Hanaの日記

日々の生活を綴ります

2015/10/5

2016年10月17日 | 日記
7:20に起こして起床。
今朝はご飯、梅干し、海苔。
娘は保育園、私は職場へ。

今日職場にて堪忍袋の尾がきれる出来事がありました。

(金)の事ですが、薬品メーカーの方と突然の打ち合わせが入りました。
内容は大腸カメラのパンフレットについて。
他院で使用されているパンフレットを参考にし、手を加えながら進めていきました。
その時に‘軽装で来院して下さい’という文章があり
「私も検査の日にワンピースやスーツで来る方がいるので着替え大変な時もあるし‘軽装で来院下さい’みたいな内容を入れたらいいなと思っていたんです。入れている病院もあるんですね。これいいなぁ。」
と言うと
Tが「そんなドロドロの状態で帰る人なんかいないしそれはいらないんじゃないの。」と言う。
という場面がありました。

今日別の用事で処置室に現れたTが、私を見て外のスタッフもいる前で
「あの話他の人にも聞いたけどおかしいって言ってたよ。」と言い出した。
そして、自分の意見を肯定させたかったのか、その場にいた中で1番ベテランのスタッフにも意見を聞き出し
「うちの旦那もどこに行くにもスーツよ。それはいいんじゃない。」との返事をされた。
するとTが「それおかしいよ。」と言い放ちその場を立ち去りました。

突然の事に驚きました。

笑い者、侮辱(相手を見下し言語や動作などによっては恥ずかしい思いをさせる事)、恥をかかされたと感じました。

以前にも私がメールで仕事の依頼をした事に対して、そこまで言うかというほどメールで責められた事がありました。
私を潰したいのかなと思うほどの内容でした。
その時はこちらにも非があったので仕方なかったのですが…。

そういう言い方、そして言葉の制御ができない人なのだろうとは分かっています。

ただ今回の事で前回と違うのは、前回の事は私にも非がありましたが、今回は‘私の看護観を否定した’ということ。
許せないし、もう受け入れられないと感じました。

こういう時によく私が思うこと。
“私の考えを分かって欲しい”
から相手に伝えたいと思う。
だけど、今回は‘分かって欲しい’と伝えるというよりは‘そんな事をする神経を疑う’となじり私が自尊心を傷付けられたような同様の感覚を味あわせてやりたい。
即ち“傷付けてやりたい”という思いに満ちています。
そんな出来事でした。

勤務終了、お迎えに行って耳鼻科へ行き買い物をして帰宅。

今夜はご飯、お味噌汁、納豆、ブリの照り焼き。

いいウンコさんが出てお風呂。
そして歯磨き。
今日は泣きませんでした。偉かったね。
22:00就寝です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015/10/4 | トップ | 2015/10/7 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。