内祝とはどんなこと?

内祝とはどんなこと?
分かりやすく解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

喜ばれる内祝

2012-10-23 15:29:35 | 日記
自動相互リンク
コーヒーを楽しく飲む100の方法
老人ホームでの隠居生活を満足させる
カイロプラクティックをこよなく愛するサイト
専門学校で受ける将来設計
デニムを使ったファッション
ツーリングで日本一周を目指す
歯医者と私とインプラント
お返しとしての内祝は、いまではいろいろなものが贈られている。

ジャンルは問わない、といっても過言ではない。

古くは洗剤・タオルに始まり、商品を選べるカタログギフトなど様々。

大切なのは感謝の気持ちを込めて贈ることだ、といったら元も子もない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内祝の文例

2012-10-23 15:26:31 | 日記
東京・荒川区尾久で木工所を営んでいる猪刈源太郎は、弟・力と亡き妹の子と3人で暮らしている。ずっと独身であったが、近所の小料理屋の女将・節子と結婚する方向で話がまとまろうとしていた。しかし、節子の子・裕は母の再婚に反対。そんな中、結婚の内祝いが行われていたがその日、はるみが「自分は(源太郎の)腹違いの妹」と名乗って源太郎の元を訪れた。源太郎と、その周囲の人々との間に起こる出来事などを描いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内祝とは

2012-10-23 15:22:38 | 日記
今では、内祝は「お返し」の意味で用いられること多いようで、それも間違いではないようですが、
もともとの意味は違ったようです。

その文字のとおり、
内(自分の家族など)のお祝い事、という意味で、それをみなさんにも分けて一緒に喜んで祝ってもらう、というのが本来の意味のようです。

それでも日本語は変わっていく、間違っていたものも正しくなっていく。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加