打越正行の研究室 UCHIKOSHI Masayuki's laboratory

このブログでは、広島と沖縄で暴走族・ヤンキーの若者を対象とした参与観察調査をしてきた打越正行の研究を紹介しています。

沖縄で「暴走族のパシリ」になる――調べる社会と調べ方の出会い

2017年06月27日 16時53分43秒 | その他の業績

■打越正行,2017年6月27日,「沖縄で『暴走族のパシリ』になる――調べる社会と調べ方の出会い」『現代ビジネス』(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52067, 2017.6.27)

調査対象社会の特徴と調査方法が、適合的であったために沖縄の暴走族調査は可能となったということについて書きました。

読んでいただければ幸いです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52067
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少年少女の非行問題と支援策 | トップ | 夜から昼に移る――ライフステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他の業績」カテゴリの最新記事