JRAプロフェッショナル

日本中央競馬会施行のレースから狙い目の鞍を毎週厳選チョイスし、競馬予想30年余のプロフェッショナルチームが解析します!

チャンピオンズカップ 最終確定予想

2016年12月04日 05時14分38秒 | 競馬予想
○中京11R/チャンピオンズカップ
  /中京ダート1800m/G1/左回り 発走 15:30

☆軸/2枠2番アウォーディー(武豊)
★紐
/コパノリッキー、ノンコノユメ、サウンドトゥルー
/ロワジャルダン、アスカノロマン

●馬連(馬単)3点/2 → 11、9、8
●3連単12点(フォーメーション)
1着 2
2着 11、9、8
3着 11、9、8、5、4
※3連複(2番軸→相手5頭ながし10点)
/2 → 11、9、8、5、4

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャンピオンズカップ 解析予想

2016年12月04日 05時12分49秒 | 競馬予想
2016/12/4/チャンピオンズカップ/中京ダート1800m/G1/左回り 発走 15:30

※一昨年創設G1のため傾向不透明。人気データは割愛します。

(脚質)
/ゴール前急坂の途中からスタート!
従って、前半のラップは速くはなく、大半が36秒~37秒台の平均ペース!
中盤の下り坂から徐々にペースアップするラップ構成だが、
ゴール前の直線距離は長くても(410.7m)、急坂が差し馬の切れ味を鈍らせ、
結果、スタミナ兼備の逃げ・先行勢が残ってしまいやすいコース形態である。

(枠順)
/ゴール前急坂の途中からスタート!
1~2コーナーは旧コース同様にコーナー半径が小さくカーブもキツく、
基本的には内枠有利のコース形態ではあるが、
前項で見たように前半ペースが概ね速くはなく外枠馬も容易に前に取り付け、
むしろ、ゴチャつきやすい内枠の不利が増大するケースも、しばしば!
つまり、スタートして“最初の1コーナーへの入り方がポイント”になるコース!
ここでゴチャつかずスンナリ先手さえ取れれば、当然、内枠先行有利となるが、
昨年のコパノリッキー然り。1コーナーをクリアしたとしても、その後、
重賞ともなれば後続勢の動きも活発になりやすく、ながれが激しくなれば、
ゴール前急坂を登りきったあたりで失速!差し馬の餌食にもなりかねない!
枠順の有利・不利はメンバーの脚質構成や展開にも左右され決めつけれない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●チャンピオンズカップ/1~3着/枠順別決着構図
過去2回(2014~2015年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/
・2枠/☆好⑫
・3枠/
・4枠/☆先①
・5枠/
・6枠/
・7枠/
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/★追③
・2枠/☆好⑧
・3枠/
・4枠/
・5枠/
・6枠/
・7枠/
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/★追⑤
・2枠/
・3枠/
・4枠/
・5枠/
・6枠/☆先③
・7枠/
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料3】
★sincerely‐DATA‐BANK
〇‐中京ダート1800m((左回り)‐~ゴール前直線距離/410.7m
/正面スタンド前、ホームストレッチの稍4コーナー寄りからスタート!
“ゴール前急坂”途中からの登り傾斜スタートですが、
最初の1~2コーナーが旧コースと同じく急カーブのため、
好位置を取りたい先行勢がペースアップして、大半が平均ペース!
バックストレッチ(向正面)の緩やかな上りでペースは落ち着きますが、
3コーナー手前から4コーナーを回ってゴール前直線の坂下迄下り。
ゴール前380m地点から約160m急坂を上って、
約220mの平坦を走り切ったところがゴールという起伏に富んだコース!
切れ味身上の差しタイプより、
スタミナ豊富な先行タイプが優勢のコースとして定着しつつあります!
枠順はコーナー4つを周回するために内~中枠ベター!
7~8枠は2着にこそ適宜突入しているものの勝率&ワイド率は低調!
血統的にはサンデー系が圧倒的な強さを誇っており、
特にマンハッタンカフェ、ハーツクライ、ゴールドアリュール産駒好相性!
他では、アグネスデジタルやキングカメハメハの産駒にも注意が必要!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎アウォーディー
/内の好枠(後入れの偶数番)引けた6戦無敗の砂巧者アウォーディー!
包まれると良くない内から2番目だが、偶数枠の上に、鞍上は“スタートの天才”武豊!
4コーナー好位がウィナーポジションのコースでもあり、
先行、または、好位前後から前を射程圏に置き、後続の出方も窺って抜け出しそう!
早めに抜け出すとソラを使うタイプだけに相手なりの仕掛けになるだろうが、
相手が前か後ろかは展開次第も、相手なりにキッチリと勝ち負け出来る勝負根性!
今年は“堅軸”アウォーディーの相手探しに徹したい!

○コパノリチャード ▲ノンコノユメ ☆サウンドトゥルー
/昨年、“軸”に推したもの‥終い失速してしまったコパノリチャードが対抗!
しかし、中京ダート1800mとしては希な激流に晒されてしまったことが最大の敗因であり、
今年も同型は多いものの昨年ほどの激流は考えづらく、前見ながら行ける6枠グッド!
コース向きの脚質からも勝ち負けの可能性を十分に秘めたG1・8勝の実績最上位馬!
(一昨年の大敗は出遅れて本来の先行スタイルが取れなかったことが全て。不問!)
昨年は押さえ△にとどめたノンコノユメだが‥ルメールの好騎乗も有って2着に好走!
展開が向いたし過信出来ない部分も残るが、その後、中距離重賞で堅実な戦績を積み、
3歳から4歳にかけての1年間の成長をも加味すれば昨年以上の結果も視野に入る!
昨年、単穴に推して3着サウンドトゥルーは今年も圏内有望!
2着ノンコノユメとは通ったコース取りの差と云えなくもなく、それでも上がりは最速!
鞍上面を考慮して評価順は前者を上位としたが、昨年からの逆転有っても驚けない!

△ロワジャルダン △アスカノロマン
/押さえの候補はワンサと居るが、
昨年、サウンドトゥルーとアタマ差の3着争い演じて4着ロワジャルダンが最大の惑星!
その昨年は不利な大外16番発走でもの4着好走!今年は絶好の3枠から圏内有望!
同じく絶好の3枠4番から先行アスカノロマンはG2含む中京ダート1800m2戦2勝馬!
前走「みやこS」大敗いただけないが、別定58キロ背負って前崩れ。情状酌量の余地。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!


監修/サザンクロス競馬塾
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンカップ 最終確定予想

2016年11月27日 05時36分14秒 | 競馬予想
○東京11R/ジャパンカップ
  /東京芝2400mC/G1/左回り 発走 15:40

☆軸/8枠16番リアルスティール(R.ムーア)
★紐
/レインボーライン、ルージュバック、サウンズオブアース
/ゴールドアクター、キタサンブラック

●馬連(馬単)3点/16 → 14、4、12
●3連単12点(フォーメーション)
1着 16
2着 14、4、12
3着 14、4、12、3、1
※3連複(16番軸→相手5頭ながし10点)
/16 → 14、4、12、3、1

JRAプロフェッショナル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンカップ 解析予想

2016年11月26日 22時12分44秒 | 競馬予想
σ(^^)

ドゥラメンテは既にターフを去り、
王者モーリスは香港へ!そして、サトノダイヤモンドも不在!

過去10年全勝の3~4~5歳“トップアスリート”不在の「ジャパンカップ」!

一応の主力を担うのはG1・2勝のキタサンブラック、並びに、
昨年のグランプリ(有馬記念)ホース・ゴールドアクターの両馬であるが、
共に、過去10年の勝ち馬全てが満たす東京G1好走の履歴はなく、
また、臨戦面に於いても、過去10年、
「京都大賞典」及び「オールカマー」から直行した馬の1~3着突入はなし。

更に、ダービー馬ワンアンドオンリーは2年以上も馬券圏内への突入なく、
残る1頭のG1ホース・ディーマジェスティも、ベストは「皐月賞」戴冠の中山!

つまり、2016年ジャパンカップは絶対視出来る中心不在のメンバー構成!
従って、“軸”のチョイスが最初の難関ハードルであり、
参戦馬の半数近くが候補と云っても過言なき混戦メンバーの中から、
果たして、どの馬を“軸”にチョイスし、どの馬たちを圏内に囲い込むか?
下記レース解析を進めながら、結果を予測して行きたいと思います!


2016/11/27/ジャパンカップ/東京芝2400mC/G1/左回り 発走 15:40

-過去10年データ‐

(人気)

◎単(勝ち馬)指標
◆1番人気〔3‐3‐2‐2〕
◆2番人気〔1‐1‐2‐6〕
◆3番人気〔1‐1‐1‐7〕 → 1~3番人気勝率/50%
◆4番人気‥3勝
◆5番人気‥1勝 → 1~5番人気勝率/90%
◆9番人気‥1勝 → 6番人気以下勝率/10%
※さすが!JRAの看板G1だけあって1番人気安定のジャパンカップだが(複勝率80%)、
同じく3勝の4番人気も優秀!“軸”は勝率90%の1~5番人気からチョイスしたい!

○▲☆連圏指標
★1~5番人気内決着率/60%!~①⑤¦⑤④¦①②¦④①¦③①¦④③
※うち本命決着(1~3番人気内決着)33.33%!
一応は“1~5番人気内決着”が優勢だが、本命決着は3分の1に過ぎず、
むしろ、4~5番人気の食い込みが多い点には注意が必要である!
★1~5番人気軸⇔2着人気薄(6番人気以下)/40%!~⑨①¦②⑥¦①⑦¦④⑦
※直近5年で見れば優勢の“ヒモ人気薄決着”!過去10年トータルでも1年の差に過ぎず、
“1~5番人気内決着”と“ヒモ人気薄決着”は《拮抗》との見立て!
ただし、2008年(9番人気スクリーンヒーローが1着)以外、
人気薄とは云っても、6~7番人気!極端な人気薄の食い込みは次項ワイド圏での思案。

△△ワイド圏指標(3連馬券の押さえ=3着付け)
★連圏1~5番人気内決着時の3着馬人気。
~〔①⑤〕‐③¦〔⑤④〕‐①¦〔①②〕‐⑥¦〔④①〕‐⑧¦〔③①〕‐②¦〔④③〕‐⑥
※8番人気が食い込んだ1例はあるが、他は全て上位1~6番人気!大穴は狙い辛い。
★1~5番人気軸⇒2着人気薄(6番人気以下)決着時の3着馬人気。
~〔⑨①〕‐②¦〔②⑥〕‐⑭¦〔①⑦〕‐⑪¦〔④⑦〕‐①
※上位人気、または、下位人気、どちらにブレるか?不透明!妙味は後者だが‥。

(脚質)
/ダービーと同じCコースで施行される「ジャパンカップ」!
昨年のダービー解析予想でも述べたように、
~~
勝ち馬こそ過半数は力量上位の差しタイプではあったが、それらは例外なく、後の名馬!
2~3着馬の約半数が逃げるか先行した馬たちであり、今年の馬場も“内伸びの馬場”!
大半の人気馬が差しタイプだけに、人気薄の逃げ・先行馬には格別の注意が必要となる!
~~
そして、今年も!先週は“内~中伸びの馬場”!
過去10年の「ジャパンカップ」勝ち馬も“先行~好位勢”が圧倒している点に注意したい!
ただ‥土曜日の東京ターフ。最終レースで逃げた戸崎でさえ、直線は馬場中ほどへ!
そのレースを除けば圧倒的に中~外差しが利いていただけに今年は“外差し”の「JC」か!

(枠順)
/過去10年の「ジャパンカップ」。
何故か?2着のみは外枠馬が圧倒しているものの、
勝ち馬及び3着馬については内枠やや優勢で推移中!
今年も“内~中枠有利”で推移している東京ターフ!少なくても“軸”は内~中枠がベター!
ただ‥土曜日の東京ターフ。最終レースで戸崎が馬場中ほどへ持ち出して逃げ切った以外、
外枠勢が圧倒していたこと、忘れまい!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料1】
●ジャパンカップ/1~3着/枠順別決着構図
過去10回(2006~2015年)

※人気の簡略表記
(例)~① ‥ 1番人気
※脚質の簡略表記
☆逃‥逃げ ☆先‥先行 ☆好‥好位
★差‥差し ★追‥追い込み

―――――――――――――――――――――――――――――――
【1着】
・1枠/★差②
・2枠/☆好⑤/☆先④
・3枠/☆好①/☆好④
・4枠/☆好①
・5枠/
・6枠/★追①
・7枠/★差④
・8枠/☆好⑨/☆好③
―――――――――――――――――――――――――――――――
【2着】
・1枠/☆好④/★差③
・2枠/
・3枠/★差⑦
・4枠/
・5枠/★差①/★追②/★追⑦
・6枠/☆好⑤
・7枠/
・8枠/★追①/☆先⑥/★差①
―――――――――――――――――――――――――――――――
【3着】
・1枠/☆先⑧/★差⑭/★差①
・2枠/☆先②
・3枠/★追③/★差⑥/☆先⑪
・4枠/
・5枠/★差①
・6枠/
・7枠/★追②/★追⑥
・8枠/
―――――――――――――――――――――――――――――――

※【資料2】
★sincerely‐DATA‐BANK
〇‐東京芝2400mC(左回り)‐~ゴール前直線距離/525.9m(全コース)
/ゴール前の坂を登りきったあたりからスタート。
最初の1コーナーまでは393m。しばらくは平坦ですが、
1コーナーを曲がりきったあたりから3コーナー手前の坂までは下り。
そこからの登り勾配で馬群は一団となりやすく
差し馬を含め、実力馬の能力が存分に発揮できるコース形態!
枠順的にも全枠全てに大きな有利・不利は窺えません。
(ただし、近年のジャパンカップ勝ち馬は内枠にアドバンテージ!)
東京の芝コースは野芝と洋芝の混成コースであり、
路盤は堅いもののクッション性に富む良質なスピードターフ!
そしてコースレイアウト最大の特徴は、
ゴール前と3コーナー手前にある2つの坂の存在!
525mのゴール前直線に横たわる坂は有名ですが、
3コーナー手前のもうひとつの坂も差し馬優勢の重要な背景!
つまり、全ての距離コースがこの坂を一度は越えねばならず、
最初の坂の登り勾配で馬群は一団となりやすく、
ここで差し馬が容易に前に取り付けることが非常に重要です!
そして、ゴール前直線の坂が、もう一度!差し馬を後押し!
よって、東京芝コースはどこよりも差しの利くコースとして定着!
ただしジャパンカップ含め、
スタート地点変更後は先行馬の粘り込みも顕著な点に要注目!
(ゴール前坂の途中からスタート→坂を登りきった平坦スタート)
なお、血統的には良質ターフゆえにサンデー系の良績が目立ち、
特に、ディープインパクト産駒の成績が最も安定している舞台です!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(1~3着圏内候補馬)
※開催当日午前11時までに配信の最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)での変更はあり得ます。

◎リアルスティール
/例え確たる中心不在の混戦メンバーでも、“軸”は勝率90%の1~5番人気ペスト!
また、力量に大差なきメンバー構成という点を念頭に置けば、
より有利な内~中枠をゲットしたラッキーホースからの“軸”チョイスがベターではあるが、
【資料1】枠順別決着構図からも見て取れるように、
例え8枠からでも、好位付け可能な機動力さえ有せば戴冠のチャンスは十分に訪れ、
特に名手ムーアやルメール騎乗となれば、その可能性は決して低くないとの最終判定!
従って、“軸”は王道臨戦「天皇賞(秋)」2着好走から臨むリアルスティール、または、
メジャーエンブレム、ネオリアリズム、モーリス、サトノダイヤモンド等々、世代問わず、
現役最強クラスメンバーと好勝負して来た魅力の好素材レインボーラインの二者択一!
ただし、レインボーラインは“1~5番人気”の可能性が低いという点のみに非ず、
東京実績がマイルG1「NHKマイルカップ」3着のみでは何とも心許なく、
両馬の比較では、直近4年で3勝のディープインパクト産駒という点、並びに、
G3「共同通信杯」でドゥラメンテを一蹴し、前走の「天皇賞(秋)」ではモーリスの2着!
「日本ダービー」でも4着に好走した“東京中距離巧者”という観点から、
迷わず、リアルスティールを“軸”に指名したい!
ステイヤー決戦!平均ペースの「菊花賞」でスタミナ派キタサンブラックのクビ差2着!
「天皇賞(秋)」では、外々を回って、モーリスを凌ぐメンバー最速33秒5の決め手!
スタミナ、決め手、共に兼備し、紛れの少ない東京芝2400mが舞台なら“戴冠”最右翼!
加えて、土曜日のトラックバイアスは外差しが存分に利いて外枠も有利!駄目押し(笑)!

○レインボーライン ▲ルージュバック ☆サウンズオブアース
/2008年(9番人気スクリーンヒーローが1着)の例もあり、
参戦馬の半数近くが圏内を標榜出来る顔ぶれの今年。圏内は手広い対応が肝要!
そこで、外差しが存分に利いている外枠有利のトラックバイアスという点をも考慮し、
相手筆頭も迷わず!前記レインボーライン!例え実績は不足していても、
好勝負して来た相手関係(メジャーエンブレム、サトノダイヤモンド、モーリス)から、
抜けた馬不在の今年であれば優に通用の好素材!
ムーアとルメール!世界の名手の壮絶な差し較べを是非とも見せて貰いたいものだ!
切れ者と云えば、内枠を引いたルージュバックとて互角以上の決め手を有す!
ポイントは“どこで外へ持ち出せるか”の1点に尽きると云っても過言でなく、
この点についても、土曜日に絶好調だったジャパンのエース戸崎であれば可能だろう!
ムーアとルメールと戸崎と来れば、残るは名手ミルコしかない!
サウンズオブアース自身はシルバーコレクターだが(苦笑)今回もシルバーなら(笑)!

△キタサンブラック △ゴールドアクター
/鞍上・武豊が「奇策を打つ必要もない」と嘯くキタサンブラック!
G2「スプリングS」、G1「天皇賞(春)」 、そして前走のG2「京都大賞典」の全てが、
1枠からの勝利であったし、“スタートの天才”武豊という点から見ても絶好枠だろう!
戦法に迷いのない馬ほど強いものはないし、また、往年の頃には遙かに及ばずとも、
武豊が最も良績を刻んでいるのが逃げ戦法に出たケースであり、ベストポジション!
キタサンブラック自慢のスタミナ較べにえ持ち込めれば圏内は標榜出来るハズ。
2008年の勝ち馬スクリーンヒーローが父のゴールドアクター!
小回り向きの機動力に富むグラスワンダー系だけに目標は“有馬連覇”だろうが、
少々時計を要し始めた今の東京であれば力量的に圏内を標榜可能な位置!押さえる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※以上の解析結果を基に、
最終的な予想フォーカス(馬単3点/3連単12点)は開催当日の午前11時までにお届けします!

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイルチャンピオンシップ 最終確定予想

2016年11月20日 05時48分46秒 | 競馬予想
○京都11R/マイルチャンピオンシップ
  /京都芝1600mC/G1/右外回り 発走 15:40

☆軸/4枠8番イスラボニータ(C.ルメール)
★紐
/フィエロ、サトノアラジン、ヤングマンパワー
/ネオリアリズム、ガリバルディ

●馬連(馬単)3点/8 → 7、2、5
●3連単12点(フォーメーション)
1着 8
2着 7、2、5
3着 7、2、5、15、17
※3連複(8番軸→相手5頭ながし10点)
/8 → 7、2、5、15、17

JRAプロフェッショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加