JRAプロフェッショナル

日本中央競馬会施行のレースから狙い目の鞍を毎週厳選チョイスし、競馬予想30年余のプロフェッショナルチームが解析します!

中山記念 最終確定予想

2017年02月25日 19時46分28秒 | 競馬予想
○中山記念
/中山芝1800mA/G2/右内回り 発走 15:45

☆軸/6枠7番アンビシャス(C.ルメール)
★紐
/リアルスティール、ネオリアリズム、ロゴタイプ
/ツクバアズマオー、マイネルミラノ

●馬単3点/7 → 4、1、9
●3連単12点(フォーメーション)
1着 7
2着 4、1、9
3着 4、1、9、8、2

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山記念 解析予想

2017年02月25日 19時45分17秒 | 競馬予想
2017/2/26/中山記念/中山芝1800mA/G2/右内回り 発走 15:45

-過去10年データ‐

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔3‐0‐1‐6〕
◆2番人気〔3‐1‐2‐4〕
◆3番人気〔2‐2‐2‐4〕 → 1~3番人気勝率/80%
◆6番人気‥1勝
◆13番人気‥1勝 → 6番人気以下勝率/20%
※勝率80%の1~3番人気“軸”がベストのハイレベルG2!

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/60%!~①④¦①④¦②③¦②④¦③②¦①④
※うち本命決着(1~3番人気内決着)33.33%!
直近4年全てが1~5番人気内による順当決着。
ただし、2度の“本命決着”は共に“2~3人気”によるものだけに4番人気絡み妙味!
ただ‥今年からはG1「大阪杯」の前哨戦位置づけ!より堅~い決着も想定すべき!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/30%!~⑥③¦②⑦¦③⑦
※近年は劣勢の感を否めないが、メンバー次第では一考すべき“人気⇔人気薄”クロス決着!
それでも、3例全て6~7番人気。せいぜい“紐チョイ人気薄”までの思案で配当妙味は薄い。

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気。
~〔①④〕‐②¦〔①④〕‐③¦〔②③〕‐⑧¦〔②④〕‐③¦〔③②〕‐④¦〔①④〕‐②
※8番人気の1例はあるが、他は全て1~4番人気!押さえも上位1~4番人気ベスト!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔⑥③〕‐⑤¦〔②⑦〕‐①¦〔③⑦〕‐④
※例え“連圏”が“紐チョイ人気薄”で決しても、3連馬券の押さえは上位1~5番人気。妙味希少。

(脚質)
/逃げ・先行・好位までがウィナーポジション!自在性のない差し一辺倒タイプは2~3着までが精一杯!
中山の芝コースは全般的に同様の傾向が濃く、差し一辺倒タイプからの戦略はハイリスク。
「中山記念」の勝ち馬も同様の傾向だが、こと2~3着に関しては、差し(追い込み)も互角以上に健闘!

(枠順)
/下記の【資料1】で見とれるように、開幕週施行の「中山記念」は内枠有利!
ただし、1~2番人気に推されるような力量上位馬であれば外枠からでも差せるコース!
なお、2~3着には外枠馬も互角に健闘していて極端な内枠有利と決めつけるのは如何なものか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●中山記念/1~3着/枠順別決着構図
過去10回(2007~2016年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/☆逃⑥
・2枠/☆先①/★差⑬
・3枠/★差③/☆好②
・4枠/☆先②/☆好③
・5枠/
・6枠/
・7枠/★差①/★差①
・8枠/☆好②
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/☆逃⑦
・2枠/
・3枠/★追⑫/☆逃④
・4枠/
・5枠/★追③/★差④/★差④
・6枠/☆先③/☆先②
・7枠/
・8枠/★差⑦/★追④
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/
・2枠/☆好④/★差②
・3枠/★差①/☆好③
・4枠/★追③
・5枠/★差⑤/☆逃⑧
・6枠/★追⑤/☆好②
・7枠/
・8枠/★差④
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
※資料作成・提供
 ~ 坂本プロダクションsakamoto.pro-08@ae.auone-net.jp;
芝部門担当 責任者 古門俊之
〇‐中山芝1800m(右内回り)‐~ゴール前直線距離/310m(全コース)
/スタート地点は正面スタンド前の4コーナー寄り。
最初のコーナーまでの直線距離は204mと非常に短いものの、
スタート直後にゴール前の急坂を登り、
更に、1コーナーでは日本一の丘越えも待っています!
従って、最初の直線は短くても大半が平均ペースで前半ながれ、
2コーナーの下りから徐々にペースアップしてゴールに向かいます!
なお、1800mの当コースは内回りを使用。
ローカル並みの小回りですが脚質的にはほぼ互角(追い込みは至難)。
平均ペースなら前残りが多く、逆にハイペースとなれば差しも届きます!
なお枠順的には全枠大差なき舞台ではありますが、
開幕週施行の当重賞に関しては内枠ベターの傾向が見られ、
特に中心馬の選択に於いては内枠からの選択がベストかも知れません!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎アンビシャス
/前3年、馬券圏内を賑わした4頭に新興勢力3~4頭が挑む構図!
また、今年は新たに創設される春の芝2000m・G1「大阪杯」への前哨戦でもあり、
春の「天皇賞」へ向かう現役最強馬サトノダイヤモンドとキタサンブラックこそ不在でも、
春秋の芝2000m・G1「大阪杯」と「天皇賞(秋)」へ向けての主役決定オーディション!
(リアルスティールは連覇を狙ってG1「ドバイターフ」へ向かう!)
中でも、近年、圧倒的優位に立つのが明け4~5歳両世代の人気ホース!
特に、リピーターの多いG2という側面をも考慮すれば、
昨年、勝った同世代の「皐月賞」→「ダービー」2冠馬ドゥラメンテと好勝負演じた2頭、
2着アンビシャスと3着リアルスティールの優位が明らかなメンバー構成!
共に、この1年間での充実度には目を見張るものがあり、
いずれを中心視するかが今年の最大とポイントになりそうだが、
“我が儘ムーア”急遽の豪州遠征で乗り替わりを余儀なくされたリアルスティールに対し、
昨年、同斤で先着しながらも別定重量で1キロ恵まれるアンビシャスにアドバンテージ!
コチラは屋根も昨年と同じルメール!昨年と同じ11頭立ての7枠も昨年(8枠)よりマシ。
なお、昨秋の「天皇賞」は“外伸び”の馬場で内を衝いたぶんの4着。
勝ったモーリスは別格の強さだったが、2着リアルスティールとの差はコース取りの差。
先着した昨年から更に1キロ有利となる今年でもあり、再度の先着可能と見て中心!

○リアルスティール ▲ネオリアリズム ☆ロゴタイプ
/対抗リアルスティールとの差し較べが大本線!
昨年のリィーディングジョッキー!戸崎騎手への乗り替わりなら、さしたる懸念もなく、
58キロも、モーリスに続いた昨年秋の「天皇賞」2着から、さしたる割引きは不要。
折り合い面から、昨年と同じ内枠も良く、昨年の雪辱がないとは云い切れない!
ただし、仮に“2強”逆転が有るなら、
同じ差しタイプより、開幕芝を味方に取り込める逃げ~先行タイプ!
過去10年の「中山記念」を振り返っても【資料1】で明らかなように勝ち馬は“前優勢”!
昨夏のG2「札幌記念」でモーリス完封したネオリアリズムを“2強”逆転の単穴に指名!
中山芝に良績を積む父ネオユニヴァースの産駒という点も魅力であり、
今、絶好調!ミルコの手綱も魅力!絶好の最内枠を味方に先行押し切りも十分!
7枠は嬉しくないが、中山巧者ロゴタイプの前残りにも十分な注意が必要!
G1「朝日杯FS」→G2「スプリングS」(今回の舞台)→G1「皐月賞」連勝の中山ターフ!
「中山記念」も、昨年こそ前崩れの展開に泣いて7着に敗れたものの、
よりスローの2~3年前は緩やかなペースでながれに乗れて3着→2着に好走!
今年も、相沢厩舎2頭がレースの主導権を握れるペース予測で速くはなりそうになく、
中山なら、前残りを十分に目論める相手関係だけに一角崩しを警戒しておきたい!

△ツクバアズマオー △マイネルミラノ
/押さえに、ロゴタイプとで本線配備を迷った同じく中山巧者ツクバアズマオー!
晩成血統らしく、元々の堅実タイプが昨秋以降の充実度際立ち、
ついに、明け6歳にして、年明けのG3「中山金杯」で初めての重賞勝ちを成し遂げ、
今期3戦目で挑むハイレベルG2が試金石の一戦となるが侮れぬ遅咲きの“昇り馬”!
開幕芝味方に絶好の2枠から単騎で行けそうなマイネルミラノの残り目も一考!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェブラリーステークス 最終確定予想

2017年02月19日 00時30分52秒 | 競馬予想
○フェブラリーステークス
/東京ダート1600m/G1/左回り 発走 15:40

☆軸/2枠3番ゴールドドリーム(M.デムーロ)
★紐
/コパノリッキー、カフジテイク、ノンコノユメ
/ベストウォーリア、アスカノロマン

●馬単3点/3 → 4、10、11
●3連単12点(フォーメーション)
1着 3
2着 4、10、11
3着 4、10、11、9、5

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェブラリーステークス 解析予想

2017年02月18日 22時47分44秒 | 競馬予想
2017/2/19/フェブラリーステークス/東京ダート1600m/G1/左回り 発走 15:40

-過去10年データ‐

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔4‐1‐2‐3〕
◆2番人気〔1‐2‐2‐5〕
◆3番人気〔2‐2‐2‐4〕 → 1~3番人気勝率/70%
◆6番人気‥1勝
◆7番人気‥1勝
◆16番人気‥1勝 → 6番人気以下勝率/30%
※“軸”は勝率70%の1~3番人気からチョイスしたいが‥絶対視は禁物!
半数以上が圏内を標榜可能な今年は6番人気以下にも一応の警戒が必要!

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/50%!~③②¦①⑤¦①③¦①⑤¦②①
※うち本命決着(1~3番人気内決着)60%!
本命決着中心に上位1~5番人気が連圏の半数を支配し、まずは順当視野!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/50%!
~①⑦¦⑥③¦⑦④¦③⑨¦⑯②
※“ヒモ人気薄決着”も“1~5番人気内決着”と互角の50%!
“人気⇔人気薄”のクロスも一考すべき「フェブラリーステークス」!

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気。
~〔③②〕‐⑨¦〔①⑤〕‐②¦〔①③〕‐④¦〔①⑤〕‐③¦〔②①〕‐⑦
※3着は上位人気と下位人気が拮抗していているが、妙味は下位人気!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔①⑦〕‐③¦〔⑥③〕‐①¦〔⑦④〕‐②¦〔③⑨〕‐⑦¦〔⑯②〕‐①
※“連圏”が“ヒモ人気薄決着”なら、押さえは1~3番人気ベターの感!

(脚質)
/東京マイルダートは“差し・追い込み優勢”が“定番”だが、
過去10年の「フェブラリーステークス」に関しては先行・差し互角の様相!
ただし、先週の東京ダートは先行~好位優勢の傾向にあり、
過去10年の「フェブラリーS」勝ち馬も先行~好位組優勢が顕著!
従って、少なくても“軸”は先行~好位勢からのチョイスがベターかもしれない!

(枠順)
/東京マイルダートは“外枠有利”が“定番”だが(スタート後の芝走路が長い)、
過去10年の「フェブラリーステークス」勝ち馬も外枠(特に!6~8枠!)圧倒!
今開催のマイルダート勝ち馬も外枠が圧倒しているだけに“軸”は外枠ベター!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●フェブラリーステークス/1~3着/枠順別決着構図
過去10回(2007~2016年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/★差③
・2枠/☆先①/☆先①
・3枠/
・4枠/
・5枠/
・6枠/★差③/☆逃①
・7枠/☆先⑯/☆好②
・8枠/☆好①/☆先⑥/★追⑦
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/
・2枠/★差⑤/★追④
・3枠/☆先⑨
・4枠/★追②/★追①
・5枠/☆好⑦
・6枠/
・7枠/☆先③/★追③/☆好⑤
・8枠/☆好②
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/☆好①
・2枠/★追④
・3枠/☆好②/☆好④
・4枠/★差⑦
・5枠/★差⑦/★差③
・6枠/★追①
・7枠/
・8枠/★差⑨/★差③
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
※資料作成・提供
 ~ 坂本プロダクションsakamoto.pro-08@ae.auone-net.jp;
ダート部門担当 責任者 前田知典
〇‐東京ダート1600m(左回り)‐~ゴール前直線距離/501.6m
/2コーナー奥の芝ポケットからスタート。
スタートして約150mほどが芝走路であり、
芝が不得手の先行馬にとっては鬼門のコースです!
(※高速ダートでもあり、芝から臨戦する先行馬に注目!)
その後、ダートに入り、
最初の2コーナーまでは194m(緩やかなコーナー)。
本格的なカーブの3コーナーまではスタートして670m。
距離がたっぷりとあり、枠順としては中~外枠優位!
過去10年の「フェブラリーステークス」勝ち馬も7頭が外枠から!
2~3着は内外枠互角の様相を呈していますが、
よほど力量が抜けていない限り“勝ち馬探し”は外枠からがベスト!
なお、3コーナー手前の丘の登りで馬群は密集し、
後続各馬もさほど離されることなく追走出来るコースレイアウト。
そして、3コーナーに向かって一度は坂を下りますが、
ゴール前直線には高低差2.5mの第2の坂が待っています!
芝同様、“2度の坂越えが東京ダートコースの特徴”となっており、
最後の直線も501mと長く、基本的には差し優勢の舞台!
よって、差し馬からの戦略がベターのコース形態ではありますが、
長い直線を意識して後続の仕掛けが遅れることも度々!
基本的には差せるコース形態ではあっても、
当G1含めて逃げ・先行勢も互角以上に健闘中で注意が必要です!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎ゴールドドリーム
/6~8枠を中心とした外枠の先行~好位タイプが“軸”に相応しいG1・コースだが、
有力3騎は揃って差し・追い込みタイプ。従って、内枠に目を転じ、
自在に動ける明け4歳馬ゴールドドリームを“軸にチョイスしたい!
氷川先生が週明けから名物コンテンツ“☆感性スマッシュ!”で注目された逸材であり、
人気不問に大半勝っている“☆感性スマッシュ!”の“威力”に今回は肖りたい!
初めて馬券圏外に消えた前走のG1「チャンピオンズカップ」大敗をどう見るか?だが、
出遅れた上に、かなりのハイペースを掛かり気味に追っかけバテ!
コーナー4つのコースも合わなかったらしく‥大敗は不問に付せるとの見立てでよさそう。
オープン「ヒヤシンスS」→G3「ユニコーンS」を連勝し、
古馬と初めて対戦した昨秋のG3「武蔵野S」でもカフジテイク以下完封の2着!
折しも土曜日に心臓発作で急逝したゴールドアリュールの産駒だが、
同産駒がパワーを要す冬期ダートを得意とするのは良く知られたところでもあり、
重馬場の高速決着でも2着に好走した「武蔵野S」から測っても、良馬場の日曜日更に!

○コパノリッキー ▲カフジテイク ☆ノンコノユメ
/相手筆頭も、急逝したゴールドアリュールの産駒コパノリッキー!
云わずと知れた2~3年前の「フェブラリーステークス」連勝馬であり、
昨年こそレコード決着の高速ダートで完敗したが、良馬場の今年、再度注目したい!
あとは、昨年と同じ2枠を如何に克服出来るかに懸かるが、良馬場なら巻き返しは可能!
追い込み身上のタイプだけにG1メンバーともなればせ展開の助けが欲しいカフジテイク!
メンバーの脚質構成上、微妙なところではあるが‥“展開は水もの”。一発の警戒要!
ミルコ(ゴールドドリーム)目標に差すノンコノユメ(ルメール)も逆転可能な斬れ者!
去勢後、減っていた馬体もようやく回復して復調急!ベストの崩れなき舞台に戻って注!

△ベストウォーリア △アスカノロマン
/押さえに、前哨戦「根岸S」2着ベストウォーリア!
明けて7歳になったが未だ衰えはなく、ベストのマイルに戻って今年も上位争い演じそう!
激流のG1「チャンピオンズカップ」を先行して3着に踏ん張ったアスカノロマンも侮れない!
昨年、7番人気をあざ笑うかのように3着に食い込んで見せたアグネスデジタル産駒!
良馬場なら先行出来る機動力も有しているだけに、今年も人気はないが要軽視不可!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共同通信杯 最終確定予想

2017年02月12日 05時18分50秒 | 競馬予想
○東京11R 共同通信杯
/東京芝1800mD/3歳G3/左回り 発走 15:45

☆軸/4枠4番ムーヴザワールド(戸崎圭太)
★紐
/スワーヴリチャード、エアウィンザー、アサギリジョー
/エトルディーニュ、タイセイスターリー

●馬単3点/4 → 1、5、10
●3連単12点(フォーメーション)
1着 4
2着 1、5、10
3着 1、5、10、8、3

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加