新規就農

異業種からの農業への転進、山あり谷あり

就農8年目 田舎人の本性?

2017-01-04 19:59:52 | 日記
今の所に来て7年、数少ない親しい人と今日話をしていてがっかりしたことがありました。
集落で色々な事をサポートしてくれるグループがあるのですが、高齢化もあり今年で解散することになりました。
来年以降はそのグループがヘルプしてくれていたことを各部でやることになるので、取捨選択し新しい形を作る必要が
あります。
今年自分が担当している部は初詣の準備をします。来年の新役員への引継ぎが12月25日前後、新役員がその形を考えて実行するには時間が無さ過ぎると思うので、その前に決めておく必要があると自分は思っていたのですが、
その人の発した言葉は、「あたが考えなくていいよ」でした。
この言葉には、他所からきた人間が村のことに口出すな、村のことは地元の人間で考える、そう自分は解釈しました。
どこまで行っても他所からきた人間はよそ者のままなんだと思いました。
I、Jターンで人を募集している県は、そういう人達のコミュニティ(地区)を作ったほうが同じ境遇ということで、
定住率が上がると思う。田舎モンは突き詰めれば、人間性低い。壁作って、自分達のコミュニティを守って、よそ者を都合良く使うことしか考えてないように思える。
鳥取、結構嫌なところだね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就農8年目 穏やかな年明け | トップ | 就農8年目 久々に困る程の雪 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事