愛媛の伝承文化

民俗学・日本文化論。地域と文化、人間と社会。愛媛、四国を出発点に考えています。大本敬久のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

芸予地震誌の編纂の必要性

2016年10月29日 | 災害の歴史・伝承


愛媛県内の某神社。平成13年の芸予地震によって、境内が大きな被害。その復旧のための寄付者を刻む石碑。

今年は芸予地震から15年。改めて、芸予地震に関する記録、文献を探してみると、実に物足りない。いまのままでは、将来に芸予地震の被災状況を伝えられなくなるのではと、危惧している。『芸予地震誌』の編纂が必要ではないかと思うこの頃。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校生 食育ふるさと料理マル... | TOP | 気ままに南予 むかし町探訪 »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 災害の歴史・伝承