うっちー@狸御殿

ただ過ぎに過ぐるもの…帆をかけたる舟。人の齢(よわひ)。春、夏、秋、冬。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シェルギー【Serge Lutens】

2013年12月21日 | フレグランス
雨上がりの歩道。
陽光に輝き出す世界。
キミは軽やかに駆け出して…水たまりにジャンプするのマジやめて!

うはは。

ご無沙汰しております。

なんや雹やら雨やら強風やら、今季は厳しくなりそうですな。更新をサボってる間に月日は流れ、子供たちも冬休みに入り、今年も残すところ10日!あっちゅう間やね。

世相の迷いに巻きこまれんようにと気張ってきたけれど、すっかりその渦に巻き込まれてしまったのか今年後半は自分を見失い彷徨い続けてしまってる今日この頃。

凍えてしまいな心にモロッコの熱風を…っちゅうことでセルジュのシェルギー。

スモーキーなレザーとタバコにコックリとした蜂蜜。ベースにアンバー。ただ甘いだけじゃないセンシュアルな香り。

沈黙している間に自分を見つめ直していたけれど、ひとりで考えれば考えるほど迷うばかり。もう1度、外の世界へ飛びさねば!

blogramのブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

ウードフルール【Tomford】

2013年12月06日 | フレグランス
華やかなイルミネイションが輝きホリデイ真っ盛り。すんな浮かれ気分に乗せられたのかコームスがクラウではあまり目立たない女の子から、お手紙を頂きました( ´∀`)σ)∀`)コンニャロ

クラスは勿論のこと、親族一同大騒ぎ。その内容は未来の結婚生活までは少女らしく書いてあった。あぁ地味目が子が描く夢の未来ね。

困っちゃうな。迷惑やんな。このふた言が後から意外な展開をする。

ボクがやいのやいの言う女の子が寄せる男への期待(未来)を聞きながら。

「………ない………」

「………ない………」

ちゃんと言わんと解らんやないか。

「………ない………」

モジモジモジ、はっきりしない男やなぁ。

「困ってもない!迷惑でもない!」

(´┏_┓`)ン?

「あの手紙、めちゃ嬉しかった。嬉しかったけど、そう言わない内にみんながさぁ騒ぎ出しちゃって…(・ε・` )

実はふたり共料理が大好きで、それぞれの家のちょっとした我が家の味自慢をしていたそうな…ほぅ。そう、そういういきさつがあってのお手紙やってんな。

        「お父さんだって最初から言う暇くれなかったじゃん!」

あ…。

「お父さんはいつだってさ、自分で決めちゃう。そんで、それは全部正しいから、お父さんの言うとおりにしとけばいんだ!って僕も思う。でも、時々は、僕だって…僕だって…。」

震えている語尾が彼の気持ちをよう露わしていた。

コームスの手を取り、お手紙をくれたギャルのお家へダッシュ!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

彼女だって傷ついたやろ。なので誤解してましたと。謝罪。

これでええかな。クラスのことは、みんなでなんとかしなさい。

またやってたのか…答えを言わずにいたと思ってんけどなぁ。ダメダメ父さんや。

そんな気分の時はローズウッドとウード(香木)ミステリアスで少し陰りのある香り。クンクンクン。凛とした華やかさで派手はないけれどウッディを上手に柔らかく包み込んでいる。

つい子供たちの上に立ってしまう。親は陰にならんといかんのね。

blogramで人気ブログを分析

この記事をはてなブックマークに追加

アミリス オム【Maison Francis Kurkdjian】

2013年11月30日 | フレグランス
11月も終わりやね。残すところ今年も1ヶ月。

まだ振りかえるには早いけれど、なんや下半期は色々有って1年の出来事がギュッと凝縮されたような濃い毎日やったな。ふぅ~。

この週末は大阪から健ちゃんファミリーが上京。

ぼんやりカレンダーを眺めていると、きー坊が辛気臭い顔で近づいてきて…

      「しょーちゃん…ぼくミカンになっちゃうから…さよなら…ヒック」

???どうしたん?

      「みかんのタネのんでしもたから…みかんに なっちゃうんだよ…ううっ」

そらえらいこっちゃやな。そしたら、ミカンになったきー坊をおじちゃんが食べたろ!

         「えー食べられちゃゆのー!?ううっ…ひっく…」

もう本人は真剣。可愛いねぇ。

嘘や嘘。ミカンになんかなれへん。大丈夫d(ゝc_,・。)♪

気を取り直して、またミカンをパクパク…こらっ、喰い過ぎや!お手手まっ黄色になっちゃうよ。

そんなミカン星人になりそこねた王子様には、大人なシトラスの香りフランシスクルジャンのアミリスオムを。ライムやベルガモットがキラキラした陽光を。そこにラヴェンダーが香ると果てしない大空を飛んでいるような奥行きを感じフリーダム。

心地良い香りに包まれて王子は、お昼寝(。-ω-)zzz

♫♪Be near me, Lord Jesus, I ask Thee to stay

Close by me forever, and love me, I pray.

Bless all the dear children in thy tender care,

And take us to heaven, to live with Thee there...


黄色い服に着替えさせといて、起きたらミカンになっちゃった!って悪戯したろか?( ´艸`)

人気ブログをblogramで分析

Today's song by "Away in a manger"

この記事をはてなブックマークに追加

ヴァーラ【Penhaligon's】

2013年11月27日 | フレグランス
11月も終わりが近づき、ヨメ様もパーティー料理の講習会で大忙し。

昨晩も留守やったんで、子供たちと久々に近所のインド料理屋で晩御飯。もぐもぐ。

早い時間で空いていたので、シェフが出て来てインドの話を聞きながらの食事。ふとシェフが「インド人は右手でゴハンを食べるんだよ」と。それを聞いたコームスが…

          「えっ!?口じゃねーんだ!!」

il||li(っω`-。)il||li

メームスまでシェフの手を見せてもらい「歯がないよねぇ?」と。とほほ。

          インド人だけやのぅて、お父さんもビックリ!ですよっ。


なんか育て方間違えたのでしょうか?

そんな夜は、インドに敬意を表してフルーティーウッディなペンハリガンのヴァーラ。お店に響いた明るい笑い声のような香りに包まれて寒い夜もホカホカ。

下弦の月の期間に入り、この笑い声で圧し掛かって重いなにかが少し軽くなったかな。

人気ブログをblogramで分析

この記事をはてなブックマークに追加

セント オブ ピース フォーヒム【Bond No.9】

2013年11月26日 | フレグランス
みんなからサボるな!って怒られちった(*´σー`)エヘヘ

確かにサボってました。ただね、ちょっと集中したいことがあって、そちらを軌道に乗せるまで他の事が手につかなくて…最後の記事が少し意味深やったんで心配をおかけして申し訳ありませんでした。

言わないで済むたくさんの言葉がある。やけど言わないと分からないたくさんの思いもある。言ってもどうしようもない言葉がある。だけど言わないでいると少しも前には進めない。言って後悔する言葉がある。だけど言わないで後悔する方がもっと悲しい。

簡単で難しいのが言葉。

毎日、沢山の言葉を人と紡いで39年生きてきたけれど、その語録は増えているような、いないような。増えていたとしたしても上手に使いこなせない。思いが膨らむほどそれを痛感し、文字数の半分も伝えられず、はがゆい思いばかり募ってしまって自己嫌悪。嫌悪したってどうにもならんのにね。

ブログを休んでいる間、ずっと考えてました。

何かを言葉にしようと編集画面を見つめ呆然とすることもしばしば。

言葉にしようとすればするほど、それは輪郭をなくし途方に暮れる。自分のキモチなのにね。あぁ情けなや。

愚痴ってもしゃーない。やるしかないのだ!と自分に言い聞かせ久々の更新。ピースフルな香りで落ち着いてと思いお披露目になったばかりボンドNo.9の「セント オブ ピース フォーヒム」のサンプルをば。

トップ:ベルガモット、パイナップル、ジュニパー

ミドル:カシスの蕾

ラスト:シダー、ベチバー

意外とありがちなアロマティックウッディかな。あはは。辛うじてチープ感がないから纏っていて飽きるということはない。やっぱりネタ不足なのかな?ボトルは素敵なので男性にプレゼントするには良いかもしれないね。

今のボクの気分では、こういうシンプルなのが丁度良いや。たくさん語りかけてくる香りは押しつぶされちゃうから。

ブログランキングならblogram

この記事をはてなブックマークに追加

ラ フィン ドゥ モンド【Etat Libre d’Orange】

2013年11月20日 | フレグランス
人の気持ちなんて、簡単に変わってしまうものなんやろ?やったら…なんでボクのこの気持ちは、いつまでたっても変わらないままなんかな?何故、枝から離れる枯れ葉のように去ってくれんのやろ?

刺激なスパイシーウッディの香り、世界の終わりという名の「ラ フィン ドゥ モンド」を纏いつらつら思う。

何事も積み重ねていくと層が厚くなる。だからこそ、何を積んでいくのか、層の薄いうちに細心の注意を払わなくてはならんのね。

人気ブログをblogramで分析

この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの食卓【LUSH JP】

2013年11月19日 | コスメ
ちょっと寒さも和らいでいたけれど今日から本格的な冬になっていくそうな。東京の緑たちもすっかり、御色直し。

誰にでも相談できない悩みってあるし、誰にも言えない悲しみがあるし、言い出したいけど言えないし、悩んでるのがバレないように笑ってみたりするし、弱い自分を見せたくないし、言ったら愚痴になりそうで怖かったり。でも言っても大丈夫なんよね。

落ち葉で埋もれる母の墓石の周りを掃除しながらブツブツ…。

この声が枯れるくらいにもっと本当の気持ちを話しておけばよかった。あはは。

パリパリと音を立てる枯れ葉。

おおっ、これからはやっぱ洗顔は泡立たんもんしやんと肌もこんなんなってしまうな!と帰りしなLUSHに寄って泥洗顔をBuy

取り敢えず、限定のクリスマスの食卓。

      今年から海苔付きになったの忘れて買うてもうたがなぁ~!

まぁええか。

秋から素材のクレイもUK産に変更され、テクスチュアがかなり硬くなったね。消費期限も延びたせいか油分も少なめになって今までのような油膜感がなくなり、あれが苦手やった人には良いけれど、ボクはそれが良くて乾燥シーズンに愛用していたので、ちょっぴり残念。

香りもねぇ、粉っぽいアーモンドパウダーの匂いが強くてフルーティ感がなくなってしまってる(;´Д`)y─┛~~

やっぱハーバリズムにしとけば良かったかな。

blogramで人気ブログを分析

この記事をはてなブックマークに追加

背中で語る

2013年11月18日 | その他
「○○をやろうと思ってる」「△△を始めた」「××の努力をしてる」とかとか…、結果ではなく単なる思いつきや過程を毎回発表してたら、そこで一時的に承認欲求が満たされてしまって、いつまでたっても結果が出ない。

デキる男はみんな黙って行動し、結果で語る。背中で語る。

ふふ。

部活が終わって仲間と仲よう帰ってくるコームスの背中が少しずつ語り始めていてね。

なんか嬉しいやら、ちょっぴり切ないやら。

blogramのブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスペンギン【LUSH JP】

2013年11月17日 | コスメ
夏の間は温まりすぎてしまうんで泡風呂はあんましないんやけど、先日お別れした生徒ちゃんのことで、ちょっとセンチになっているボクを喜ばせようとメームスがモコモコ泡風呂を用意してくれた。

LUSHのクリスマスアイテム「クリスマスペンギン」。こう香料も底をついたのか既存のシャワージェル「オリーブ収穫祭」と同じちょっとエグ味のあるマンダリンの香り。

ブクブクブク…ふたりで潜り込みヌクヌク。

湯船に浸かりながら、ポツリとボクがあんまり泣かなくなったねと。

う~ん、そうやろか?まぁそうそう泣いてもいられんしな。それにキミやみんなが守ってくれているから泣く必要がないのだよ。

もし本当に悲しくて涙が出てきたり、本当に苦しくて心が折れそうになったり、そんなときは自分の周りにいる人たちの笑顔を見るとええよ。笑顔には心を癒す力があるから。そして自然とキミにも笑顔が戻ってるはずd(ゝc_,・。)♪

彼女なりに心配してくれていたのね。ありがとう。

悲しみや辛いことを乗り越えて強くなるというのは、痛みに鈍感になることやと思っていたいたけれど間違っていた。痛みをちゃんと受け入れること。そして、強がるのではなくて、素直になること。そうすれば、周りの労りを元気に変えられ痛みが自然に和らぐもんなのね。ひとりで強くはなれんの。

ブクブク弾ける泡から姫の励ましの気持ち…しっかり受け止めました。

blogramで人気ブログを分析

この記事をはてなブックマークに追加

ジュール ド エルメス ピュアパフューム【HERMES】

2013年11月16日 | フレグランス
ボクのクラスの生徒ちゃんのひとりに、とても不器用な子が居る。ちょっと話し方も、おっとりしているし、振り付けもみんなより覚えるのに時間がかかる。

そやけど、覚えてしまえば先生たちを驚かせるようなパフォーマンスを見せてくれる。

みんなに笑われても、疎ましがられても、いつも一生懸命。

その子が御父さんの転勤のため教室を去ることになった…そしてボクにひと言。

    「僕を、普通の子と一緒にレッスンさせてくれて、ありがとうございました」

もうね、その健気さに胸がいっぱいになって返す言葉がみつからんかった。

キミもみんなも普通の子。変わりはないんやで。

その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ないだけ。だけど、決して取り戻せない物ではない。これからゆっくり増えて行くはずや。先生が保証する。

そんな彼がひとつ思い出の品が欲しいというので、優しい陽光の香り、エルメスのジュール ド エルメス ピュアパフュームを小分けにして贈らせてもらった。ボクのことも、クラスのみんなことも忘れんといてな。

そして、また東京にきたら、その陽光にも負けん明るく真っ直ぐな顔を見せてください。待ってるで。

こちらこそ、ありがとう。

人気ブログをblogramで分析

この記事をはてなブックマークに追加