内和農園ドタバタ日記

夫婦で農業、土木の備忘録てきなことを綴ります。

オーレック WM604AW ウイングモア修理 その1

2016年07月03日 20時16分55秒 | 重機&農機具修理
本体(親)の刃とウイング(子)の刃はぶつからないように位相を90度づらして取り付けます。
先日の修理あたりから位相がずれて当たるようになりました。

宝くじと違って当たって良いことはありません。

もらった時、親のベベルギアは交換しましたが、子はそのまま使ってきたので、そろそろ寿命だらうと開けてみました。

親も子も構造は同じなので分解はお手の物です。

ぱか



軸を逆から入れてベアリングぽんぽんと出します。


スナップリングを外したら、万力に挟んでプラハンの柄の尖った面を使ってテコでぽんぽんと出します。



軸も交換ですね。
スナップの溝つけるの面倒だし。


ついでに子カバーも修理します。

星がいっぱい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤンマ2 | トップ | セカンドハウス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (草猫)
2016-07-04 20:31:50
うちわさん、何でも自分でやっちゃってすごいですね。

自分もモアなどの小物くらいはなんとできるように頑張りたいです。


ウイングモアのカバーは、じつは親父が使いっぱなしでカバー裏の付着する草のカスを掃除せずにあっという間腐食して破損させて交換したんですが…

両側とそれを繋ぐヒンジ部分の棒の3つで四万弱くらいでした。
ヒンジ部の棒は同じ太さのを調達して自分で加工してつくるなら
3万強で済むとおもいます
Re:Unknown (うちわ)
2016-07-05 19:50:20
4万弱か
ヤフオクで中古買ったほうがよさげな感じですね。
僕は、直るから直しますが、2WDのバック付きも魅力的ですよね。

コメントを投稿

重機&農機具修理」カテゴリの最新記事