宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2017/02/22
この日は川口市のラーメン屋さんに行ったあと、帰宅途中に赤羽で途中下車。まるます家への到着は20時ジャスト。



21時閉店のこちら、この時間にも行列ができていてボクは3番目。並んでしばらくして、揚げ物焼き物ラストの声がかかってきました。店内は仕事上がりのサラリーマンなどで盛り上がっています。さすがに回転は悪く、20分ほど待ってようやくカウンターに着席できました。大ジョッキの生ビールをもらって一息つき、アテにはうどぬたをいただきました。



まさに新鮮でシャキシャキとしているうど。美味しいです。そして飲み応えのある大ジョッキをようやく呑み干して、燗酒にシフトします。



長陵というお酒。以前は富久娘だったので、かわいこちゃんという符丁でした。そんなことを思い出しながら、長陵ホットをいただきます。うどぬたをたいらげ、次のアテはどじょうとじをお願いしました。調理場で強火に欠けられる土鍋の様子が確認できます。



注文してそれほど時間がかからず出来上がります。強火で手早く調理、玉子も半熟でいい感じです。まるのどじょうも味わいがあって、燗酒にぴったり。長陵ホットをおかわりして、どじょうとじを堪能します。左隣のお客さんはボクの後ろに並んでいらっしゃった方。同時に入店でしたが、ジャン酎をいきなり注文して、ボクの長陵1本目が終わる頃にすべて呑み干しお会計。カウンターのおねえさんも、もう呑み終わっちゃったのとびっくりされてました。右隣は蒲焼きを堪能されているカップル、女性が席を外したタイミングでさっとお会計を済ませる男性。いいですねえ。そして時刻は21時近くなってきて、2本目の長陵も残り少なくなり、泣きの1本を頼んでみるも、ラストオーダーはとっくに済んでいたのでNG。お会計をお願いしました。



店内にはまだ半分ほどお客さんが残っていました。閉店間際のまるます家を堪能してごちとうさま。



まだまだ賑わっている赤羽一番街をあとにして、京浜東北線に乗り込んだのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 鶯谷といえば... 1年ぶりの酒の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。