アメリカ大統領選挙

アメリカ大統領選に思う。

いま、アメリカでは、次の大統領を選ぶための選挙選が、共和党のトランプ氏と民主党のクリントン女史の間で行われている。

日本でもその模様が報道されるので見ているのだが、どちらの候補もどうなのかなと思う。

アメリカという超大国のトップリーダーがこのふたりのどちらかでしかないという現実に愕然とする。世界の平和や世界の秩序や世界の未来に多大な影響を与える国のリーダーがこんなものなのかなと思う。アメリカってもっと偉大な国だと思っていた。

政治の本質はどんな人がリーダーになるかだと思う。国民が何を考えているかだとも思う。

選挙戦に見えてくるのは、ゴシップ、けなし合い、服装、揚げ足取りのようなディベート論争だ。政策論争が見えてこない。

世界をリードするのは、経済力(金の力)と軍事力だろう。

そんな国に期待することは多い。だからこそ、世界の平和と秩序に貢献する立派な人がリーダーになって欲しいし、アメリカは偉大な国になるはず。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ルイス・フェ... 8町会連合運動会 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。