近よく聞くのが、払えるはずなのに給食費を払わない親の話や、働けるのに働かないで生活保護をもらいパチンコに行く人の話、または聞いていても腹の立つクレーマーなどの話や、車の運転にしても、自分のことしか考えない危ない運転をよく見かけます。

本当に、自分さえ良ければいいという自分本位の人間がとても増えたように感じます。

これは、魂のレベルがとても低くなっていることを表していると思います。

まさに「世紀末」といえる状況ですから、このような状態では地球がいつ大きな天変地異を起こして「リセット」してもおかしくはない状態にあります!

本来であれば、全ての人が星椎水精先生の行っておられる浄霊を理解し、実践して行かなければならないと思うのですが、そううまくいかないところに「全ての人が助かるわけではない」というメッセージがあるように思います。

助かる人しか助からない、まさに「ノアの方舟(はこぶね)」です。

大きな天変地異が、目前まで迫ってきています。

だからこそ、浄霊を急がなくてはなりません。

全ての人は理解できないのです。

理解できるのは、霊感があって魂のレベルの高い人だけです。

現在、星椎水精先生の下でご先祖の浄霊を行われている末裔の方々に、今年は一層気を引き締めて、浄霊を頑張ってほしいと思います。




余談ですが、ニュージーランドの大地震の後は、日本にも大きな地震が来ると、今までのデータの裏付けがあります。

昨年も大きな地震がニュージーランドでありました。

怖いですね!

もうすでに、のんびりしている暇は、ないのかもしれません。



星椎水精先生のホームページ:先祖供養
携帯版はこちら
見届け役:姫路さんのブログ:こちら

クリックしてね !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加