人間の書

励みの門

4 農耕民族の子は仕事をしないとご飯が食べれない、サラリー民族の子は仕事がない。

2017-06-18 18:11:19 | Weblog
4 農耕民族の子は仕事をしないとご飯が食べれない、サラリー民族の子は仕事がない。
〔お断り:今日は午前中のアルバイトは休みの日。〕

農耕民族の子は仕事をしないと、ご飯が食べれない。
だが、
忍耐、根性、精神力等を養う材料は、いたるところにある。

でもね、
同じ時代に仕事をしないで、ご飯を食べれた子もいた。

どんな処の子だろう?
〔今のサラリー民族の子と同じ環境の子は、どんな子だろう。〕

---------------------------------
その頃、一般的に「げんしゃの子」は仕事をしないで、ご飯が食べれた。
「げんしゃの子」=金持ちの家の子。 〔小さい時は、よく言ってました。〕

=================================
サラリー民族の子に似ている気がします。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
一般論ですが、どことなく似ています。

=================================
仕事をしないで育った子は、どんな宿命なんだろうと思います。

---------------------------------
どんな世の中・時代になっても、毎日が祭りの続きではありません。
〔仕事をしないでご飯を食べられる。〕………

子にとって、
げんしゃの子、サラリー民族の子は似通った運命かも知れません。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3 ぼくらが私が育った頃は... | トップ | 5 人は悩んだり、迷ったり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL