JRAプロフェッショナル

日本中央競馬会施行のレースから狙い目の鞍を毎週厳選チョイスし、競馬予想30年余のプロフェッショナルチームが解析します!

東海ステークス 最終確定予想

2017年01月22日 05時24分22秒 | 競馬予想
○中京11R 東海ステークス
/中京ダート1800m/G2/左回り 発走 15:25

☆軸/5枠9番ピオネロ(福永祐一)
★紐
/アスカノロマン、グレンツェント、インカンテーション
/ロワジャルダン、ショウナンアポロン

●馬単3点/9 → 1、8、5
●3連単12点(フォーメーション)
1着 9
2着 1、8、5
3着 1、8、5、16、7

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海ステークス 解析予想

2017年01月22日 05時20分52秒 | 競馬予想
2017/1/22/東海ステークス/中京ダート1800m/G2/左回り 発走 15:25

-現行施行4年データ‐

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔2‐0‐2‐0〕
◆2番人気〔0‐1‐0‐3〕
◆3番人気〔0‐1‐1‐2〕 → 1~3番人気勝率/50%
◆4番人気‥2勝 → 1~4番人気勝率/100%
※勝ち馬は1番人気と4番人気が各2勝ずつ。
現行施行僅か4年のみでは決めつけれないが“軸”は上位5番人気内ベター!

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/50%!~①③¦④②
※うち本命決着(1~3番人気内決着)50.00%!            
現時点で“順当寄り”か、はたまた“波乱寄り”かの判定は避けるべきだが、
仮に“順当寄り”決着に落ち着いたとしても、1~2番人気ワンツーは微妙?
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/50%!~④⑧¦①⑨
※“順当寄り決着”か“ヒモ荒れ”か、現時点では五分五分だが、
G1好走からの直行馬が順当に強いG2!人気薄どおしのワンツーはなさそう。

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気。
~〔⑤④〕‐⑨¦〔③②〕‐⑫¦〔②①〕‐⑫¦〔②③〕‐①¦〔①③〕‐⑧¦〔②①〕‐④
※連圏が堅めでも、押さえの3着付けは大半6番人気以下人気薄!
狙い目は、3連単並びに、3連複!人気薄のワイド圏突っ込みに注意しよう!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。~〔②⑥〕‐①
※次項の“裏決着”含め、2着が人気薄でも、押さえの3着付けは1~5番人気内。

(脚質)
/ゴール前急坂の途中からスタート!
従って、前半のラップは概ね遅く、大半が緩やかな平均ペース!
中盤の下り坂から徐々にペースアップするラップ構成だが、
ゴール前の直線距離は長くても(410.7m)、急坂が差し馬の切れ味を鈍らせ、
結果、スタミナ兼備の逃げ・先行勢が残ってしまいやすいコース形態!
過去4回の「東海ステークス」も先行~好位勢優勢!
昨年、番手先行から圧勝したアスカノロマンが今年も出走!
その昨年は、かなりのスローペースで展開も向いたが、
今年も有力処では最も前目の位置でレースを運べること間違いなく、要注目!

(枠順)
/ゴール前急坂の途中からスタート!
1~2コーナーは旧コース同様にコーナー半径が小さくカーブもキツいが、
前項で見たように前半ペースが緩やかなため、
外枠各馬も容易に前に取り付け、むしろゴチャつきやすい内枠の不利が大!
ただし、スタートして“最初の1コーナーへの入り方がポイント”になるコース!
ここでゴチャつかずスンナリ先手さえ取れれば、当然、内枠・先行有利となる!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●東海ステークス/1~3着/枠順別決着構図
過去4回(2013~2016年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/
・2枠/
・3枠/
・4枠/☆先①
・5枠/☆先④
・6枠/
・7枠/☆好①
・8枠/★差④
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/
・2枠/
・3枠/
・4枠/
・5枠/☆先⑧
・6枠/★差③
・7枠/☆逃②
・8枠/★追⑨
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/
・2枠/★差⑧
・3枠/☆好①/★追③
・4枠/
・5枠/☆好①
・6枠/
・7枠/
・8枠/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
〇‐中京ダート1800m(左回り)‐~ゴール前直線距離/410.7m
/正面スタンド前、ホームストレッチの稍4コーナー寄りからスタート!
“ゴール前急坂”途中からの登り傾斜スタートですが、
最初の1~2コーナーが旧コースと同じく急カーブのため、
好位置を取りたい先行勢がペースアップして、大半が平均ペース!
バックストレッチ(向正面)の緩やかな上りでペースは落ち着きますが、
3コーナー手前から4コーナーを回ってゴール前直線の坂下迄下り。
ゴール前380m地点から約160m急坂を上って、
約220mの平坦を走り切ったところがゴールの起伏に富んだコース!
切れ味身上の差しタイプより、
スタミナ豊富な先行タイプが優勢のコースとして定着しつつあります!
枠順はコーナー4つを周回するために内~中枠ベター!
7~8枠は2着にこそ適宜突入しているものの勝率&ワイド率は低調!
血統的にはサンデー系が圧倒的な強さを誇っており、
特に、ゴールドアリュール、マンハッタンカフェの産駒が好相性!
他では、アグネスデジタルやワイルドラッシュの産駒にも注意が必要!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎ピオネロ
/昨年の圧勝馬アスカノロマンが各種の好走データを満たして今年も有力だが、
昨年は前半のペースが緩く、展開が向いたことも否めず、同型多い今年は楽観視禁物!
とは云え、グレンツェント等々の差しタイプからの戦略はハイリスクな中京ダート1800m!
坂の登りスタートで置かれれば届かないシーンも考えられる差しタイプには辛いコース。
行きたいクチ多く、展開が向けばいいが‥“展開は水もの”。
自分でレースを作れない脚質だけに過信ならず、また明け4歳のキャリア不足も目立つG。
“軸”には、ダートに鉾先を向けて3戦、2勝、クビ差2着のピオネロを抜擢したい!    
左回りの準オープン→オープンを着差以上の強さで連勝したあと、
前走のG3「シリウスS」は勝ったマスクゾロに内から寄られる不利を被ってのクビ差惜敗!
未だ僅かダート3戦のキャリアだけに絶対視は禁物だが、
中京ダート1800m向きの先行力も有し、差すにしても、4コーナー好位確保の安定感!
父ネオユニヴァースの産駒が中京ダート1800m戦績今イチの点のみは気になるところも、
G3とは云っても一線級不在のメンバー!ダート適正の差で押し切れる可能性大!

○アスカノロマン ▲グレンツェント △インカンテーション
/対抗に、昨年の覇者アスカノロマン!
その後、G1「フェブラリーS」3着→G3「アンタレスS」2着→G3「平安S」1着!
そして、今期3戦目のG1「チャンピオンズカップ」3着と今回メンバーでは断然の実績馬!
冬のダートに強い巨体馬でもあり、特に良馬場に回復すればピオネロ逆転も視野!
明け4歳世代のダートトップレベルホース!グレンツェントも差し向きの展開なら勝機十分!
今回の鞍上は天才!横山典弘!アッと云わせる天才騎乗で勝ち負けに持ち込むかも!
一昨年の3着馬インカンテーションの食い込みも大いに警戒すべき!
昨年は大敗してしまったが、骨折明けの上に出遅れて位置取りを悪くし、
更に、超スローの展開に嵌ってしまってのブービー敗退。参考外でいいだろう。
元々、鉄砲巧者!仕上がりも悪くなく、本来の先行策が取れれば一発の魅力秘む強者!

△ロワジャルダン △ショウナンアポロン
/押さえに、昨年の3着馬ロワジャルダンとショウナンアポロンの前残り。
昨年のロワジャルダンはアスカノロマンに大きく突き放されたが超スローの展開が災い。
今年のメンバー構成からなら平均ペースではながれそうだし、巻き返しの可能性は十分!
ノーザンテーストの血を注入されているショウナンアポロンは晩成の血筋!
明け7歳馬の健闘も目立つ重賞だけに見限りは禁物!人気薄の前残りを警戒したい!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山金杯 最終確定予想

2017年01月05日 00時55分32秒 | 競馬予想
○中山11R 中山金杯
  /レース条件/中山芝2000mC/G3/ハンデ/右内回り 発走 15:30

☆軸/1枠1番シャイニープリンス(江田照男)
★紐
/ツクバアズマオー、ドレッドノータス、ダノンメジャー
/ストロングタイタン、マイネルフロスト

●馬単3点/1 → 3、7、6
●3連単12点(フォーメーション)
1着 1
2着 3、7、6
3着 3、7、6、10、8

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山金杯 解析予想

2017年01月05日 00時52分44秒 | 競馬予想
_(_^_)_
2017年 明けまして、おめでとうございます!

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!_(_^_)_


2017/1/5/中山金杯/中山芝2000mC/G3/ハンデ/右内回り 発走 15:30

-過去10年データ‐

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔2‐1‐3‐4〕
◆2番人気〔2‐2‐1‐5〕
◆3番人気〔3‐0‐0‐7〕 → 1~3番人気勝率/70%
◆4番人気‥2勝
◆5番人気‥1勝 → 1~5番人気勝率/100%
※過去10年の勝ち馬は全て上位1~5番人気!
ハンデ戦ではあるが、“軸”は1~5番人気からチョイスしたい!

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/70%!~③②¦④②¦①⑤¦②④¦②④¦④①¦③⑤
※うち本命決着(1~3番人気内決着)14.28%!
本命志向は弱いものの、上位1~5番人気内決着断然!ハンデ戦としては堅めの重賞!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/30%!~③⑩¦①⑪¦⑤⑧
※ただし、仮に波乱となれば、コチラ“人気⇔人気薄”のクロス!人気薄は下位人気に注意!

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気。
~〔③②〕‐⑨¦〔④②〕‐⑪¦〔①⑤〕‐⑮¦〔②④〕‐⑤¦〔②④〕‐①¦〔④①〕‐⑤¦〔③⑤〕‐①
※例え連圏が上位1~5番人気内決着でも、ソロソロ今年あたり、3着馬は下位人気に注意!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔③⑩〕‐②¦〔①⑪〕‐⑤¦〔⑤⑧〕‐①
※逆に“連圏”ヒモ人気薄なら、押さえは上位1~5番人気内ベター!
詰まるところ、例え3連馬券でもメガヒットは期待し辛いハンデ重賞である!

(脚質)
/ゴール前直線僅か310mの中山ターフ。
4コーナー好位までには取り付いていないと差し切りは容易でなく、追い込み一辺倒では届かない。
勝ち切るためには、3コーナー過ぎの勝負処から早めに仕掛けれる自在性が求められるコース!
過去10年の「中山金杯」勝ち馬も先行~好位勢が、やや優勢!
先週日曜日は先行・差し、並びに、内外枠に大差なきトラックバイアスであったが、
今週からA→C移行!師走の中山ターフは少々高速気味でもあり、“軸”は先行~好位勢ベター!

(枠順)
/全般的な中山芝2000mの傾向は、例え内回りでも、中枠からの好走が最も目立っている!
過去10年の「中山金杯」も下記【資料1】のように概ね同様の傾向を示しているが、
今週からA→C移行でもあり、特に近年の勝ち馬が内枠に偏って来ている点には注意が必要!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●中山金杯/1~3着/枠順別決着構図
過去2回(2006~2015年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/☆先④/☆好④
・2枠/★差①/☆好①/★差⑤
・3枠/☆好②
・4枠/☆好③
・5枠/☆逃③
・6枠/★差②
・7枠/☆好③
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/
・2枠/★差⑪/★差⑧/☆好①
・3枠/
・4枠/★追⑩
・5枠/★差②/☆逃⑤
・6枠/★差⑤/☆好④/☆先④
・7枠/
・8枠/★差②
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/
・2枠/☆逃⑨
・3枠/☆好⑤/★差⑤
・4枠/★差①
・5枠/☆先⑮/★追①
・6枠/★差②/☆逃⑪/★差⑤/★差①
・7枠/
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
〇‐中山芝2000m(右内回り)‐~ゴール前直線距離/310m(全コース)
/スタンド前の4コーナー地点からスタート。
1コーナーまでの直線距離は約400mとソコソコ長く、
スタートして約200m程行けばゴール前の急坂も有り、前半ゆっくり目!
1コーナーからは日本一の丘を登り、2コーナーからが下り。
ここからペースは加速され、そのままの勢いでゴールに流れ込みます!
最後のゴール前直線距離は310mしかありませんが、
ゴール前には高低差2.3mの急坂が待ち構え、
脚質的には好位差しが他を圧倒! 追い込むには辛いコースですが、
逃げ・先行勢も総じて力量上位の差し馬には差されてしまうコース!
従って、差し身上のサンデー系産駒が最も得意とするコース形態であり、
瞬発力に富む同系産駒には十分な注意を払いましょう!
そして、サンデー系で最も注目すべきは当然!ディープインパクト産駒!
他のサンデー系ではネオユニヴァース・ハーツクライ・ゼンノロブロイ産駒!
サンデー系以外ではキングカメハメハとハービンジャーの産駒!
なお、枠順については全枠大差なき様相を呈していますが、
「中山金杯」の勝ち馬については、近年、内枠優勢の傾向が顕著です!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎シャイニープリンス

昨年、ワンツースリー的中で2016年の好発進を決めた「中山金杯」!σ(^^)
今年も、是非!好発進と行きたいもの!

今年も、“軸”の指定は難解だが‥
叩き良化タイプの今期4戦目!
中距離に鉾先向けて、7戦。同舞台の前走「ディセンバーS」で中山適正見せつけ、
同臨戦組では最もハンデ恵まれたシャイニープリンスを“軸”に指名!
A→C替わりも相俟って“内枠の先行~好位勢”優勢の「中山金杯」でもあり、
内の好枠もゲットし、何よりも58キロから56.5キロへの斤量減で粘りが増しそう!

○ツクバアズマオー ▲ドレッドノータス ☆ダノンメジャー

“連圏”1~5番人気内決着率70%!
相手本線も上位人気からのチョイスがベターな「中山金杯」!
今年も、人気上位に推されそうな面々が一歩優位のメンバー構成でもあり、
今年も素直に上位人気目安の各馬を圏内候補に指名したい!

筆頭は暮れの同コースオープン(別定)「ディセンバーS」勝ち馬ツクバアズマオー!
現に同じ舞台でシャイニープリンスを差し切っているわけだし、
別定のため、シャイニープリンスに対して2キロ有利だったとは云え、
また、展開もドンピシャ嵌った感も強いとは云え、
オープン昇級後の5戦全てで上位争いを演じている安定感は見逃せない!
中山4勝中、3勝が57キロ。相手関係は強くなるが、自身、0.5キロ増は応えない。

上位2頭一発逆転の単穴には、戸崎がチョイスした明け4歳馬ドレッドノータス!
今回と同じ芝2000mで新馬→G3を連勝した素質馬であり、
さすがに、キャリア3戦で臨んだG1「皐月賞」は敷居が高かったものの、
ひと夏を越して、7ヵ月ぶりで臨んだ芝2000mオープン「アンドロメダS」ハナ差2着!
一級品の素質と芝2000m適正を如実に証明し、
今回は関東圏への長距離輸送だけに相変わらずのイレ込み癖だけは懸念されるが、
先行・差し自在の器用さも兼備しているだけに一発有っても驚けない魅力の好素材!

新馬(小倉)→オープン(阪神「野路菊ステークス」)を連勝し(共に芝1800m)、
芝2000mのG3「京都2歳S」でクビ差の2着に健闘した素質馬ダノンメジャー!
続くG2「ホープフルS」は“内伸びの馬場”が足枷となり9着に甘んじたが、0.5秒差!
以来、約2年ぶりの芝2000m参戦が大いに注目される、コチラも魅力の好素材!
「チャレンジC」は同型と兼ね合えずにペースアップし過ぎて失速したが、0.3秒差!
着順ほどは負けておらず、1ハロンの延長でペースダウン必至の今回は前残り要注!

△ストロングタイタン △マイネルフロスト
/3連勝の“昇り馬”ストロングタイタンも大いに気になる魅力の好素材だが、
芝で唯一の敗戦が同舞台!完全な逃げバテであったし、
スタミナ寄りの中山芝2000mは血統面含めて過信ならず、押さえ迄の評価。
昨年、勝った“軸”◎ヤマカツエースの対抗○に推して2着好走!マイネルフロスト!
今年は「金鯱賞」ではなく「ディセンバーS」7着からの臨戦になるが、
当時の中山ターフは“外差し”が存分に利いていただけに情状酌量の余地!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有馬記念 最終確定予想

2016年12月25日 08時06分28秒 | 競馬予想
○中山10R/有馬記念
  /中山芝2500mA/G1/右内回り 発走 15:25

☆軸/6枠11番サトノダイヤモンド(C.ルメール)
★紐
/ヤマカツエース、ミッキークイーン、アドマイヤデウス
/ゴールドアクター、アルバート

●馬連(馬単)3点/11 → 4、8、10
●3連単12点(フォーメーション)
1着 11
2着 4、8、10
3着 4、8、10、2、15
※3連複(11番軸→相手5頭ながし10点)
/11 → 4、8、10、2、15

JRAプロフェッショナル
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加