新規就農

異業種からの農業への転進、山あり谷あり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

就農2年目 土地が無い

2011-10-03 21:29:58 | 日記
ネギだけの話ではないですが、ネギで言うと2年同じ畑で作ったら畑を休めないと連作障害が出て収量が減ります。なので次の畑が必要になり土地改良区に畑がないか聞きにいきましたが、すぐに使える畑はもう無いと言われました。
荒れた畑がちょっと残ってるぐらいで困っています。使う為に異常に成長した雑草を刈り、トラクターで耕うんする必要がありますが、木も生えているので個人では無理そうなのです。
耕作放棄地があるあるという話しがよく出ますが、素人が農業初めるにはそんな畑ではかなりきついです。
まずは土作りをしてやらないと良い作物もできません。
新規就農考えている人は本当に使える農地はあるか調査しないと大変なことになります。
年になり農業辞めた人の多くは行政(農業委員会等)に貸してもいいよといった話をしません。
貸すにしても知り合いぐらいです。だから、ぱっと見、使われていない農地があっても行政に聞きにいっても
土地が無いということになります。
こういった事は全国的にある話だと思います。
くどいですが、農地探すのは大変なことだと肝に銘じて、就農したい方は頑張ってください。
ちなみに自分は鳥取県倉吉市で農業してます。
もう土地ないよ。







ジャンル:
転職
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就農2年目 ねぎ起し終わり | トップ | 就農2年目 新たな就農希望者達 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。