新・空と鷹と鉄の間に

ヒコーキ、ホークス、鉄道好きのブログです。

週末パスで乗り鉄2017〜9

2017-03-20 11:00:24 | 旅行

つづいて現美新幹線、車内のご案内です。

11号車は元グリーン車の座席の並ぶ普通車指定席。松本尚氏の作品で、車内全体が作品となっています。こちらの作品のご紹介は後ほどご案内いたします。乗車時から全てのシェードが降りているのにもちゃんと訳があるようですから。

12号車は小牟田悠介氏の作品。鏡面ステンレスで表現された壁面に車窓を通して映り込む新潟の緑の山々、窓一面の青空、風にそよぐ黄金の稲穂、白銀の世界。そんな旅の時間と空間を映し出す作品です。


13号車東京より半室はパラモデルの作品。このスペースには子供達のためにプラレールが置かれており、プラレールのレールをモチーフにして地図を描くように壁や床にパターンが展開され、山を模したオブジェも置かれています。「遊び」の行為そのものを造形した空間でプラレールで遊ぶことができます。

13号車新潟よりにはカフェカウンターがあり、ツバメコーヒーのコーヒーや、新潟の特産品を使ったスイーツなどが販売されています。この壁面には古武家賢太郎氏の作品が飾られています。派手さや主張はないけど暖かでおおらかな大自然のある新潟の風景を取り入れた作品が並んでいます。

14号車は石川直樹氏の写真。新潟県十日町市、津南町、新潟市西区、新潟市西蒲区などで撮影された新潟の風景や人々の暮らしをとらえた作品が並んでいます。窓に映る風景とともに楽しめばまた違って見えるかもしれません。

15号車は荒神明香氏の作品。作者が川を散歩していた時に見た風景がきっかけとなった作品。川に反射した風景と現実の世界が水面を境にピタッとくっついて一体になり、巨大な生物が宇宙に浮いているような感じを作品に反映させており、それぞれが細い糸で吊られており、新幹線の動きによってゆらゆらと動く様がなんとも面白い作品です。

16号車はブライアン・アルフレッド氏の映像作品。長岡の花火、矢川灯籠流し、おぢや風船一揆や静かに降り積もる雪の光景など、人が新潟を思う際に想起するであろう四季の風景をポエティックに表現しています。
そんな車内を探訪しているうちに列車は越後湯沢駅を発車。新潟に向けて走り始めます。通常の上越新幹線と同じく堺正幸アナによる停車駅などの放送が終わると車掌さんの放送が入ります。
「本日はご来場くださいましてありがとうございます。 現美新幹線とき451号、新潟行きです。」
一瞬耳を疑いました。”ご乗車”ではなく”ご来場”と表現するあたり、普通の新幹線ではなく美術館に来たような雰囲気にさせてくれます。妙な納得感を感じて席へ戻ります。

*参考:現美新幹線CAR GUIDE 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末パスで乗り鉄2017〜8 | トップ | 週末パスで乗り鉄2017〜10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。