JRAプロフェッショナル

日本中央競馬会施行のレースから狙い目の鞍を毎週厳選チョイスし、競馬予想30年余のプロフェッショナルチームが解析します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天皇賞(春) 解析予想

2017年04月29日 19時51分17秒 | 競馬予想
2017/4/30/天皇賞(春)/京都芝3200mC/G1/右外回り 発走 15:40

-過去10年データ-

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔0‐0‐1‐9〕
◆2番人気〔5‐1‐1‐3〕
◆3番人気〔1‐4‐1‐4〕 → 1~3番人気勝率/60%
◆4番人気‥1勝 → 1~4番人気勝率/70%
◆7番人気‥1勝
◆12番人気‥1勝
◆14番人気‥1勝 → 5番人気以下勝率/30%
※今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ち様相だが、
少なくとも過去の傾向からなら、ディープインパクトの優勝以後、
1番人気は一度も勝っていないし、連対すら皆無!
馬券圏内に食い込んだのも遙か9年前のアサクサキングスのみ(3着)という体たらく!
今年は両馬いずれかの1番人気は間違いなく、1番人気がコケるか否か見ものだが‥
果たして、どちらが1番人気に推されるのだろうか?

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/40%~③②¦②④¦②③¦④③
※うち本命決着(1~3番人気内決着)50%。
1番人気の“顔が見えない”というだけでなく、上位人気決着も“半数割れ”!
今年の上位人気馬は強そうだが‥果たして?
★1~4番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/60%
~②⑪¦⑫④¦⑦③¦⑭③¦②⑦¦②⑬
※まさに!ローカルのハンデ重賞級の荒れ模様!
絶対と思えたオルフェーヴルも、ゴールドシップ(1度は優勝)も、キズナも2度圏外!
果たして、一騎打ちと目されているキタサンブラックとサトノダイヤモンドや如何に?!

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気
~〔③②〕‐①¦〔②④〕‐⑯¦〔②③〕‐⑥¦〔④③〕‐⑫
※1番人気の1例はあるものの、他は、6・12・16番人気!
例え“連圏”が上位人気で決着しても、3着は人気薄の食い込む可能性が高い“春天”!
★1~3番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔②⑪〕‐④¦〔⑫④〕‐⑤¦〔⑦③〕‐⑤¦〔⑭③〕‐②¦〔②⑦〕‐⑩¦〔②⑬〕‐③
※ただし、“連圏”が“ヒモ人気薄”で決着した場合の3着馬は大半が1~5番人気。
ほぼ人気薄の食い込みは1頭のみ。せめて2~3頭は人気馬を組み込みたい“春天”!

(脚質)
/一昨年、「今年もキズナのスタイルを取るしかない!」とコメントした武豊。
当予想では“危険な人気馬”になりかねない!と評したわけだが、
結果は‥4コーナー10番手から差し斬りを目したものの‥不発で7着止まり。
下記“軸◎”の項目でも記したように、あの!“最強差し馬”ディープインパクトにしても、
勝負処、2周目の3コーナー下りで一気好位に進出し、4コーナーでは早くも先頭に進出しており、
過去10年の「天皇賞(春)」からも明らかなように、
4コーナー好位にまで押し上げていないと勝ち切れない「天皇賞(春)」専用のコース!
ただし、2~3着であれば追い込みも届くという点は忘れてはならない。

(枠順)
/こと勝ち馬に関しては内枠の馬が圧倒(1~4枠・8勝に対して、5~8枠は2勝のみ。)!
特に、1~3番人気以外の勝ち馬3頭が全て1枠だった点から“軸”は内枠からチョイスすべき!
ただし、2着は大半が5~8枠。3着は内外枠互角。“ヒモ”には外枠馬を警戒したい!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●天皇賞(春)/1~3着/枠順別決着構図
過去10年(2007~2016年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/★差⑫/★差⑦/☆逃⑭/★差②/☆逃②
・2枠/
・3枠/★差②/☆好②
・4枠/★差④
・5枠/
・6枠/★差②
・7枠/
・8枠/★差③
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/★差③
・2枠/★差④/☆先⑬
・3枠/
・4枠/
・5枠/★差②
・6枠/★追③
・7枠/★差③/★差⑦
・8枠/★差⑪/☆先④/★差③
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/☆先⑩
・2枠/☆好⑯/☆逃⑤
・3枠/★差⑫
・4枠/★差③
・5枠/
・6枠/★差④/★差⑤/★追②
・7枠/★差⑥
・8枠/☆先①
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
※資料作成・提供
 ~ 坂本プロダクションsakamoto.pro-08@ae.auone-net.jp;
芝部門担当 責任者 古門俊之
〇‐京都芝3200m(右外回り)‐
~ゴール前直線距離/398.7m(Cコース)
/春の「天皇賞」専用コース!
向こう正面のほぼ半ばからスタートして、3コーナーまでは417m。
所謂“心臓破り”の高さ4.3mの3コーナー丘を2度超えるタフネスコース!
よって、基本は3コーナー下りを利して加速する差し馬優勢の舞台ですが、
良質芝の導入で近年は逃げ・先行タイプの前残りからも目が離せず、
1着馬の大半も4コーナー好位までに押し上げている点に注意が必要です!
なお、過去10年の勝ち馬中、9頭が1~6枠に集中しており、
特に6回ものコーナーで外々に振られる7~8枠の不利明白なコース形態!
(ただし、2着に関しては外枠優勢!3着も内外枠大差なし。)
なお、決め手上位馬の強い京都外回りG1!
血統的には無論のこと、サンデー系産駒の強さが際立っていますが、
意外とディープインパクト産駒が勝ち切れていない点には注意が必要です!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎キタサンブラック
/過去10年、追い込んでの勝利は一度もなく、
出遅れて最後方位置から運んだディープインパクトにしても、
勝負処、2周目の3コーナー下りで一気好位に進出し、4コーナーでは早くも先頭に躍り出ていた!
その他の勝ち馬も大半、中団→4コーナー好位からの差し切り!差し一辺倒タイプは2~3着迄。
前走で折り合いを欠いたサトノダイヤモンドは位置取りがポイントになるが、8枠15番からの発走!
ルメールが如何に折り合いをつけ、どのような位置取りから運ぶかが今年“最大の見せ場”だが、
いずれにしても、絶好の2枠3番から先行するキタサンブラック有利は隠しようがなく、
過去の傾向どおり!4コーナー好位から押し切れると見て“軸”二者択一の中心に指名したい!
一昨年の“菊花賞馬”にして、昨年の覇者であり、折り合いに何の不安もない生粋の名ステイヤー!
サッと好位置を確保出来、鞍上の意のままに折り合え、且つ、終いもキッチリと“もう、ひと伸び”!
一介の逃げ馬などでは毛頭なく、三拍子揃った史上希に見るステイヤーがベストの淀外回りで勇躍!

○シュヴァルグラン ▲アルバート ☆レインボーライン
/ディープインパクト自身は2006年の勝ち馬だが、その産駒は未勝利!
それどころか、三千メートル以上距離で勝ったのは昨年「菊花賞」のサトノダイヤモンドのみ!
そのサトノダイヤモンドは前走で同じ三千メートルの「阪神大賞典」も勝っているだけに、
二百メートルの距離延長は大丈夫と思えるが‥
「阪神大賞典」で折り合いを欠くシーンも見られた上に、今回は痛恨の8枠15番!
小回り除く、ステイヤー距離に於ける5歳以上古馬一線級との手合わせも初めての今回。
“2強ワンツー”にオッズが被っている点をも併せれば、対抗含む相手本線配備はハイリスク!
そこで、超低配当の“2強ワンツー”で収まれば仕方なしと諦めて、サトノダイヤモンドは押さえまで。
相手筆頭には絶好の3枠6番を引き当てたシュヴァルグラン!
サトノダイヤモンドとの「阪神大賞典」0.2秒差は枠順の差、及び、長距離適正の差で逆転が可能!
同じく好枠を引けた生粋のステイヤー!アルバートも連圏突破の可能性は十分であり、
これに、枠は割引きでも、鞍上ミルコの天才的好センスで仮柵なき淀の外回りで“内差し”一閃可能!
レインボーラインまでを本線に配備!2~3着であれば、差し・追い込みも届くだけに要注目の3騎!

△サトノダイヤモンド △ディーマジェスティ
/押さえに、サトノダイヤモンド!勝たれても驚けない“最強世代の最強馬”だが、
8枠のみに非ず、同世代のステイヤー決戦「菊花賞」こそ完勝でも、
古馬G1級ならベストディスタンスは“もう少し短め”と判定。人気でもあり、押さえ迄の評価にとどめる。
むしろ、血統的には決して距離が長過ぎるとは思えない皐月賞馬ディーマジェスティの末脚を警戒!
5枠9番からなら、内へ潜り込むことも十分に可能であり、本線配備3騎共々差し込みを警戒したい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル
southerncross@ac.auone-net.jp



『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皐月賞 最終確定予想 | トップ | 天皇賞(春) 最終確定予想 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。