'ROUND MIDNIGHT
ソウルにジャズ、ボサノバ、そしてビールが大好き(^^)お気に入りの曲やアルバムを紹介しています... ♪
 




昨夜は結成35周年(!)というブラジルの大ベテラン・フュージョン・バンド「Azymuth(アジムス)」を観に、丸の内「Cotton Club」へ〜♪

あわよくばベースの「Alex Malheiros」が愛娘「Sabrina Malheiros」も連れて来ちゃったりするのかな...(?)などという淡い期待を抱いていたものの、管楽器はおろかギタリストもいないマジ「Azymuth」の3人のみ...(^^;)

まあそのへんは、先に公演のあった『Blue Note Tokyo』のサイトや、「金澤寿和」氏の『Light Mellow on the web 〜 turntable diary 〜』で前情報は得ていたけれども...(^^)

そして今回は「Twitter」でお知り合いになった同伴者とともに、初の「Seat C」での観戦...(^^)前から「アソコ良いよなあ〜」と思っていたとおり、真っすぐ向いてほぼ正面ととっても観やすかったっす...(^^)

それではさっそくセット・リストのほうを...(^^)

Azymuth Live at Cotton Club (17. Jun. 2011 1st Set)

01. Club Morocco from album Cascades
02. In My Tree House from album Aurora
03. Hobalala from album Crazy Rhythm
04. Aguas De Marco from album Som Ambiente
05. May I Have This Dance? (Concede-Me Esta Danca?) from album Telecommunication
06. Partido Alto from album Light As A Feather
07. Last Summer In Rio from album Telecommunication
08. Traigem from album Butterfly
09. Fly Over The Horizon (Voo Sobre O Horizinte) from album Light As A Feather

Personnel: Jose Roberto Bertrami (fender rhodes,Synth,piano,vocal), Alex Malheiros (bass,vocal), Ivan Conti (drums,percussion,vocal)



ほぼ定刻にノソノソと現れた3人は、一見そこらにいる普通の外人のオッサン(というかジイサンかもって... 失礼ながら親しみ込めて...笑)

ベースの「アレックス」なんてTシャツにチノパンだし、「イヴァン」も髪は真っ白で、タイトルに使わせてもらった公演広告の画像はいったいいつのものやねん(?)と思わず苦笑...(^^)

しかし演奏が始まれば、そこは活動歴35年の大ベテラン... ♪

ピロピロと涼しげに響く「ベルトラミ」のフェンダー・ローズ(時折入るシンセがまたなんとも効果的...^^)はもとより、「超絶」とは言わないまでも、スラップを駆使した「アレックス」の多彩なベース、時には重く、時には優しく抑制の効いた「イヴァン」のドラムス...(^^)

とりわけ、ファンキー・ナンバー、メロウ・ナンバーいずれにおいても「アレックス」と「イヴァン」の創りだすグルーヴには自然と身体が左右に揺れちゃうって...(^^)

そして『アーチスト、オーディエンスともにリラックスした雰囲気の中でのライブでとっても良かった〜 ♪ 』とさりげなく言った同伴者の一言に多いに納得... ♪



blogram投票ボタン  音楽ブログランキング  にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ  にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ  Blog Ranking



My Auctions


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Various Artist /... Torcuato Mariano... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。