JRAプロフェッショナル

日本中央競馬会施行のレースから狙い目の鞍を毎週厳選チョイスし、競馬予想30年余のプロフェッショナルチームが解析します!

ヴィクトリアマイル 解析予想

2017年05月14日 09時41分44秒 | 競馬予想
2017/5/14/ヴィクトリアマイル/東京芝1600mB/牝馬G1/左回り 発走 15:40

-過去10年データ-

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔3‐3‐0‐4〕
◆2番人気〔1‐0‐1‐8〕
◆3番人気〔0‐1‐2‐7〕 → 1~3番人気勝率/40%
◆4番人気‥1勝
◆5番人気‥2勝 → 1~5番人気勝率/70%
◆7番人気‥1勝
◆11番人気‥1勝
◆12番人気‥1勝 → 6番人気以下勝率/30%
※こと“連対率”については水準レベルだが、“勝率”30%は如何にも物足りない1番人気。
2~3番人気は全くの体たらくだし、それならば、“勝率”60%の4~12番人気ベター!
ただし、このゾーンからの“軸取り”は容易でなく、1番人気との“両睨み”で臨みたいところ。

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率20%~⑤①¦②①
※うち本命決着(1~3番人気内決着)50%。配当妙味が薄い上に、占有率は僅か20%。
上位人気どおしの決着狙いは全く以て妙味がなく、次項の“ヒモ人気薄決着”狙いに徹すべし!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/70%
~①⑪¦①⑧¦④⑦¦①⑫¦⑪③¦⑤⑫¦⑦①
※“アタマ”は、1番人気、または、4~11(12)番人気とで迷うところだが、
いずれにしても、1~5番人気と4~11(12)番人気との“クロス戦略”で臨みたい牝馬G1!

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気~〔⑤①〕‐④¦〔②①〕‐③
※仮に連圏が堅く収まった場合、3着もは同じく上位人気で堅~く収まる傾向!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔①⑪〕‐⑦¦〔①⑧〕‐⑪¦〔④⑦〕‐③¦〔①⑫〕‐⑤¦⑪③〕‐⑥¦⑤⑫〕‐⑱¦⑦①〕‐②
※3・2番人気の3着も散見されるが、押さえの3着付けは5番人気から超人気薄までに妙味!

(脚質)
/差し優勢の東京マイルだが、
A→B替わり最初の週施行の「ヴィクトリアマイル」に関しては先行・差し“ほぼ互角”の様相!
脚質云々よりも、絶対能力の差に着目したい!

(枠順)
/直近7年で見れば、一昨年以外、6年の勝ち馬は6~8枠から出現しているが、
それ以前の3年間と一昨年の勝ち馬は1~3枠。
2~3着は、やや内枠優勢という点に鑑みても、枠順の有利不利に拘る必要はなさそう。
内柵沿いに痛みは進行しているが、今週はAコースからBコースに替わるだけに概ねフラット。
ただし、ヴィクトリアマイル史上、初めての本格的な道悪施行となり、
過去の傾向よりも、東京ターフ特有の“馬場内側から乾いて行く”馬場の変容に注目したい!
土曜日のような“外差し”の利ける馬場か、はたまた、“内が伸びる”馬場かの見極めが肝要。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●ヴィクトリアマイル/1~3着/枠順別決着構図
過去10年(2007~2016年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/
・2枠/★差⑫
・3枠/★差⑤/☆好①/☆好⑤
・4枠/
・5枠/
・6枠/★差①/☆好④/☆先①
・7枠/☆逃⑪/★差⑦
・8枠/★差②
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/☆好⑪/☆好⑧
・2枠/☆逃⑨/★差③
・3枠/
・4枠/★差⑫/☆先⑫
・5枠/★差①/★差①
・6枠/
・7枠/★追①
・8枠/☆先⑦
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/★差④/☆逃⑦/★差③/☆好⑤/★差⑥
・2枠/☆好③
・3枠/
・4枠/
・5枠/★差⑪
・6枠/
・7枠/★差②
・8枠/★差⑧/☆逃⑱
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
※資料作成・提供
 ~ 坂本プロダクションsakamoto.pro-08@ae.auone-net.jp;
芝部門担当 責任者 古門俊之
〇‐東京芝1600m(左回り)‐
~ゴール前直線距離/525.9m(全コース)
/向こう正面の直線入り口からスタート。最初の3コーナーまでは566m。
スタートして350mほど下り、その後、3コーナー手前の坂を登ります!
最初は下りで加速がつきますが、3コーナー手前の坂で馬群は固まり、
4コーナーへ向けての再度の下り傾斜で徐々にスピードアップ!
直線に向けば、逃げ・先行勢は後続を突き放さんと更に加速しますが、
後方各馬は坂下あたりから追い出し、坂を登りきってから、ひと伸び!
多くの場合、逃げ・先行勢は坂を登りきってから脚が鈍るため、
結果的には差し馬の好走が非常に顕著なコース形態となっています!
(ただし、A→B替わりの「ヴィクトリアマイル」は先行~好位組も健闘!)
なお、枠順はスタート後の直線距離が長く、中・外枠ベター!
ただし、A→B替わりの「ヴィクトリアマイル」は内~外枠大差なく推移中!
血統的には力量馬の差し不発少なく、サンデー系の強いコース!
中でも、ディープインパクト産駒の強さが際立っています!
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎ソルヴェイグ
/過去10年で6勝(2着7頭)の4歳馬が圧倒する「ヴィクトリアマイル」!
ただし、エイジアンウインズを除く勝ち馬全てにG1レースでの1~3着好走実績があり、
人気しそうなアドマイヤリードやジュールポレールは過信不可!
むしろ、人気薄のアットザシーサイドとソルヴェイグが一発の魅力を秘めていて要注目!
臨戦面に於いても、実際に「阪神牝馬S」及び「高松宮記念」凡走から一変した勝ち馬も存在!
共に昨春のマイルG1「桜花賞」に駒を進めた素質馬だが‥結果は明暗!
所謂“3強”の一角を崩して3着好走!アットザシーサイドに対して、ソルヴェイグは17着大敗!
ただ‥その後のアットザシーサイドが善戦止まりなのに対して、
スプリント路線に転じたソルヴェイグはG3「函館スプリントS」を制して、G1「スプリンターズS」3着!
再びマイルに戻ってどうか?の懸念も一抹残すが、
「桜花賞」17着は決してマイル適正不向きの結果ではなく、内で閉じこめられて動けなかったゆえ。
2着アットザシーサイドが来ればまた伸びたG2「フィリーズレビュー」、並びに、
血統背景からマイルが長過ぎるとは決して思えず、鞍上の手腕込みで注目してみたい好素材!

○ミッキークイーン ▲ウキヨノカゼ ☆クイーンズリング
/“軸”は“勝率”60%の4~12番人気に注目したが、
【連圏指標】でも見たとおり!そうであれば、相手本線は“1~5番人気”からのチョイスがベスト!
対抗は、当然ながら昨年の2着馬ミッキークイーン!
雨降りしきる重馬場の「阪神牝馬ステークス」を勝ち切っただけに今の馬場も守備範囲のハズ。
そうであれば、末脚一閃!昨年のように内からも差せるだけに(2着)アッサリ勝つシーンも一考!
昨年7~8着に沈んだウキヨノカゼ(コチラは人気薄・笑) とクイーンズリングは見直しが必要!
掲示板組との差は通ったコース取りの差と“内伸び”の馬場の差でもあったし、
今年も同様のシチュエーションなら辛いが、土曜日のような“外差し”の利く馬場なら昨年の逆転可!

△スマートレイアー △アットザシーサイド
/押さえに、昨年も同じ1枠2番から先行して武豊が4着に粘り込んだスマートレイアー!
前記アットザシーサイドも距離ロスなく運べる内枠は有り難く、
あとは、両馬共に、内が伸びる馬場に恵まれるかどうか?だけだろう!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKマイルカップ 最終確... | トップ | ヴィクトリアマイル 最終確... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。