東京五輪 選ばれた後でルール変更なし

選ばれた後でルール変更なしというのもわからないわけでもない。招致のためにプレゼンテーションしたことができないなら、最初から立候補などしなければ良かった。東京五輪で今一番問題になっていることは、開催にかかる巨額な費用だ。費用についてしっかり考えていたのか疑問である。

つまり、巨額な費用を投じて造る施設、開催警備、インフラが、東京都民にとって良いことなのかといことだろう。ボートカヌー競技のために300億円の施設を作ることが都民のためになるのか。それも、招致プレゼンテーションの時の予算をはるかに超えて491億円になり、今は300億円でできるという。あらゆる施設の建築費がかつての予算をはるかに超えている都庁の見積にも疑問がある。

こんなずさんな計画がわかっていたら、東京都民は五輪招致など賛成しなかっただろう。だから問題なのだ。これはIOCの問題ではなく、東京都と日本国の財政問題だと思う。

巨額であれ、都税と国税を使って行われる東京五輪が、都民と国民の喜びと利益になることが一番だと思う。

納得できる正しい出費に誰も異存はないはず。その説明責任は、関係者にあるはずです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« モンテココ ... <トレオリア... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。