難消化性デキストリンでは脂肪は減らないが、血糖値の上昇は緩やかになる

2017-04-19 18:57:35 | 健康

難消化性デキストリンは血糖値の上昇を緩やかにするだけで、脂肪は減らぬ。


厚生労働省によると、(以下厚生労働省HPより引用)「食物繊維(難消化性デキストリン)の働きにより、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適しています」「おなかの調子を整えます」と記述があった。

 

血糖値の上昇が緩やかになれば脂肪の生成は減るかもしれぬが、その効果たるや微々たるものだと思う。

自分自身で試してみたところ、効果はよくわからぬ。(継続中)

 

買ったのはこれ↓

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)400g(微顆粒品)【ヘルシーカンパニー】
クリエーター情報なし
大東物産株式会社

 

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)2kg(微顆粒品)(15cc計量スプーン付き)
クリエーター情報なし
大東物産株式会社

400gを使い切り、2kgも追加購入した。

 

 

100円ショップで買った容器に入れて毎食前に数g食べた。食べたという表現で正しいかわからぬ。


「食べて(健康的に)痩せる」という幻想はありえないので、そろそろ目を覚ましたい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

うちだ整体院

【受付】9:00~19:00(土曜は17:00まで)

【定休日】日曜・祝日

埼玉県春日部市内牧4064-6

uchida-seitai@sound.ocn.ne.jp

【電話予約はこちら】070-6672-1699予約は何時でもOK



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレッチボードは安定感で選ぶ | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL