宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2006/11/04
(続き)
鶯酒場を出て南千住の陸橋を南へ向かい、しばらく歩くとすぐにまわりの雰囲気がちょっぴり変わってきます。味わい深そうな酒場の看板がちらほら。「朝日銘酒ホール」という魅力的なネーミングの看板には明かりが付いてなく、ほかにもやっていないお店も多数。そんななか、大きな交差点にさしかかりました。



泪橋交差点。あしたのジョーの舞台になった、下町、山谷エリアの玄関ともいうべき場所らしいです。なんだか、泪橋というフレーズにちょっとあこがれていて、ようやく来られたこの場所。何となく感慨深いものがあります。そして信号を渡るとあるセブンイレブンは「世界本店」。以前は立ち飲みの名酒場だったそうですが、閉店してセブンイレブンになってしまったとのこと。それにしてもここが世界の中心といわんばかりの屋号に感心しつつ、さらに南へ進むと右側に目指すお店がありました。



大林。ずっと来たかったお店です。今回、お酉様にご一緒させていただくことになってから、歩く酒場データベースのKさんからS先輩でも大丈夫そうなお店をいろいろとご提案いただいたのですが、なんとしても大林には来たくて半ば強引に南千住集合としてしまったのでした。そしていよいよ暖簾をくぐってお店の中へ。まず、天井の高い思ったより広々とした空間に驚きます。そして、大きなコの字型カウンターの広々としたスペースに、寡黙な店主が迎え入れてくれます。お邪魔しますと、すいている奥の方のカウンターに着席しました。



着席して再度お店をぐるりと眺めます。奥に厨房があるらしい壁には、一面にメニューの短冊。そして右側にはテーブル席がいくつか。その向こうの窓からはとても素敵な庭が眺められるとのことで、Kさんご夫妻からは明るい時間の大林も素敵ですよ、と以前オススメいただいていたのでした。今回は夜なので、それは次回の楽しみにとっておくこととしてまずは酎ハイをいただきます。



注文すると店主が炭酸の栓を抜いて、ちょっとだけグラスに注いでくれて目の前におかれます。そこに残りの炭酸を注入して完成。すっきり味の酎ハイですね。ちなみにCさんは、昔懐かしい赤玉ポートワインを注文されました。一口いただくと、これがまたなんとも言えない甘さのワイン。日本で初めてワインが飲まれた頃の味だそうです。



おかずにはニラ玉と煮こごりを。どちらも安くて美味しい、そして酎ハイのアテにぴったりです。



ほかに焼銀杏もいただきました。手前にある木の棒は、銀杏の殻を割るためのもの。カウンターの内側に、注文したものを持ってくるたびに店主がチョークで線を引いていきます。店内は、徐々にお客さんも増えてきてカウンターも8割くらい埋まりました。テーブルの団体さんを除いてほとんどが一人客。みなさん静かにお酒とお店の雰囲気を楽しんでいます。しかし、寡黙な店主のおかげで終始店内の空気はぴりりと締まった感じ。我々も、心静かにお酒を楽しんで結局2時間。思ったより長居してしまいましたね。最後にあさり汁?をいただいて、ごちそうさまをしました。



お店を出たのが19:30過ぎ。憧れの大林、なんだか心が洗われるような、不思議と居心地のいい酒場でした。初めての憧れのお店をたっぷり満喫できて大満足。すがすがしい気持ちで大林をあとにしたのでした。
(つづく)

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« お酉様呑みツ... お酉様呑みツ... »
 
コメント
 
 
 
非常に残念です。 (JDM)
2006-11-25 16:02:10
いつも楽しく拝見させていただいております。本当に店内を写して載せてしまわれたのですね。大林の中は携帯と撮影は基本的に禁止です。店主の許可をお取りになられて載せられた事を願うばかりです。
 
 
 
失礼しました (uchidaholic)
2006-11-25 17:28:58
JDM様

他にも掲載されてるページを見かけてたので、
写真禁止のお店とは知りませんでした。
ご指摘いただき、ありがとうございます。
 
 
 
乙!デス。 (あか)
2006-11-25 21:12:35
大林さん。レポ乙!でした。素敵なお店ですね。このクリアーな酎ハイは観ていてかなりそそられマスタ。一飲の価値あり!と見ました。でも私にはちょっと敷居が高そう。立石の大林さんに寄らせてもらうことに致します。そのまえにしっかり宇ち入りするつもりです。月曜お邪魔しようかな・・・。そろそろ梅が恋しい!口開け狙います!。



 
 
 
よかったですよ! (uchidaholic)
2006-11-25 22:09:28
あか様

数ある大林の中でも最高峰では?!
あこがれの日本堤大林でした。
一飲の価値あり、まさにその通りです。
ぜんぜん、敷居が高いなんてそんなことないです。
懐の深いお店。
お邪魔しますの心で入れば、まったく問題なし。
寡黙な店主も、大ウェルカムです。
静かにぴりりと呑む、そんな素敵なお店です。
 
 
 
ご参考まで (JDM)
2006-11-26 07:38:36
ご参考までですが、ここの大林は立石や小岩その他の大林が暖簾別け?系列なのに対し、全くの別の大林だそうです。横から大変失礼しました。
 
 
 
ありがとうございます (uchidaholic)
2006-11-26 10:45:56
JDM様

そうなのですね!
「おおばやし」でなく「だいりん」と読むのも
その暖簾わけ系のほうでしょうか。
うーむ、奥が深いです。(^_^;
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。